キャッスル 〜ミステリー作家は事件がお好きのエピソード一覧

ウィキメディアの一覧記事

キャッスル 〜ミステリー作家は事件がお好きのエピソード一覧は、アメリカのABCで2009年に初回が放送されたテレビドラマキャッスル 〜ミステリー作家は事件がお好き』(キャッスル ミステリーさっかはじけんがおすき、原題 "Castle")の各エピソードを記した一覧である。

番組早見表編集

シーズン エピソード 放送日
初回 最終回
1 10 2009年3月9日 (2009-03-09) 2009年5月11日 (2009-5-11)
2 24 2009年9月21日 (2009-09-21) 2010年5月17日 (2010-5-17)
3 24 2010年9月20日 (2010-09-20) 2011年5月16日 (2011-5-16)
4 23 2011年9月19日 (2011-09-19) 2012年5月7日 (2012-5-7)
5 24 2012年9月24日 (2012-09-24) 2013年5月13日 (2013-5-13)
6 23 2013年9月23日 (2013-09-23) 2014年5月12日 (2014-5-12)
7 23 2014年9月29日 (2014-09-29) 2015年5月11日 (2015-05-11)

エピソードリスト編集

シーズン1編集

  • アメリカ (ABC) 2009年3月9日〜5月11日
  • 日本 (Dlife) 2014年12月19日〜2015年2月20日
  • 日本 (テレビ東京) 2015年6月1日〜6月12日
No.
シリーズ
#
シーズン
タイトル 監督 脚本 放送日 プロダクションコード[1] 米国視聴世帯数
(百万)
11"新コンビ誕生"
"Flowers for Your Grave"
ロブ・ボウマンAndrew W. Marlowe2009年3月9日 (2009-03-09)10110.76[2]
バラの花びらに埋もれた若い女性の死体が発見される。これは、大人気のミステリー作家リチャードの小説に出てくる死体とそっくりであった。美人で聡明なニューヨーク市警12分署のケイトは捜査に乗り出し、リチャードの元を訪ねる。そして、次々とミステリー小説を模した連続殺人事件が起こる。ケイトはリチャードの協力のもと、犯人を追い詰めていく。
22"殺されたベビー・シッター"
"Nanny McDead"
John TerleskyBarry Schindel2009年3月16日 (2009-03-16)10310.97[3]
マンションの共同洗濯室の衣類乾燥機で死体が見つかり、ベケットは捜査に乗り出す。殺害されたのは、マンションの一室にベビー・シッターとして通っていた若い女性であった。そんななか、キャッスルが市長とのコネを利用して引き続きベケットのいるニューヨーク市警12分署で捜査に加わることになる。キャッスルは持ち前の推理力で様々なシナリオを想定して捜査に協力しようとするものの、ベケットからは煙たがられてしまう。
33"危険な遊び"
"Hedge Fund Homeboys"
ロブ・ボウマンDavid Grae2009年3月23日 (2009-03-23)1049.14[4]
セントラル・パークの湖に浮かぶボートで遺体が見つかる。被害者は有名私立高校に通う男子高校生であった。死因は胸に受けた銃弾であるが、ボートの周囲には痕跡が見つからず、殺害場所は別の場所であるとわかる。キャッスルはベケットとともに、両親に話しを聞きに出かける。
44"絨毯にくるまれた死体"
"Hell Hath No Fury"
ロブ・ボウマンAndrew W. Marlowe2009年3月30日 (2009-03-30)1029.09[5]
ニューヨークの市議会議員が絨毯にくるまれた死体となって発見される。捜査が進むうち、この政治家には裏の顔があることが判明する。
55"凍り付いた肉体"
"A Chill Goes Through Her Veins"
ブライアン・スパイサーCharles Murray2009年4月6日 (2009-04-06)1059.03[6]
建設現場で女性の凍結死体が見つかる。被害者は5年以上前に行方不明となっていた人物であった。キャッスルとベケットは未解決事件の捜査に乗り出していく。
66"キャッスルの弱点"
"Always Buy Retail"
ジェイミー・バビットGabrielle Stanton & Harry Werksman2009年4月13日 (2009-04-13)1077.73[7]
身元不明の遺体が見つかる。それを見たキャッスルは宗教的儀式による殺人であると考える。一方、キャッスルは元妻メレディスと一夜の関係を持ってしまい、それがもとで困った事態となる。
77"血に飢えた宝石泥棒"
"Home is Where the Heart Stops"
Dean WhiteWill Beall2009年4月20日 (2009-04-20)1068.21[8]
ニューヨークの資産家を狙った連続強盗事件が発生し、壁の隠し金庫に詰められた遺体が見つかる。犯人は様々な場所の隠し金庫から宝石を奪っていた。キャッスルはかつて小説のモデルとしたせいで廃業させた宝石泥棒に会うためにニューヨークの暗い路地を訪れる。一方、ベケットは被害者があるチャリティイベントに参加していたという共通点を見付け、華やかなパーティに捜査に出かける。
88"浴槽に沈む謎の死体"
"Ghosts"
ブライアン・スパイサーMoira Kirland2009年4月27日 (2009-04-27)1088.24[9]
浴槽で、エンジンオイルに浸かった女性の遺体が見つかる。夫から捜索願が出されていたことで、被害者はアリソンという女性であることが判明するが、アリソンは3か月前に既に亡くなっていた。捜査により、アリソンが夫を騙し続けていた事実が明らかとなり、さらに、20年以上昔の犯罪に関与している可能性が発覚した。キャッスルは様々な推理を行うが、ベケットは彼の妄想に付き合っていられなくなる。謎は深まるが、ポーカーゲームのひと言で事件の解決のヒントを見いだす。
99"消えた幼女"
"Little Girl Lost"
John TerleskyElizabeth Davis2009年5月4日 (2009-05-04)1099.97[10]
幼い少女が誘拐され、身代金が要求される。捜索を担当するFBI捜査官ソレンソンから、キャッスルたちに捜査協力の依頼がある。ベケットの元彼であるソレンソンを前に心中穏やかではないキャッスルは、犯人から来た電話で身代金受け渡し役を名乗り出てしまう。
1010"始まりへの最終章"
"A Death in the Family"
ブライアン・スパイサーシナリオ: Andrew W. Marlowe & Barry Schindel
脚本: Andrew W. Marlowe
2009年5月11日 (2009-05-11)1109.96[11]
形成外科医の陰惨な殺人事件が起こる。被害者は明らかに拷問を受けていた。捜査により、彼は同僚に内緒でなんらかの手術を行っていたことが判明する。拷問と整形手術が意味するところは、証人保護プログラムを受けている人物と関連があるのではないかという連想に辿りつく。一方、キャッスルはベケットの母を殺した犯人は、ほかの連続殺人事件の犯人である殺し屋である可能性があることを突き止める。

シーズン2編集

  • アメリカ (ABC) 2009年9月21日〜2010年5月17日
  • 日本 (Dlife) 2015年2月27日〜2015年8月3日
  • 日本 (テレビ東京) 2015年6月15日〜7月16日
No.
シリーズ
#
シーズン
タイトル 監督 脚本 放送日 プロダクションコード[1] 米国視聴世帯数
(百万)
111"盗まれた死体"
"Deep in Death"
ロブ・ボウマンAndrew W. Marlowe2009年9月21日 (2009-09-21)2019.26[12]
122"2つの殺人事件"
"The Double Down"
ロブ・ボウマンDavid Grae2009年9月28日 (2009-09-28)2049.15[13]
133"新人モデルの悲劇"
"Inventing the Girl"
Dwight LittleMoira Kirland2009年10月5日 (2009-10-05)2029.23[14]
144"殺された詐欺師"
"Fool Me Once..."
ブライアン・スパイサーAlexi Hawley2009年10月12日 (2009-10-12)2039.77[15]
155"我が子の秘密"
"When the Bough Breaks"
John TerleskyRené Echevarria2009年10月19日 (2009-10-19)2059.69[16]
166"吸血鬼たちの週末"
"Vampire Weekend"
Karen GaviolaTerri Miller2009年10月26日 (2009-10-26)2069.99[17]
177"ラストソングの秘密"
"Famous Last Words"
ロブ・ボウマンJose Molina2009年11月2日 (2009-11-02)2079.43[18]
188"10年前の事件の謎"
"Kill the Messenger"
Jonathan FrakesTerence Paul Winter2009年11月9日 (2009-11-09)2089.82[19]
199"ダントンは誰だ?"
"Love Me Dead"
ブライアン・スパイサーAlexi Hawley2009年11月16日 (2009-11-16)20910.53[20]
2010"二重生活の末に"
"One Man's Treasure"
Helen ShaverElizabeth Davis2009年11月23日 (2009-11-23)21010.31[21]
2111"5つ目の銃弾"
"The Fifth Bullet"
John TerleskyDavid Grae2009年12月7日 (2009-12-07)2117.80[22]
2212"元カノの結婚式"
"A Rose for Everafter"
ブライアン・スパイサーシナリオ: Alexi Hawley
脚本: Terri Miller & Terence Paul Winter
2010年1月11日 (2010-01-11)2129.47[23]
2313"母親殺しの真相"
"Sucker Punch"
Tom WrightWill Beall2010年1月18日 (2010-01-18)2139.45[24]
2414"第三の男"
"The Third Man"
Rosemary RodriguezTerence Paul Winter2010年1月25日 (2010-01-25)21410.55[25]
2515"スター選手の秘密"
"Suicide Squeeze"
en:David BarrettJose Molina2010年2月8日 (2010-02-08)2159.54[26]
2616"ムチと女と殺人"
"The Mistress Always Spanks Twice"
Tom WrightKate Sargeant2010年3月8日 (2010-03-08)2169.11[27]
2717"ニッキー・ヒートに捧げる パート1"
"Tick, Tick, Tick..."
ブライアン・スパイサーMoira Kirland2010年3月22日 (2010-03-22)21712.21[28]
2818"ニッキー・ヒートに捧げる パート2"
"Boom!"
John TerleskyElizabeth Davis2010年3月29日 (2010-03-29)21814.50[29]
2919"ミイラの呪い"
"Wrapped Up in Death"
Bill RoeAlexi Hawley2010年4月5日 (2010-04-05)21911.70[30]
3020"恐ろしきショービジネス"
"The Late Shaft"
ブライアン・スパイサーDavid Grae2010年4月12日 (2010-04-12)22012.68[31]
3121"54分署の汚職警官"
"Den of Thieves"
John TerleskyWill Beall2010年4月19日 (2010-04-19)22110.39[32]
3222"キッチン・ウォー"
"Food to Die For"
ロン・アンダーウッドTerri Miller2010年5月3日 (2010-05-03)22210.69[33]
3323"ライバル対決"
"Overkill"
John TerleskyRené Echevarria2010年5月10日 (2010-05-10)22310.86[34]
3424"被害者はスパイ?"
"A Deadly Game"
ロブ・ボウマンAndrew W. Marlowe2010年5月17日 (2010-05-17)22410.07[35]

出典編集

  1. ^ a b Bossard, Byran (2013年3月26日). “"Castle" graph for first 100 syndicated episodes only” (PDF). ABC Medianet. http://www.abcmedianet.com/DNR/2013/100th_episode_graphs.pdf 2013年5月1日閲覧。 
  2. ^ Seidman, Robert (2009年3月17日). “Top ABC Primetime Shows, March 9–15, 2009”. TV by the Numbers. 2012年3月3日閲覧。
  3. ^ Seidman, Robert (2009年3月24日). “Top ABC Primetime Shows, March 16–22, 2009”. TV by the Numbers. 2012年3月3日閲覧。
  4. ^ Seidman, Robert (2009年3月31日). “Top ABC Primetime Shows, March 23–29, 2009”. TV by the Numbers. 2012年3月3日閲覧。
  5. ^ Seidman, Robert (2009年4月7日). “Top ABC Primetime Shows, March 30 – April 5, 2009”. TV by the Numbers. 2012年3月3日閲覧。
  6. ^ Seidman, Robert (2009年4月14日). “Top ABC Primetime Shows, April 6–12, 2009”. TV by the Numbers. 2010年10月4日閲覧。
  7. ^ Seidman, Robert (2009年4月21日). “Top ABC Primetime Shows, April 13–19, 2009”. TV by the Numbers. 2012年3月3日閲覧。
  8. ^ Seidman, Robert (2009年4月28日). “Top ABC Primetime Shows, April 20–26, 2009”. TV by the Numbers. 2012年3月3日閲覧。
  9. ^ Seidman, Robert (2009年5月6日). “Top ABC Primetime Shows, April 27 – May 3, 2009”. TV by the Numbers. 2012年3月3日閲覧。
  10. ^ Seidman, Robert (2009年5月12日). “Top ABC Primetime Shows, May 4–10, 2009”. TV by the Numbers. 2010年10月4日閲覧。
  11. ^ Seidman, Robert (2009年5月19日). “Top ABC Primetime Shows, May 11–17, 2009”. TV by the Numbers. 2012年3月3日閲覧。
  12. ^ Seidman, Robert (2009年9月22日). “Monday broadcast final numbers”. TV by the Numbers. 2012年3月7日閲覧。
  13. ^ Calabria, Rosario (2009年10月6日). “Broadcast TV Ratings for Monday, October 5, 2009”. Your Entertainment Now. 2012年3月7日閲覧。
  14. ^ Seidman, Robert (2009年10月6日). “Monday night broadcast national final Nielsen numbers”. TV by the Numbers. 2012年3月7日閲覧。
  15. ^ Calabria, Rosario (2009年10月20日). “Broadcast TV Ratings for Monday, October 19, 2009”. Your Entertainment Now. 2012年3月7日閲覧。
  16. ^ Seidman, Robert (2009年10月20日). “Broadcast Finals: Big Bang Theory UP, Heroes, Castle don't drop”. TV by the Numbers. 2012年3月7日閲覧。
  17. ^ Seidman, Robert (2009年10月27日). “Monday broadcast finals: Castle, DWTS drop, The Big Bang Theory repeat rises”. TV by the Numbers. 2012年3月7日閲覧。
  18. ^ Seidman, Robert (2009年11月3日). “Monday Broadcast Finals: Castle doesn't drop; Heroes, Trauma do”. TV by the Numbers. 2012年3月7日閲覧。
  19. ^ Seidman, Robert (2009年11月10日). “Monday Finals: House, Gossip Girl, Big Bang and others up, Castle, DWTS down a tick”. TV by the Numbers. 2012年3月7日閲覧。
  20. ^ Calabria, Rosario (2009年11月24日). “Broadcast TV Ratings for Monday, November 23, 2009”. Your Entertainment Now. 2012年3月7日閲覧。
  21. ^ Calabria, Rosario (2009年12月1日). “Broadcast TV Ratings for Monday, November 30, 2009”. Your Entertainment Now. 2012年3月7日閲覧。
  22. ^ Seidman, Robert (2009年12月8日). “Monday Finals: Big Bang Theory drops a tick, Castle drops two ticks”. TV by the Numbers. 2012年3月7日閲覧。
  23. ^ Broadcast TV Ratings for Monday, January 18, 2010. Your Entertainment Now. January 19, 2010. Retrieved March 7, 2012.
  24. ^ Broadcast TV Ratings for Monday, January 25, 2010. Your Entertainment Now. January 26, 2010. Retrieved March 7, 2012.
  25. ^ Broadcast TV Ratings for Monday, February 1, 2010. Your Entertainment Now. February 2, 2010. Retrieved March 7, 2012.
  26. ^ Broadcast TV Ratings for Monday, February 15, 2010. Your Entertainment Now. February 16, 2010. Retrieved March 7, 2012.
  27. ^ Berman, Marc (2010年3月17日). “CBS and Fox Dominate Week of March 8”. ADWeek.com. 2012年3月7日閲覧。
  28. ^ Seidman, Robert (2010年3月23日). “Monday Finals: "Dancing With the Stars" Rises; "Castle" Falls”. TV by the Numbers. 2010年3月23日閲覧。
  29. ^ ABC Renews Castle”. TV By The Numbers (2010年3月30日). 2013年4月20日閲覧。
  30. ^ Seidman, Robert (2010年4月6日). “Monday Broadcast Finals: "Castle" Loses a Tenth of a Ratings Point”. TV by the Numbers. 2010年10月4日閲覧。
  31. ^ Gorman, Bill (2010年4月13日). “Monday Broadcast Finals: Dancing, 2.5 Men, Big Bang Adjusted Up; Castle, CSI:Miami, 24 Adjusted Down”. TV by the Numbers. 2012年3月7日閲覧。
  32. ^ Monday Broadcast Finals: House, Dancing Adjusted Up; Romantically, Castle, CSI: Miami Adjusted Down” (2010年4月20日). 2010年4月20日閲覧。
  33. ^ Monday Finals: "House," "Big Bang" Adjusted Up; "Romantically Challenged," "Castle" Adjusted Down”. TV By The Numbers (2010年5月4日). 2010年5月7日閲覧。
  34. ^ Broadcast TV Ratings for Monday, May 17, 2010. Your Entertainment Now. May 18, 2010. Retrieved March 7, 2012.
  35. ^ Broadcast TV Ratings for Monday, May 16, 2011. Your Entertainment Now. May 16, 2011. Retrieved March 7, 2012.

参考文献編集

外部リンク編集