メインメニューを開く

キャロリン・ガルシアCaroline Garcia, 1993年10月16日 - )は、フランスサン=ジェルマン=アン=レー出身の女子プロテニス選手。2016年全仏オープンで、クリスティナ・ムラデノビッチと組んだダブルスで優勝した。これまでにWTAツアーでシングルス7勝、ダブルス6勝を挙げている。身長177cm、体重61kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。WTAランキング最高位はシングルス4位、ダブルス2位。

キャロリン・ガルシア
Caroline Garcia
Tennis pictogram.svg
Garcia WM16 (1) (28340112551).jpg
キャロリン・ガルシア
基本情報
国籍 フランスの旗 フランス
出身地 同・サン=ジェルマン=アン=レー
居住地 同・リヨン
生年月日 (1993-10-16) 1993年10月16日(26歳)
身長 177cm
体重 61kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2011年
ツアー通算 13勝
シングルス 7勝
ダブルス 6勝
生涯獲得賞金 10,199,361 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 4回戦(2018)
全仏 ベスト8(2017)
全英 4回戦(2017)
全米 3回戦(2016-18)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 ベスト4(2017)
全仏 優勝(2016)
全英 ベスト8(2016)
全米 準優勝(2016)
優勝回数 1(仏1)
国別対抗戦最高成績
フェド杯 準優勝(2016)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 4位(2018年9月10日)
ダブルス 2位(2016年10月24日)
2019年7月4日現在

来歴編集

7歳からコーチである父親の手ほどきでテニスを始める。

4大大会では2011年全豪オープンで主催者推薦により初出場し、2回戦で森田あゆみに 4-6, 4-6 で敗れた。2011年全仏オープンでは2回戦で第7シードのマリア・シャラポワに 6-3, 4-6, 0-6 で敗れたが第1セットを奪う健闘を見せた。

2014年4月のボゴタ大会では単複で決勝に進出しシングルスではエレナ・ヤンコビッチを 6–3, 6–4、ララ・アルアバレナと組んだダブルスでもバニア・キング&シャネル・シェパーズ組を 7–6(5), 6–4 で破りツアー初優勝を果たした。2014年ウィンブルドン選手権では1回戦で第14シードのサラ・エラニを 2-6, 7-6 (3), 7-5 で破り3回戦まで進出した。

2015年は全豪オープンで3回戦まで進出した。

2016年全仏オープンではクリスティナ・ムラデノビッチと組んだダブルスで決勝に進出した。決勝ではエカテリーナ・マカロワ&エレーナ・ベスニナ組を 6–3, 2–6, 6–4で破りツアー初の4大大会タイトルを獲得した。8月のリオ五輪で初めてのオリンピックに出場した。シングルスでは2回戦でイギリスのジョアンナ・コンタに 2-6, 3-6 で、ムラデノビッチとのダブルスでは初戦で日本の土居美咲&穂積絵莉組に 0-6, 6-0, 4-6 で敗退した。全米オープンではダブルス決勝でベサニー・マテック=サンズ&ルーシー・サファロバ組に 6–2, 6–7(5), 4–6 で敗れ準優勝となった。

2017年は全仏オープンでは第28シードから4大大会初のシングルスベスト8に進出した。準々決勝ではカロリナ・プリスコバに 6-7, 4-6 で敗れた。ウィンブルドンでは4回戦に進出した。終盤の武漢オープンチャイナ・オープンで2週連続優勝を記録。10月9日付のランキングで9位となりトップ10入りを果たし、レースランキングでも8位に浮上する。その後WTAファイナルズの出場権を争っていたジョアンナ・コンタが逆転する可能性が無くなった為、シングルスでのWTAファイナルズ初出場が決まった[1]。ラウンドロビンを2勝1敗で準決勝に進出しビーナス・ウィリアムズに 7-6(3), 2-6, 3-6 で敗れた。

2018年は4大大会では、全豪オープン全仏オープンで4回戦に進出。ウィンブルドンでは1回戦でベリンダ・ベンチッチに敗れ、全米オープンでは、3回戦でカルラ・スアレス・ナバロに 7-5, 4-6, 6-7(4) で敗れた。9月10日にシングルス自己最高位となる4位を記録している。

WTAツアー決勝進出結果編集

シングルス: 9回 (7勝3敗)編集

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
優勝 1. 2014年4月13日   ボゴタ クレー   エレナ・ヤンコビッチ 6–3, 6–4
準優勝 1. 2015年2月28日   アカプルコ ハード   ティメア・バシンスキー 3–6, 0–6
準優勝 2. 2015年3月8日   モンテレイ ハード   ティメア・バシンスキー 6–4, 2–6, 4–6
優勝 2. 2016年5月21日   ストラスブール クレー   ミリヤナ・ルチッチ=バロニ 6–4, 6–1
優勝 3. 2016年6月19日   マヨルカ   アナスタシヤ・セバストワ 6–3, 6–4
優勝 4. 2017年10月1日   武漢 ハード   アシュリー・バーティ 6–7(3), 7–6(4), 6–2
優勝 5. 2017年10月8日   北京 ハード   シモナ・ハレプ 6–4, 7–6(3)
優勝 6. 2018年10月14日   天津 ハード   カロリナ・プリスコバ 7–6(7), 6–3
準優勝 3. 2019年5月25日   ストラスブール クレー   ダヤナ・ヤストレムスカ 4–6, 7–5, 6–7(3)
優勝 7. 2019年6月16日   ノッティンガム   ドナ・ベキッチ 2–6, 7–6(4), 7–6(4)

ダブルス: 16回 (6勝10敗)編集

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
優勝 1. 2014年4月13日   ボゴタ クレー   ララ・アルアバレナ   バニア・キング
  シャネル・シェパーズ
7–6(5), 6–4
準優勝 1. 2014年9月27日   武漢 ハード   カーラ・ブラック   マルチナ・ヒンギス
  フラビア・ペンネッタ
4–6, 7–5, [10–12]
準優勝 2. 2014年10月12日   リンツ ハード
(室内)
  アニカ・ベック   ラルカ・オラル
  アンナ・タチシビリ
2–6, 1–6
準優勝 3. 2014年10月18日   モスクワ ハード
(室内)
  アランチャ・パラ・サントンハ   マルチナ・ヒンギス
  フラビア・ペンネッタ
3–6, 5–7
準優勝 4. 2015年1月10日   ブリスベン ハード   カタリナ・スレボトニク   マルチナ・ヒンギス
  ザビーネ・リシキ
2–6, 5–7
準優勝 5. 2015年4月26日   シュトゥットガルト クレー   カタリナ・スレボトニク   ベサニー・マテック=サンズ
  ルーシー・サファロバ
4–6, 3–6
優勝 2. 2015年6月27日   イーストボーン   カタリナ・スレボトニク   詹詠然
  鄭潔
7–6(5), 6–2
準優勝 6. 2015年8月16日   トロント ハード   カタリナ・スレボトニク   ベサニー・マテック=サンズ
  ルーシー・サファロバ
1–6, 2–6
準優勝 7. 2016年1月15日   シドニー ハード   クリスティナ・ムラデノビッチ   マルチナ・ヒンギス
  サニア・ミルザ
6–1, 5–7, [5–10]
準優勝 8. 2016年2月20日   ドバイ ハード   クリスティナ・ムラデノビッチ   荘佳容
  ダリヤ・ユラク
4–6, 4–6
優勝 3. 2016年4月10日   チャールストン クレー   クリスティナ・ムラデノビッチ   ベサニー・マテック=サンズ
  ルーシー・サファロバ
6–2, 7–5
優勝 4. 2016年4月24日   シュトゥットガルト クレー   クリスティナ・ムラデノビッチ   マルチナ・ヒンギス
  サニア・ミルザ
2–6, 6–1,[10–6]
優勝 5. 2016年5月7日   マドリード クレー   クリスティナ・ムラデノビッチ   マルチナ・ヒンギス
  サニア・ミルザ
6–4, 6–4
優勝 6. 2016年6月5日   全仏オープン クレー   クリスティナ・ムラデノビッチ   エカテリーナ・マカロワ
  エレーナ・ベスニナ
6–3, 2–6, 6–4
準優勝 9. 2016年9月11日   全米オープン ハード   クリスティナ・ムラデノビッチ   ベサニー・マテック=サンズ
  ルーシー・サファロバ
6–2, 7–6(5–7), 4–6
準優勝 10. 2016年10月9日   北京 ハード   クリスティナ・ムラデノビッチ   ベサニー・マテック=サンズ
  ルーシー・サファロバ
4–6, 4–6

4大大会シングルス成績編集

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 通算成績
全豪オープン A 2R LQ 1R 1R 3R 1R 3R 4R 3R 10–8
全仏オープン LQ 2R 1R 2R 1R 1R 2R QF 4R 2R 11–9
ウィンブルドン A LQ LQ 2R 3R 1R 2R 4R 1R 1R 7–7
全米オープン A LQ LQ 2R 1R 1R 3R 3R 3R 7–6

脚注編集

  1. ^ WTAファイナルズの全出場者が決定”. THE TENNIS DAILY. 2017年10月13日閲覧。

外部リンク編集