キャリー・フィッシャー

アメリカの女優、脚本家

キャリー・フランシス・フィッシャー: Carrie Frances Fisher1956年10月21日 - 2016年12月27日)は、アメリカ合衆国女優、映画脚本家。カリフォルニア州ビバリーヒルズ出身。

キャリー・フィッシャー
Carrie Fisher
Carrie Fisher
2013年
本名 Carrie Frances Fisher
生年月日 (1956-10-21) 1956年10月21日
没年月日 (2016-12-27) 2016年12月27日(60歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州ビバリーヒルズ
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州ロサンゼルス
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 女優脚本家
配偶者 ポール・サイモン(1983年 - 1984年)
ブライアン・ラード英語版(1991年 - 1994年)
著名な家族 エディ・フィッシャー(父)
デビー・レイノルズ(母)
ビリー・ラード(娘)[1]
主な作品
スター・ウォーズ』シリーズ
テンプレートを表示

来歴編集

父親は歌手のエディ・フィッシャー、母親は女優のデビー・レイノルズ。父方の祖父がロシアユダヤ人移民である。

最も知られている出演作は、レイア・オーガナを演じた『スター・ウォーズ・シリーズ』旧3部作(エピソード4-6)。

『スター・ウォーズ』第一作の公開後、ポール・サイモンと交際を始める。1980年、『ブルース・ブラザース』の撮影を通じて主役の一人であるダン・エイクロイドと親しくなり、一時は婚約まで交わすが[2][3]、サイモンとよりを戻し1983年に結婚。1984年、サイモンと離婚。その後、1991年にブライアン・ラード英語版と再婚し、娘であるビリー・ラードを出産したが1994年に離婚した。

女優業以外にも、映画のスクリプト・ドクター脚本監修)や、グラミー賞授賞式の脚本家など、映画業界の裏方としても活躍している。

1978年に、母親との関係を描いた自伝「崖っぷちからのはがき」を発表しており、1990年には自らの脚本により『ハリウッドにくちづけ』として映画化され、シャーリー・マクレーンメリル・ストリープが母娘を演じた。

2015年公開の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』では約30年ぶりにレイアを演じた(同作品では娘のビリー・ラードもカメオ出演している)。2016年12月公開の『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』にもコンピューター・グラフィックスとアーカイブ映像を駆使して『エピソード4』出演当時の姿で登場している。

2016年にはデビーとキャリーを扱ったドキュメンタリー『Bright Lights: Starring Carrie Fisher and Debbie Reynolds』が第69回カンヌ国際映画祭で5月14日に上映され、2017年にはアメリカで1月7日にHBOで放送された[4][5]スター・チャンネルで放送された邦題は『キャリー・フィッシャー ~星になった母娘~』[6]。配信タイトルは『ブライト・ライツ:キャリー・フィッシャーとデビー・レイノルズ主演』[7]

死去編集

2016年12月23日、ロンドンからロサンゼルスへ向かう飛行機内で心臓発作を起こし、到着したロサンゼルスの病院に緊急入院した。一時は一命を取り留め安定したと伝えられたが、12月27日、容態が急変し死去したと広報担当が明らかにした。60歳没[8]。翌28日には母のデビー・レイノルズも死去した[9]

2017年6月19日、キャリー・フィッシャーの遺体を検視した結果、その体内からは大量のアルコールと共に、コカインMDMAなどといった薬物が検出された。検視によると、発作までの3日間、コカインを摂取していたことが判明している[10]

死去前の2016年7月にレイア・オーガナ役として撮影を終えていた、2017年12月公開の『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(死去当時は副題未公表で『エピソード8』として報じられた)が遺作となった[11]

その死により、2019年公開のシリーズ最終作『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』におけるレイア・オーガナの処遇が注目されていたが、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』撮影時の未使用シーンを利用することで同作に登場することとなった[12]。なお、同作では回想シーンで若きレイアの姿が描かれているが、撮影時には娘のビリー・ラードがレイアを演じ、CG合成によって若きキャリーの顔を再現している。

エピソード編集

『スター・ウォーズ』のレイア姫にキャストされたのは、「有名人の娘で、他人に命令することに慣れている」のを、ジョージ・ルーカスが気に入ったためだった。なおレイア姫役のオーディションで候補として最後まで残っていたのは、彼女とジョディ・フォスターの2人であった。なお、撮影当時は妻子持ちであった主役のハリソン・フォードと秘密の恋の関係であったと後に述べている[13]

『スター・ウォーズ』での成功後、その成功によるプレッシャーもあり、『ブルース・ブラザース』で共演し、友人であったジョン・ベルーシダン・エイクロイドらとドラッグに溺れていた。のちに回復し、その体験を自伝『崖っぷちからのはがき』[14]として著したが、これは『ハリウッドにくちづけ』として映画化されている。

スクリーム3』に撮影所の資料室の管理人役で出演した。芸能リポーターと女優役の2人に「レイア姫に似ている」と言われるが、「違う」と言い、「レイア姫のテストを受けたが、合格したのはジョージ・ルーカス(監督)と寝た女」と答えている。

主な出演作品編集

映画編集

テレビ編集

著書編集

  • Postcards From The Edge』(1987年)- 映画『ハリウッドにくちづけ』の原作
  • Surrender The Pink』(1991年)
  • Hollywood Moms』(2001年)
  • Delusions of Grandma』(2003年)
  • The Best Awful There Is』(2004年)
  • Wishful Drinking』(2008年)
  • Shockaholic』(2011年)
  • The Princess Diarist』(2016年)- 第60回グラミー賞 最優秀スポークン・ワード・アルバム(没後)

脚注編集

出典編集

  1. ^ 『スター・ウォーズ』レイア姫の“実の娘”がぶっ飛んだキャラを熱演 - ライブドアニュース
  2. ^ Knight, Richard Jr. (2008年12月19日). “Carrie Fisher's razorlike wit dissects her various realities”. Chicago Tribune. http://articles.chicagotribune.com/2008-12-19/entertainment/0812170618_1_daughter-of-debbie-reynolds-star-wars-bra 2018年4月11日閲覧。 
  3. ^ ロバート・ヒルバーン『ポール・サイモン 音楽と人生を語る』奥田祐士訳、DU BOOKS、2020年3月25日、315頁。ISBN 978-4866471174
  4. ^ 年末に急逝したキャリー・フィッシャー&母デビー・レイノルズ、親子のドキュメンタリー映像予告編公開”. TVGroove. 株式会社TVグルーヴ・ドット・コム (2017年1月5日). 2021年1月19日閲覧。
  5. ^ キャリー・フィッシャー、デビー・レイノルズ (2017年1月4日). Bright Lights: Starring Carrie Fisher and Debbie Reynolds (HBO Documentary Films) (YouTube). HBODocs.. https://www.youtube.com/watch?v=K97Rthh-qmk 2021年1月19日閲覧。 
  6. ^ キャリー・フィッシャー~星になった母娘~”. スター・チャンネル. 株式会社スター・チャンネル. 2021年1月19日閲覧。
  7. ^ 角安蘭 (2019年5月22日). “間違いなしの神配信映画『ブライト・ライツ:キャリー・フィッシャーとデビー・レイノルズ主演』Amazon Prime Video”. シネマトゥデイ. 株式会社シネマトゥデイ. 2021年1月19日閲覧。
  8. ^ 米女優キャリー・フィッシャーさん死去 「レイア姫」” (2016年12月28日). 2016年12月28日閲覧。
  9. ^ “米女優デビー・レイノルズさん死去、娘フィッシャーさん死去の翌日”. CNN. (2016年12月29日). http://www.cnn.co.jp/showbiz/35094437.html 2016年12月29日閲覧。 
  10. ^ [1]
  11. ^ a b “レイア姫キャリー・フィッシャーさん死去…『エピソード8』は撮影済み&より大きな役に”. シネマトゥデイ. (2016年12月28日). https://m.cinematoday.jp/page/N0088651?__ct_ref=https%3A%2F%2Fwww.google.com%2F 2017年1月1日閲覧。 
  12. ^ a b 『スター・ウォーズ』エピソード9にレイア姫再び!公式発表”. シネマトゥデイ (2018年7月28日). 2018年7月28日閲覧。
  13. ^ people 2016.11.17(アメリカ版)
  14. ^ : Postcards From The Edge
  15. ^ Leave Yesterday Behind
  16. ^ Garbo Talks
  17. ^ Soapdish
  18. ^ This Is My Life
  19. ^ Sorority Row

外部リンク編集