キャシー・キートン

キャサリン・"キャシー"・キートン(Kathryn "Kathy" Keeton、1939年2月17日 - 1997年9月19日)は、アメリカ合衆国の雑誌編集者である。『ペントハウス』を創刊したボブ・グッチョーネの長年の協力者であり、後にその妻となった。

若年期と初期のキャリア編集

キートンは南アフリカで生まれ、農場で育った。小児期にポリオの影響を受けた足を鍛えるためにダンスを始めた。奨学金を得てロンドンのサドラーズ・ウェルズ・バレエ団に入ったが、18歳のときに退団し、ナイトクラブで働いた[1]。1959年から1965年にかけて、『寒い国から帰ったスパイ』など4本のイギリス映画にストリッパー役などの端役で出演した。24歳の時には、AP通信が「ヨーロッパで最も高給取りのストリッパーの一人」と呼ぶようになっていた[2]

出版業界でのキャリア編集

1965年にボブ・グッチョーネと出会って交際を続け、1988年に結婚した[3]。キートンの肩書はジェネラル・メディア・コミュニケーションズ社の社長最高執行責任者(COO)だった。キートンは雑誌『ビバ英語版』(1973年)、『オムニ』(1978年)、『ランジェヴィティ英語版』(1989年)を創刊した。また、2冊のノンフィクション、Woman of Tomorrow(明日の女、1986年)とLongevity: The Science of Staying Young(長寿: 若さを保つための科学、1992年)を執筆した。キートンは、アメリカ最高裁の画期的な事件であるキートン対ハスラー・マガジン社事件英語版原告である[4]

闘病と死編集

キートンは、乳癌との診断を受けた後、自身の出版物の1つである『ペントハウス』で代替医療についての記事を読んで、硫酸ヒドラジンを使って自分で治療しようとした。キートンは、医師から寿命は6週間と宣告されていたが、自身の治療によって腫瘍が取り除かれるか縮小し、寿命が数年伸びたと主張した[2][5][6]

キートンは腸閉塞の手術からの合併症で、ニューヨーク市において58歳で亡くなった[2]。キートンは、ニューヨーク州スタッツバーグにある夫と共有していたカントリーハウス(現在はローカスト・オン・ハドソン英語版として知られている)に埋葬された。

脚注編集

  1. ^ Wesley, Sandra (1974年5月6日). “Editor Kathy Keeton sells the naked truth”. The Palm Beach Post: p. 17 
  2. ^ a b c Pogrebin, Robin (1997年9月23日). “Kathy Keeton Guccione, 58, President of Magazine Company”. The New York Times. https://www.nytimes.com/1997/09/23/business/kathy-keeton-guccione-58-president-of-magazine-company.html 2014年8月4日閲覧。 
  3. ^ McCray, W. Patrick (2013). The Visioneers. Princeton University Press. p. 113 
  4. ^ Labunski, Richard (1987). Libel and the First Amendment: Legal History and Practice in Print and Broadcasting. Transaction Publishers. p. 175 
  5. ^ Vine, Brian (1996年9月10日). “Is This Cancer Drug Too Cheap for Its Own Good?”. Daily Mail. https://www.questia.com/read/1G1-110889259 
  6. ^ London, William M. (2006年7月23日). “Penthouse's Promotion of Hydrazine Sulfate”. Cancer Treatment Watch. 2020年10月12日閲覧。

外部リンク編集