キム・ヨンギョン (1993年生)

キム・ヨンギョンハングル表記・김연견、ラテン翻記・Kim Yeongyeon[2]、女性、1993年12月1日 - )は大韓民国のプロバレーボール選手[1]韓国Vリーグ現代建設に所属している[3]

キム・ヨンギョン
김연견
 No.8
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 大韓民国の旗 韓国
生年月日 (1993-12-01) 1993年12月1日(23歳)
出身地 大邱広域市
ラテン文字 Kim Yeongyeon
ハングル 김연견
身長 163cm[1]
体重 54kg[1]
選手情報
所属 現代建設
ポジション L[1]
テンプレートを表示

目次

来歴編集

大邱広域市出身。小学5年次よりバレーボールを始めた[1][3]。中高当時はセッターもこなした。「本当はアタッカーもやりたかったが、身長が足りませんでした」とヨンギョンは笑う[4]大邱女子高等学校韓国語版)を経て、2011/12のドラフト会議現代建設ヒルステートに3巡目5位という低い順位で指名されてプロ入りした[3][5]

Vリーグ1年目となる2011/12シーズンは、キム・ギョンシン[6]とともにリベロ二人体制でレギュラーラウンド25試合70セットに出場した[1]。しかし翌シーズンにギョンシンが引退すると重圧が一気にヨンギョンにかかった。「チームに迷惑をかけたが練習するしかない」と前向きに考えたヨンギョンは二人レセプションに取り組んだ[4]。2015/16シーズンに「あんなに守備がうまい外国人選手はみたことがない」とヨンギョンが評するエミリー・ハートンが入団すると、ヨンギョンの守備範囲が軽減されてサーブレシーブにも冴えをみせ、現代建設5シーズンぶりとなる優勝に貢献した。

国際試合では2015年にU-23代表に選出され、第1回アジアU-23女子バレーボール選手権に出場。大韓民国チーム銅メダル獲得に貢献し、自らもベストリベロに耀いた[2][7]

球歴編集

  • 大韓民国 U-23代表 - 2015年

所属チーム履歴編集

受賞歴編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f 選手紹介”. kovo. 2017年5月20日閲覧。
  2. ^ a b INDIVIDUAL AWARDEES”. AVC. 2017年5月27日閲覧。
  3. ^ a b c 選手”. 現代建設. 2017年5月20日閲覧。
  4. ^ a b [영원한 리베로 ‘벌써 6년차’ 쑥쑥 성장한 현대건설 김연견 이야기]”. STNスポーツ. 2017年6月4日閲覧。
  5. ^ 드래프트”. kovo. 2017年6月4日閲覧。
  6. ^ LIBERO NO.0”. 김경신. 2017年6月4日閲覧。
  7. ^ china-claim-gold-in-inaugural-asian-womens-u23-championship”. AVC. 2017年6月4日閲覧。