キム・レイノルズ

キンバリー・ケイ・レイノルズ(英語:Kimberly Kay Reynolds1959年8月4日 - )は、アメリカ合衆国政治家。所属政党は共和党。2017年5月24日から第43代アイオワ州知事を務めており、アイオワ州初の女性州知事である。第46代アイオワ州副知事、アイオワ州上院議員を歴任した。政治家になる前には、クラーク郡財務官を4期務めていた。前任のテリー・ブランスタッドが駐中華人民共和国特命全権大使就任に伴って辞任したため、レイノルズが州知事に就任した。2018年5月には州のエネルギー政策を変更する法案と、全米一厳しいと言われる人工中絶禁止法に署名した。また、2018年の州知事選挙に勝利し、正式な任期が開始した。

キム・レイノルズ
Kim Reynolds
Kim Reynolds by Gage Skidmore (cropped).jpg
生年月日 (1959-08-04) 1959年8月4日(62歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 アイオワ州セントチャールズ
出身校 アイオワ州立大学
所属政党 共和党
配偶者 ケビン・レイノルズ
子女 3人
公式サイト Office of the Governor

当選回数 1回
在任期間 2017年5月24日 - 現職
副知事 アダム・グレッグ

アイオワ州の旗 アイオワ州
第46代副知事
在任期間 2011年1月14日 - 2017年5月23日
州知事 テリー・ブランスタッド

アイオワ州の旗 アイオワ州
上院議員
選挙区 第48選挙区
当選回数 1回
在任期間 2009年1月11日 - 2010年11月12日
州知事 チェット・カルバー
テンプレートを表示

生い立ち・家族関係・私生活編集

 
夫のケビン・レイノルズと一緒に写るキム・レイノルズ(2010年)

1959年8月4日アイオワ州セントチャールズに誕生した。出生名はキンバリー・ケイ・ストーン[1]

当初ノースウェスト・ミズーリ州立大学に入学するが、最初の半年で中退した。その後1980年代後半にサウスイースタン・コミュニティ・カレッジ、1992年から95年にサウスウェスタン・コミュニティ・カレッジに在籍するが、いずれも学位を得ずに中退している[2]。2012年にアイオワ州立大学に入学。2016年12月に卒業した[3]

1999年と2000年の2回、飲酒運転で検挙されている[4]。これにより、罰金1,500ドル、執行猶予1年の処分を受けた[5]2017年、レイノルズは自身が2回目の逮捕後にアルコール依存症の入院治療を受け、その後は一切飲酒をしていないことを発表した[6]

夫のケビン・レイノルズとは1982年に結婚し、2018年時点でジェニファー、ニコル、ジェシカという3人の娘と[7]、9人の孫がいる[8]

2020年7月17日、レイノルズは複数の公立学区で実施されている週1回のみ対面、その他の日はオンライン授業という計画を無効とした。そして、少なくとも週の半分は対面授業をするように要求した[9]

 
アイオワ州上院議員時代の写真

クラーク郡財務官を4期務めたのち、レイノルズは2008年11月4日に行われたアイオワ州上院英語版議員選挙で第48選挙区に出馬し、民主党の候補であるルース・スミスなどを破って当選した[10]。2010年には、アイオワ州同性婚禁止法に署名した[11]。上院在任中に所属した委員会は、経済成長、環境・エネルギー自給、地方自治、アイオワ再建、交通などである。

州副知事としての経歴編集

2010年6月25日に共和党の州知事候補であるテリー・ブランスタッドは、レイノルズを副知事候補として指名。その翌日にレイノルズが指名を受諾した。そして、2010年11月2日に行われた州知事選挙に勝利した[12][13]。それに伴い同月12日にレイノルズは上院議員を辞任した。[14]

副知事としての任期は2011年から2017年まで[15]

2015年7月には、全米副知事協会英語版の会長に選出された[16]

 
2016年に発生したシダー川氾濫について話すブランスタッドとレイノルズ

州知事としての経歴編集

2017年5月24日、現職のテリー・ブランスタッドが駐中華人民共和国大使就任に伴い辞任したことを受け、副知事のレイノルズがアイオワ州知事に女性として初めて就任した[17]

レイノルズが州知事に就任したことにより、副知事のポストが空位となり、後任の副知事選出手続きには州最高裁英語版が異議を申し立てた[18]。州連邦検事は「レイノルズのように副知事から知事に昇格した者には、後任の副知事を指名する権限は無い。」と述べた[19]。2017年5月25日、レイノルズは州選弁護人のアダム・グレッグ英語版が後任の副知事に就任すると発表した。訴訟を回避するため、レイノルズはグレッグが「公的な副知事職を持たず」、彼女の職務遂行が不可能になったとしても知事に昇格することはないと表明した[20]

2018年にアメリカ合衆国最高裁判所が同性婚を認めたオーバーグフェル対ホッジス裁判を受け、レイノルズは同性婚が既に「決着のついた」問題であるとし、同性婚を禁止しようとする州共和党の方針に従うことを拒否した[21][22]

また、トランプ大統領の貿易・関税政策が農家を疲弊させているとし、しかし一方で彼らも最終的には利益を得ると考えている[23][24][25]

2018年5月には、州のエネルギー効率政策を改正する法案[26]と、胎児心拍法(胎児の心拍が計測できる時点以降の人工中絶を禁止する法律)に署名した。これは、「全米で最も厳しい人工中絶禁止法」と言われている[27]。しかし、胎児心拍法は2019年1月に州裁判所によって違憲判決が出された[28]

2018年に州知事選挙に勝利し、改めて正式な任期が2019年1月18日から開始した。同年3月27日には公立大学の「学問及び思想の自由」を擁護する法案に署名した[29][30]

また、州の最高裁判所には保守的な裁判官を任命した[31]

2020年3月26日、レイノルズは新型コロナウイルス感染症の流行を受け、不要不急の外科手術・歯科治療を停止することを宣言した[32]。さらに、「4月16日以降に延期されるべき不要不急の外科手術には、人工中絶も含まれる。」と主張した[33]。また、4月3日にはアンソニー・ファウチ医師の主張は事実に基づいていないとし、外出禁止令の履行を拒否した[34]

2020年6月30日には、レイノルズを乗せた車がブラック・ライヴズ・マター主張者の車と衝突した[35]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Noble, Jason (2017年1月12日). “How Kim Reynolds ascended to Iowa's governorship”. Des Moines Register. http://www.desmoinesregister.com/story/news/politics/2017/01/11/kim-reynolds-history-in-iowa/96182144/ 2019年4月25日閲覧。 
  2. ^ Kim Reynolds high school graduate looking for work - Daily Times Herald”. carrollspaper.com. 2017年6月29日閲覧。
  3. ^ Lt. Gov. Kim Reynolds graduates from Iowa State, Des Moines Register, Molly Longman, December 17, 2016. Retrieved March 31, 2018.
  4. ^ Young, Aaron (2017年1月12日). “Incoming governor wants to be an example for those with alcohol addiction”. Des Moines Register. http://www.desmoinesregister.com/story/news/politics/2017/01/12/kim-reynolds-iowa-incoming-governor-alcohol-addiction-example/96486688/ 2017年6月29日閲覧。 
  5. ^ Iowa Criminal Case Number 05911 OWOM016618 (WARREN). Accessed May 20, 2017.
  6. ^ Alberta, Tim (2017年6月29日). “The Governor of Trump's America”. Politico.com. 2018年3月29日閲覧。
  7. ^ Leu, Jon (2016年12月8日). “Reynolds set to become Iowa's first female governor”. The Daily Nonpareil. 2018年3月29日閲覧。
  8. ^ About the First Gentleman”. Iowa.gov. 2018年3月29日閲覧。
  9. ^ https://www.stamfordadvocate.com/news/article/Iowa-governor-overrides-schools-requires-15415673.php
  10. ^ Election Results & Statistics”. sos.iowa.gov. 2017年6月29日閲覧。
  11. ^ Josh Nelson (2018年8月7日). “Lt. governor candidate Kim Reynolds endorses gay marriage ban in Waterloo speech”. Waterloo Cedar Falls Courier. https://wcfcourier.com/news/local/lt-governor-candidate-kim-reynolds-endorses-gay-marriage-ban-in/article_11d0c982-a2a8-11df-b6c3-001cc4c03286.html 
  12. ^ 2010 Iowa gubernatorial election results”. SOS.Iowa.gov. 2019年11月24日閲覧。
  13. ^ Bureau, ROD BOSHART, Lee-Gazette Des Moines. “Terry Branstad 'ready to lead the charge' as Iowa's governor”. Waterloo Cedar Falls Courier. 2020年7月21日閲覧。
  14. ^ Wilson, Kyle (2010年11月15日). “Reynolds resigns, Culver to set special election”. Creston News Advertiser (Shaw Media). http://www.crestonnewsadvertiser.com/articles/2010/11/15/r_eqwbogdws7a3bbc3zhr6uw/index.xml 2010年11月16日閲覧。 
  15. ^ “About the Lt. Governor” (英語). Office of the Lieutenant Governor of Iowa. (2013年6月6日). https://ltgovernor.iowa.gov/about-lt-governor 2017年5月23日閲覧。 
  16. ^ Reynolds named chair of NLGA”. The Iowa Statesman (2015年7月10日). 2018年8月23日閲覧。
  17. ^ Kim Reynolds sworn in as Iowa's 1st female governor”. Seattle Times (2017年5月24日). 2018年8月23日閲覧。
  18. ^ Sources Confirm Adam Gregg Set to Become Governor Reynolds' New Lt. Governor”. whotv.com (2017年5月25日). 2017年5月25日閲覧。
  19. ^ Murphy, Erin. “Reynolds to make Gregg 'acting' lieutenant governor” (英語). Waterloo Cedar Falls Courier. http://wcfcourier.com/news/local/govt-and-politics/reynolds-to-make-gregg-acting-lieutenant-governor/article_0efec597-699e-5132-8483-65695ab2dfcd.html 2017年5月25日閲覧。 
  20. ^ Murphy, Erin. “Reynolds to make Gregg 'acting' lieutenant governor” (英語). Waterloo Cedar Falls Courier. http://wcfcourier.com/news/local/govt-and-politics/reynolds-to-make-gregg-acting-lieutenant-governor/article_0efec597-699e-5132-8483-65695ab2dfcd.html 2017年5月25日閲覧。 
  21. ^ William Petroski (2018年6月12日). “Iowa Gov. Kim Reynolds says same-sex marriage issue settled; doesn't have to abide by GOP platform”. Des Moines Register. https://eu.desmoinesregister.com/story/news/politics/2018/06/12/iowa-kim-reynolds-repeal-gay-same-sex-marriage-republican-party/694882002/ 
  22. ^ Russell, Joyce. “Reynolds on Cutting Energy Efficiency: 'It's a Balance'” (英語). http://www.iowapublicradio.org/post/reynolds-cutting-energy-efficiency-it-s-balance 2018年11月3日閲覧。 
  23. ^ “Reynolds, Hubbell spar over tariffs, sexual harassment” (英語). Omaha.com. https://www.omaha.com/eedition/sunrise/articles/reynolds-hubbell-spar-over-tariffs-sexual-harassment/article_d2337f4c-d2ec-5f52-b178-aab89517f273.html 2018年11月3日閲覧。 
  24. ^ “Reynolds says Trump may help Iowa farmers hurt by trade tariffs” (英語). Des Moines Register. https://www.desmoinesregister.com/story/news/politics/2018/04/10/reynolds-says-trump-may-help-iowa-farmers-hurt-trade-tariffs/504000002/ 2018年11月3日閲覧。 
  25. ^ “Iowa farmers' angst grows as tariffs mount. But many still back Trump and his allies ... for now” (英語). Des Moines Register. https://www.desmoinesregister.com/story/money/agriculture/2018/07/20/iowa-politicians-court-farmers-trump-tariffs-sow-fear-ag-country/782196002/ 2018年11月3日閲覧。 
  26. ^ Press, The Associated. “Reynolds signs bill overhauling energy efficiency policies”. Omaha.com. 2020年7月21日閲覧。
  27. ^ “The nation's strictest abortion ban is now law. Iowa Gov. Kim Reynolds signs 'fetal heartbeat' bill” (英語). Des Moines Register. https://eu.desmoinesregister.com/story/news/politics/2018/05/04/abortion-ban-law-iowa-fetal-heartbeat/577443002/ 2018年11月3日閲覧。 
  28. ^ Eric Levenson and Marlena Baldacci. “Iowa's 'fetal heartbeat' abortion restriction declared unconstitutional”. CNN. 2019年2月4日閲覧。
  29. ^ Gruber-Miller, Stephen; Breaux, Aimee (2019年3月27日). “Kim Reynolds signs bill requiring Iowa universities to respect 'free speech' on campus”. The Des Moines Register. https://www.desmoinesregister.com/story/news/politics/2019/03/27/free-speech-on-campus-governor-kim-reynolds-bill-university-iowa-business-leaders-christ-ui-isu-uni/3288307002/ 2019年3月28日閲覧。 
  30. ^ Iowa governor signs campus free speech legislation”. Associated Press (2019年3月28日). 2019年3月28日閲覧。
  31. ^ Iowa Supreme Court takes a right turn under Gov. Reynolds”. Associated Press (2019年7月3日). 2019年7月3日閲覧。
  32. ^ Richardson, Ian. “Iowa orders additional retail closures, halts elective and nonessential surgeries and dental procedures” (英語). Des Moines Register. 2020年3月28日閲覧。
  33. ^ Rodriguez, Barbara. “Governor's office says order suspending 'non-essential' surgery includes halting surgical abortions” (英語). Des Moines Register. 2020年3月28日閲覧。
  34. ^ Chapman, Matthew. “GOP governor refusing to implement stay-at-home order says Dr. Fauci 'doesn't have all the information'” (英語). Raw Story. 2020年4月3日閲覧。
  35. ^ Coleman, Justine (2020年7月1日). “Vehicle carrying Iowa governor hits Black Lives Matter protester” (英語). TheHill. https://thehill.com/homenews/state-watch/505411-vehicle-carrying-iowa-governor-hits-black-lives-matter-protester 2020年7月1日閲覧。 

外部リンク編集

公職
先代:
テリー・ブランスタッド
  アイオワ州知事
第43代:2017年5月24日 -
次代:
現職
先代:
パティ・ジャッジ英語版
  アイオワ州副知事
第46代:2011年1月14日 - 2017年5月23日
次代:
アダム・グレッグ英語版
先代:
ジェフ・アンジェロ
  アイオワ州上院議員(第48選挙区選出)
2009年1月11日 - 2010年11月12日
次代:
ジョナイ・アーンスト英語版