メインメニューを開く

キャンドルの瞳」(キャンドルのひとみ)は、吉川晃司1986年1月1日にリリースした7枚目のシングルである。

キャンドルの瞳
吉川晃司シングル
初出アルバム『MODERN TIME
B面 「奪われたWink」
リリース
規格 7インチレコード
ジャンル ロック
レーベル SMSレコード
作詞・作曲 作詞:安藤秀樹
作曲:原田真二
チャート最高順位
吉川晃司 シングル 年表
RAIN-DANCEがきこえる
(1985年)
キャンドルの瞳
(1986年)
MODERN TIME
(1986年)
MODERN TIME 収録曲
A面
  1. 「Mis Fit」
  2. キャンドルの瞳
  3. Modern Time
  4. 「MISS COOL」
  5. 「Drive 夜の終わりに」
B面
  1. 「選ばれた夜」
  2. 「BODY WINK」
  3. ナーバス ビーナス
  4. 「サイケデリックHIP」
  5. 「ロスト チャイルド」
テンプレートを表示

解説編集

  • 吉川晃司の第7弾シングルであり、4枚目のアルバム『MODERN TIME』(1986年)の先行シングルとして発売された。同日にリリースされた新田恵利の「冬のオペラグラス」に首位を阻まれ、オリコン最高順位は2位であった。
  • この曲でテレビに出演した際、長髪の付け毛をつけ、顔半分だけ派手な化粧をして登場したりしていた。また、曲中ではバックバンドPaPaとともに、左右にステップを踏む独特の振り付けを披露している。
  • 1986年8月に都有3号地(現:東京都庁)で豪雨の中行われたBOØWYの野外ライブにゲスト参加し、メンバーのギタリスト布袋寅泰の演奏のもと、この楽曲と「No No サーキュレーション」が披露された。このライブの模様はNHKで中継され、映像記録として残ってはいるが、吉川出演部分のカットは現在まで映像作品やライブ・アルバムなどに収録されたことはない。
  • カップリングの「奪われたWink」は、後に親友となる岡村靖幸からの提供曲。当時の二人はあまり親交がなく、提供した楽曲がB面扱いで発売されると知った岡村は吉川と会ったときに、「吉川君、あのさ…」と苦言を呈したそうである。
  • CD音源は、ソロ活動休止前の1988年12月に再発売された8センチCD盤と、限定販売のアルバム『B-SIDE+』にのみ収録されており、音源の入手は困難となっている。

リリース履歴編集

No. 日付 レーベル 規格 規格品番 最高順位 備考
1 1986年1月1日 SMSレコード EP SM07-247 2位
2 1988年12月16日 SMSレコード 8センチCD MD10-7 -

収録曲編集

  1. キャンドルの瞳
  2. 奪われたWink

収録アルバム編集

  • 奪われたWink

カバー作品編集