メインメニューを開く
加賀温泉駅前にあるキャンバスのバス停。バスの名称は「キャン・バス」と表記している。

キャンバス(CANBUS)[1]は、石川県加賀市で運行されている観光周遊バス。運行主体は加賀市などが出資する第三セクター「まちづくり加賀」で、加賀市に本社を置く日本海観光バスに運行を委託している。

なお、バスの名称は、公式のウェブサイトや車両ならびにバス停においてキャン・バス中黒を使用した表記となっている。

目次

概要編集

 
キャン・バス(日野・レインボーHR、加賀温泉駅前)
 
キャン・バス(いすゞ・エルガ、小松空港)

2000年8月1日に、加賀商工会議所が主体となって、JR加賀温泉駅を基点とし加賀市内の観光施設18か所を1周2時間で結ぶ路線を試験運行したのが始まりで[2]、1日2便を無料で運行を開始した。当初は、通商産業省(当時)による「先進的商店街活性化事業」の一環で利用状況を調査するために運行を実施。翌月の9月15日からは有料による運行を実施し、翌年の2001年4月からは加賀市内の企業27社が出資して設立された「まちづくり加賀」に運行主体を変更して本格運行を開始した。キャンバスの名前には、「絵を描く」というキャンバスと可能性があるという意味の「CAN」が込められており、商標登録もされている。[2]

路線は片山津温泉加賀橋立などの海側を走る「海まわりルート」、山代温泉山中温泉などの山側を走る「山まわりルート」が運行されている。2012年4月14日からは新たに小松空港を結ぶ「小松空港線」の運行を開始した[3]

沿革編集

  • 2000年8月1日 - 加賀商工会議所が運行主体となり、1日2便による無料運行を開始。
  • 2000年9月15日 - 1日500円による有料運行を開始。日本海観光バスと加賀温泉バスの小型バス3台で運用。
  • 2001年4月 - 運行主体を「まちづくり加賀」に変更、大型バス1台を増車して本格運行を開始。同時に運賃を1日700円に改定。
  • 2007年1月1日 - 運行ルートを「山まわりルート」と「海まわりルート」に分割、運賃を1日1000円に改定[4]
  • 2008年5月1日 - 加賀温泉バスの一部路線廃止に伴い、「JR大聖寺駅口」などのバス停を新設。
  • 2010年7月1日 - 山中温泉への乗り入れを開始、同時に運行委託先を日本海観光バスに一本化[5]
  • 2012年4月14日 - 小松空港線、山まわりルートの御菓子城加賀藩先行コースを開設。
  • 2018年12月1日 - 粟津温泉への乗り入れを開始。

路線編集

主要バス停のみ記載。路線はいずれも2019年時点で、特記のないものは「JR加賀温泉駅前・アビオシティ加賀」バス停発の時間。ダイヤなど詳細は、公式サイトを参照。

山まわりルート

運行時間:9時00分 - 16時20分、運行便数1日6便(そのうち5便は山中温泉経由。後述の加賀ゆめのゆ先行便を含む)。また、一部は小松市内を走行する(初便は通過)。

山まわりルート(加賀ゆめのゆ 先行)

運行時間:16時20分発で1日1本のみ。運行ルートは山まわりルートの逆となり、山中温泉を経由する。

海まわりルート

運行時間:8時40分 - 15時40分、運行便数1日7便。一部の便は加賀市医療センター - 加賀フルーツランド間、または、加賀フルーツランド - 加賀市医療センター間が無停車となる。その場合、加賀フルーツランドでバスを乗り継ぐことができる。また、福井県あわら市を走行する区間がある。

小松空港線(全バス停記載)

運行時間:9時10分 - 16時30分、運行便数1日5便。

  • JR加賀温泉駅前・アビオシティ加賀 - 片山津温泉一区 - 加賀片山津温泉 総湯 - 片山津温泉湯の元公園 - 片山津温泉西口 - 中谷宇吉郎雪の科学館(最終便は通過) - 小松空港

運賃・乗車券編集

区間乗車の運賃制を採用しておらず、当初は1日乗車券あるいは2日乗車券のみの取扱となっていた。乗車券は以下のとおり(2019年時点)。なお、2019年10月1日消費税の税率が改定されることに伴い、乗車券の料金も改定される予定となっている。

周遊乗車券
  • 1日乗車券:1000円、2日乗車券:1200円(幼児は半額)
空港アクセス券
  • 500円(小松空港線のみ)
セット券(企画乗車券)
  • ECO乗りクーポン バス&タクシー:800円
    • 2日間有効で、キャン・バス1乗車券、路線バス・タクシーの200円利用券、施設入場券・スイーツ券が各1枚セットになっている。
  • 加賀温泉郷パスポート(キャンバス乗車券セット):1500円
    • 2日間有効で、キャン・バスの2日乗車券と指定施設23か所で利用できる入場券3枚がセットになっている。

また、西日本旅客鉄道(JR西日本)の「金沢・加賀・能登ぐるりんパス」[6]東海旅客鉄道(JR東海)の「金沢・加賀・能登ぐるりんきっぷ」[7][8]でも乗車することができる。この場合、有効期間は3日となるが、利用時に「かえり券」と「キャン・バス(3日間用)引換券」を提示して、「キャン・バス周遊券(3日間用)」と引き換えとなる。なお、「金沢・加賀・能登ぐるりんパス」ならびに「金沢・加賀・能登ぐるりんきっぷ」は北陸地方では販売していない。

車両編集

車両には九谷焼の五彩の(バスでは水色)を各車両に使用している。2002年に第12回CSデザイン賞受賞。かつては加賀市内の風景やゆかりのある人物が描かれているラッピングバスが使用されていたが、車両の更新によりラッピングデザインから単色使用に変更されつつある。

運行開始当初は日野・リエッセ3台であったが[9]、現在は大型・中型バス4台で運行されている。また、各車両には乗務スタッフ(バスガイド)が同乗するツーマン運転であり、観光案内や乗車券販売などを行う。現行の車両は以下のとおり。

予備車として日野・リエッセやその他のバスで運行する場合がある。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 登録4515887”. J-PlatPat. 工業所有権情報・研修館. 2018年3月26日閲覧。
  2. ^ a b 北國新聞 2000年8月2日朝刊18面
  3. ^ 加賀周遊バス「キャンバス」 小松空港線新設 - 小松空港協議会
  4. ^ 北國新聞 2006年12月7日付朝刊29面
  5. ^ 北國新聞 2010年7月2日付朝刊29面
  6. ^ “「金沢・加賀・能登ぐるりんパス」を発売します!” (プレスリリース), 西日本旅客鉄道, (2015年2月26日), https://www.westjr.co.jp/press/article/2015/02/page_6875.html 2019年8月11日閲覧。 
  7. ^ “「金沢・加賀・能登ぐるりんきっぷ」の発売について” (PDF) (プレスリリース), 東海旅客鉄道, (2015年2月27日), https://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000025688.pdf 2019年8月11日閲覧。 
  8. ^ 金沢・加賀・能登ぐるりんきっぷ - 東海旅客鉄道
  9. ^ 北國新聞 2000年9月16日付朝刊22面

参考文献編集

  • 『観光の手引 2011』 - 石川県観光連盟(2011年)

関連項目編集

北陸地方の観光周遊バス

外部リンク編集