メインメニューを開く

キム・グラント

ガーナのサッカー選手

キム・タイロン・グラントKim Tyrone Grant, 1972年9月25日 - )は、ガーナセコンディ・タコラディ出身の元同国代表の元サッカー選手。現サッカー指導者・経営者。ポジションはフォワード

キム・グラント Football pictogram.svg
名前
本名 Kim Tyrone Grant
愛称 グラント将軍
カタカナ キム・タイロン・グラント
ラテン文字 Kim Grant
基本情報
国籍  ガーナ
イングランドの旗 イングランド
生年月日 (1972-09-25) 1972年9月25日(46歳)
出身地 セコンディ・タコラディ
身長 180cm
体重 81kg
選手情報
ポジション CF
利き足 右足
ユース
1988-1991 イングランドの旗 チャールトン
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1991-1996 イングランドの旗 チャールトン 123 (18)
1996-1997 イングランドの旗 ルートン・タウン 34 (5)
1997 イングランドの旗 ミルウォール (loan) 3 (3)
1997-1999 イングランドの旗 ミルウォール 52 (8)
1998-1999 イングランドの旗 ノッツ・カウンティ (loan) 6 (1)
1999-2000 ベルギーの旗 KFCロンメル 19 (3)
2000-2001 ポルトガルの旗 マルコ 2 (0)
2001 イングランドの旗 スカンソープ・ユナイテッド 4 (1)
2001-2003 イングランドの旗 ヨーヴィル・タウン 33 (6)
2003-2004 ポルトガルの旗 イモルタル・アルブフェイラ 12 (6)
2004 マレーシアの旗 サラワク 7 (3)
2005 日本の旗 湘南ベルマーレ 0 (0)
2005 イングランドの旗 グレイヴズエンド&ノースフリート 7 (1)
2006 イングランドの旗 ウィンブルドン 4 (0)
2006 シンガポールの旗 センカン・パンゴール 19 (10)
2007 シンガポールの旗 ゲイラン・ユナイテッド 8 (3)
2008 イングランドの旗 ウォキング 0 (0)
代表歴
1996-1997 ガーナの旗 ガーナ 14 (4)
監督歴
?-? ガーナの旗 インター・エイリーズ (アシスタント)[1]
?-? シンガポールの旗 センカン・パンゴール (アシスタント)[1]
2008 イングランドの旗 ウォキング
2009- ガーナの旗 タコラディ
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

世界初の黒人プロサッカー選手 アーサー・ウォートン英語版[2] の直系の子孫[3][4]

目次

経歴編集

クラブ編集

セコンディ・タコラディに生まれたグラントは、9歳の時に家族と共にイングランドへ渡り、16歳の時に本格的にサッカーを始めるため学校を去り、同年にチャールトン・アスレティックFCと契約した[1]。1991年3月に同チームのトップチームと初プロ契約を結び[5]、約6シーズンの間に123試合18得点を記録[6]FAカップの舞台ではプレミアリーグの強豪マンチェスター・ユナイテッドFCリヴァプールFCとも対戦し、1996年のリヴァプール戦(1-2)ではディビッド・ジェームスが守るゴールに20ヤードの距離から得点を挙げた[7]

1996年3月に[5]ルートン・タウンFCへ移籍金25万ポンド[6] で移籍。ルートン・タウンでは1年半で43試合8得点を記録[6]。その後、ミルウォールFCでのローン移籍(3試合3得点)を経て、同クラブに移籍金18万5000ポンドで移籍し54試合8得点を記録[6]。1998年12月から1999年2月までローン移籍をしていたノッツ・カウンティFCでは6試合1得点を記録[6]

1999年にミルウォールを去り、移籍金65万ポンドでベルギー1部のKFCロンメル(現ロンメル・ユナイテッド)に移籍[6]。ロンメルでの1シーズンで19試合3得点を挙げ、ポルトガル2部FCマルコ英語版と契約し、2000-01シーズンに2試合出場した[8]

2001年8月にイングランド・サッカー界に戻り、スカンソープ・ユナイテッドと契約し4試合1得点を挙げた後、10月にヨーヴィル・タウンFCへ移籍[6]。ヨーヴィル・タウンでの1年目はFAトロフィーを獲得したものの、リーグ戦 (5部)は2位だったため惜しくも昇格を逃したが、2年目に優勝し、4部へ昇格を果たした。

ヨーヴィル・タウンで33試合6得点を記録した[6] 後、2003年に再びポルトガル・サッカー界に行き、イモルタル・アルブフェイラ(現イモルタルDC英語版)と契約し12試合6得点を記録[8]。2004年にマレーシア1部サラワクFAで7試合3得点を記録[8]2005年に移籍した日本2部湘南ベルマーレでは出場0となり失敗に終わった[8]

2005年8月にグレイヴズエンド・アンド・ノースフリートFCと契約し、イングランド・サッカー界に復帰[6]。グレイヴズエンド・アンド・ノースフリートでは7試合1得点を記録した[8] 後、2006年2月にAFCウィンブルドンと契約[9] し、4試合に出場した。

2006年にシンガポール1部のセンカン・パンゴールFC(後のホウガン・ユナイテッドFC)と契約し、19試合10得点を記録[8]。2007年に同リーグのゲイラン・ユナイテッドFCで8試合3得点を記録[8]

代表編集

故郷のガーナ代表としてアフリカネイションズカップ1996予選や1998 FIFAワールドカップ・アフリカ予選でプレーし、14試合4得点を記録[1]

監督と経営者編集

2008年5月にイングランド5部ウォキングFCの監督に就任した[10] が、7試合で僅か勝ち点2だったため9月3日に解任された[11]。2009年夏にガーナへ戻り、新たに設立されたFCタコラディ英語版のオーナー兼ヘッドコーチに就任[1] し、2013年にはウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンFCのスカウトを担当している[12]

個人成績編集

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
イングランド リーグ戦 FLカップFAカップ 期間通算
1990-91 チャールトン 2部 12 2
1991-92 4 0
1992-93 21 2
1993-94 30 1
1994-95 26 6
1995-96 30 7
ルートン・タウン 10 3
1996-97 3部 25 2
1997-98 0 0
ミルウォール 39 8
1998-99 16 3
ノッツ・カウンティ 6 1
ベルギー リーグ戦 リーグ杯ベルギー杯 期間通算
1999-00 ロンメル 1部 19 3
2000-01 2部
ポルトガル リーグ戦 リーグ杯ポルトガル杯 期間通算
2000-01 マルコ 2部 2 0
イングランド リーグ戦 FLカップFAカップ 期間通算
2001-02 スカンソープ 4部 4 1
2001-02 ヨーヴィル・タウン 5部 20 5
2002-03 13 1
ポルトガル リーグ戦 リーグ杯ポルトガル杯 期間通算
2003-04 イモルタル 4部 12 6
マレーシア リーグ戦 マレーシア杯FA杯 期間通算
2004 サラワク 7 3
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2005 湘南 11 J2 0 0 - - 0 0
イングランド リーグ戦 FLカップFAカップ 期間通算
2005-06 グレイブズエンド 7 1
ウィンブルドン 4 0
シンガポール リーグ戦 リーグ杯シンガポール杯 期間通算
2006 センカン・パンゴール Sリーグ 19 10
2007 ゲイラン 8 3
イングランド リーグ戦 FLカップFAカップ 期間通算
2008 ウォキング 5部 0 0
通算 イングランド 2部
イングランド 3部
イングランド 4部
イングランド 5部
ベルギー 1部
ベルギー 2部
ポルトガル 2部
ポルトガル 4部
マレーシア
日本 J2 0 0 - - 0 0
シンガポール Sリーグ
総通算

脚注編集

外部リンク編集

関連項目編集