メインメニューを開く
キングサイド・キャスリング
クイーンサイド・キャスリング

キャスリング (Castling、キングの入城) はチェスのルールの一つ。キングルークを一手で同時に動かす特殊な手を指す。

目次

キャスリングの目的編集

  • 初期配置で中央にいるキングは、敵の攻撃にさらされやすい。特に多くの駒が飛び交う序盤戦では、キングはできるだけチェスボードの端にいた方が安全である。
  • 逆に両端のルークは、できるだけ早く中央に出して活躍させた方が良い。
  • キャスリングを行えば、この2点を一挙に進めることができる。このルールはチェスをよりスピーディーに面白くするため、14世紀から15世紀のヨーロッパで確立された。

キャスリングの基本編集

キャスリングは各プレイヤーに、一回のゲーム中に一度だけ与えられた権利である。非常に効率が良い手なので、ほとんどのプレーヤーが好んで使用している。だが便利な反面、この手は守らなければならない条件(制約)も多い。

キングサイドとクイーンサイド編集

クイーンサイドとキングサイド
abcdefgh
8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
8
77
66
55
44
33
22
11
abcdefgh
 ●:クイーンサイド   ○:キングサイド
  • チェスボードの左側はクイーンサイド、右側はキングサイドと呼ばれている。
    (右図のように、白から見た場合を指す。)
  • 白黒あわせて合計4つの場所で、チェスのキャスリングは行われる。
キングとルークの初期配置
abcdefgh
8
 
 
 
 
8
77
66
55
44
33
22
11
abcdefgh
まだキャスリングしていない状態

注意点編集

  • チェスのルール上では、キャスリングに手数制限はない。序盤戦に行われるのが一般的だが、終盤戦近くでキャスリングが行われるケースもある。
  • キャスリングは、あくまで権利である。戦法や戦型によっては、あえてキャスリングしないで戦った方が良い場合もある。
  • あまりに早い段階でのキャスリングは、一概に良いとは言えない。敵の攻撃目標になり、かえって危険になる場合も多い。
  • 左右どちらでもキャスリングできるような形にして、敵の戦型を見てからキャスリングを決めるのも一つの手である。


 
Kingside castling: O-O

キングサイド・キャスリング編集

(またはショート・キャスリング)
展開に必要な駒は2つで、キャスリング後のキングが端に近い。
ほとんどのチェスのオープニングでは、こちらが採用されている。
そのため何もつけず単に「キャスリング」という場合は、通常こちらを指す。
記号: 0-0(ゼロ-ゼロ)
またはO-O(オウ-オウ)[1]
 
Queenside castling: O-O-O

クイーンサイド・キャスリング編集

(またはロング・キャスリング)
展開に必要な駒は3つで、キャスリング後のキングの位置が中央に近い。
そのため、キングサイド・キャスリングよりも採用されにくくなっている。
こちらの長所は移動後のルークの位置。中央に近く、非常に効率的な形である。
記号: 0-0-0(ゼロ-ゼロ-ゼロ)
またはO-O-O(オウ-オウ-オウ)

キャスリングに必要な条件編集

チェスにおいて自分の駒を一手で2つ動かせる手は、 キャスリング以外に存在しない。キャスリングは義務でないが、ほとんどのゲームで白黒ともに頻繁に行われている。しかしその使用については、いくつかの条件(制約)がある。

キャスリングできないケース1
abcdefgh
8
 
 
 
8
77
66
55
44
33
22
11
abcdefgh
理由: キングが動いてしまった。


1.キングとキャスリングさせる側のルークが、ともに初期配置から動いてはならない。
一度でも動いてしまったら、たとえ元の場所にもどってもキャスリングすることはできない。
特にキングを動かすと、そのゲーム中は両側ともキャスリングできなくなる。
キャスリングに関係ない側のルークは、どんなに動かしてもキャスリングは可能。
キャスリングできないケース2
abcdefgh
8
 
 
 
 
8
77
66
55
44
33
22
11
abcdefgh
理由: ナイトが邪魔をしている。
2.キングとキャスリングさせる側のルークの間に、他の駒がいてはならない。
どちらの側のキャスリングも、駒を飛び越えて行うことはできない。
邪魔をしている駒をランクから移動させると、キャスリングは可能になる。
キャスリングできないケース3
abcdefgh
8
 
 
 
 
 
 
8
77
66
55
44
33
22
11
abcdefgh
理由: 現在チェックされている。
3.現在キングがチェックされていてはならない。
キャスリングでチェックから逃げることは禁止されている。
この場合一旦チェックを防げば、(防いでいる間に)キャスリングすることは可能である。
また、チェックの制約はキングだけである。ルークは攻撃されていても特に問題ない。
キャスリングできないケース4
abcdefgh
8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
8
77
66
55
44
33
22
11
abcdefgh
理由: 敵駒の筋が効いている。
4.これからキングが通過するマスに、敵駒の筋が効いていてはならない。
キングが通過するマスも、キャスリング直後のマスも安全でなければならない。
(白の場合キングサイドはf1g1が、クイーンサイドはc1d1のマスが該当する。)
この場合も敵駒の筋を一旦解消すれば、その間にキャスリングは可能である。
ルークが通過するマスは対象にならない[2]
5.その他の注意点

チェスのルール#公式戦でのルールとマナー」の2番目の項目、『「手」について』を参照のこと。

(1)2つの駒を動かす際に、両手を使ってはならない。使用する手は「片手」に限られている。
(2)キャスリングは、キングの動きの一つとされている。必ずキングが先で、その次にルークを動かさなければならない。
公式戦では先にルークに触れてしまうと、キャスリングの動きとはみなされない。ルーク単独の動きとみなされ、そのゲーム中は手が触れたルーク側へのキャスリングの権利が失われてしまう。
この(1)と(2)は国際チェス連盟において、公式なルールとされている。


なお(通常は気にする必要はないが)、キングとルークが同じランクに存在する必要もある[3]

キャスリングについての、よくある誤解編集

  • キングがキャスリングの数手前にチェックを受けていても、キャスリングは可能である。キャスリングの際にチェックを受けていなければ問題ない。
  • キャスリングしない側のルークはもちろん、キャスリングする側のルークも敵の攻撃の有無は関係ない。現在ルークが攻撃を受けていても、キャスリングは可能である。
  • キャスリングする側のルークが通過するマス[4]も、敵の攻撃の有無は関係ない。現在敵駒の筋が効いていても、キャスリングは可能である。
  • キャスリングによってルークで敵のキングをチェックあるいはチェックメイトすることもルール上問題ない。

キャスリングの実戦例編集

実戦におけるキャスリングは、次のような形になる。これらはあくまで一例であり、他にも様々な形がある。

キャスリング直前
abcdefgh
8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
8
77
66
55
44
33
22
11
abcdefgh
キャスリング直後
abcdefgh
8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
8
77
66
55
44
33
22
11
abcdefgh

白のキングサイド・キャスリングの一例

キャスリング直前
abcdefgh
8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
8
77
66
55
44
33
22
11
abcdefgh
キャスリング直後
abcdefgh
8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
8
77
66
55
44
33
22
11
abcdefgh

白のクイーンサイド・キャスリングの一例

キャスリング直前
abcdefgh
8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
8
77
66
55
44
33
22
11
abcdefgh
キャスリング直後
abcdefgh
8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
8
77
66
55
44
33
22
11
abcdefgh

黒のキングサイド・キャスリングの一例

キャスリング直前
abcdefgh
8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
8
77
66
55
44
33
22
11
abcdefgh
キャスリング直後
abcdefgh
8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
8
77
66
55
44
33
22
11
abcdefgh

黒のクイーンサイド・キャスリングの一例

キャスリングに関係した用語編集

オポジット・キャスリング
abcdefgh
8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
8
77
66
55
44
33
22
11
abcdefgh
シシリアン・ドラゴンの例

オポジット・キャスリング編集

  • 英語の「opposite castling」を指す。白黒互いのプレイヤーが、反対の側へキャスリングを行うこと。
  • 「白:キングサイド、黒:クイーンサイド」、または「白:クイーンサイド、黒:キングサイド」のどちらかになる。
  • シシリアン・ディフェンスドラゴン・ヴァリエーションなど、よく知られたオープニングも多数存在する。
  • オポジット・キャスリングをした後で、相手のキングの頭にポーンを繰り出す攻撃もある。これは「ポーン・ストーム (Pawn storm) 」と呼ばれている。
アーティフィシャル・キャスリング
abcdefgh
8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
8
77
66
55
44
33
22
11
abcdefgh
9...Kg8

アーティフィシャル・キャスリング編集

  • 英語の「Artificial castling」で、「人工的な」キャスリングという意味。「キャスリング・バイ・ハンド(castling by hand)」とも呼ばれている。
  • キャスリングの権利を失ったキングが、(余分な手数をかけつつも)自分で動いて通常のキャスリングの形に収まること。


(例:1. e4 e5 2. Nf3 Nc6 3. Bc4 Nf6 4. Nc3 Nxe4 5. Bxf7+ Kxf7 6. Nxe4 Be7 7. 0-0 Rf8 8. d4 exd4 9. Nxd4 Kg8 右図)

注釈編集

  1. ^ 一般的には「0(ゼロ)」を使用する。「O(オウ)」の方は、PGNなどで使用される。
  2. ^ 白ならクイーンサイドのb1、黒ならクイーンサイドのb8のこと。
  3. ^ この制約は、1972年FIDEに採用された。この制約がないと、ファイルeのポーンがプロモーションしてルークになったとき、盤の両端のキングとルークで垂直に長いキャスリングができてしまう。 これは、Max Pam によって“発見”され、制約ができる前に Tim Krabbe によって彼のジョーク・チェス・プロブレムで使われた。
    e2のポーンがe7まで移動する
    abcdefgh
    8
     
     
     
    8
    77
    66
    55
    44
    33
    22
    11
    abcdefgh
    ポーンがルークにプロモーション
    abcdefgh
    8
     
     
     
    8
    77
    66
    55
    44
    33
    22
    11
    abcdefgh
    (誤った)キャスリング直後
    abcdefgh
    8
     
     
     
    8
    77
    66
    55
    44
    33
    22
    11
    abcdefgh
  4. ^ 白の場合はクイーンサイドのb1を、黒の場合はクイーンサイドのb8を指す。

関連項目編集