キャサリン・グラハム

1975年

キャサリン・グラハム(Katharine Graham、1917年6月16日 - 2001年7月17日)はアメリカ合衆国新聞経営者。夫のフィリップは1961年にニューズウィークを買収、後に謎の自殺を遂げる。キャサリンは1969年以後、アメリカの新聞ワシントン・ポストの発行人から社長、そして会長を歴任した。

マクリーン家からワシントン・ポストを買収したユージン・メイヤーの娘。フィリップ・グラハムの自殺後、同社を経営。

リチャード・ニクソン大統領を辞任に追い込んだウォーターゲート事件報道は、ワシントン・ポストの評価を高めると共に、報道に踏み切った英断を行った発行人として彼女の名を一躍有名にし、アメリカで最も影響力のある女性の1人として広く語られることとなった。

1998年には、自伝「キャサリン・グラハム わが人生」(小野善邦訳、TBSブリタリカ、1997年)が、ピューリッツァー賞伝記部門)を受賞した。

関連項目編集