キャンパーダウンの海戦における戦闘序列

キャンパーダウンの海戦における戦闘序列(キャンパータウンのかいせんにおけるせんとうじょれつ)について述べる。

フィリップ・ジェイムズ・ド・ラウザーバーグの「キャンパーダウンの海戦」 (1799年)。


キャンパーダウンの海戦編集

キャンパーダウンの海戦フランス革命戦争中の1797年10月11日北ホラントカンペルデュインオランダ語版沖で、アダム・ダンカン提督率いるイギリス艦隊とヤン・ウィレム・デ・ウィンテル英語版提督率いるオランダ艦隊との間において行われた海戦である。フランス第一共和政は海戦の2年前にオランダ共和国へ侵攻し、バタヴィア共和国を樹立していた。1797年の初め、バタヴィア共和国海軍英語版の艦隊は、ブレストに集結しフランス大西洋艦隊と連合した上でアイルランドに侵攻せよとの命令を受け、準備を進めていた[1]。その後しばらくたって、給金と待遇の改善を求めて水兵がスピットヘッドとノアの反乱を起こしたことによりイギリス艦隊は機能不全に陥り[2]、2ヶ月もの間イギリス海峡を防衛する戦力が存在しない状態であった。しかし、侵攻作戦の準備がまだ完了していなかったオランダ艦隊は、反乱に参加しなかったダンカン率いる少数の戦隊が未知のイギリス艦隊が視界外に存在するかのように見せかけるためにでたらめの信号を送り続けたことも影響して、根拠地であるテセルから出港することはなかった[3]

1797年の10月までにアイルランドへの侵攻計画は中止された。イギリス北海艦隊は再び戦力を回復した。艦隊がグレート・ヤーマスにて補給を受けていた10月10日、ダンカンの元にオランダ艦隊が出撃したとの情報が入り、これを受けてイギリス艦隊はオランダ沖へと向かったところ、テセルへと帰還するデ・ウィンテルの艦隊と会敵した[4]。沿岸域の浅瀬にオランダ艦隊は単縦陣を組んでこれを迎撃しようとしたが、イギリス艦隊は陣形に乱れが生じていた。そのためイギリス艦隊は二つの集団に分かれてしまったが、結果的にオランダ艦隊の前衛英語版後衛英語版を各個撃破する形となり[5]、オランダ艦隊を圧倒。デ・ウィンテル提督の旗艦フレイヘイト英語版を含む11隻のオランダ艦船を鹵獲した[6]。しかし、帰路に於いて鹵獲した艦船の内3隻を失い、残った戦利艦も現役として使用に耐えうるものはなかった [7]。この戦闘において双方とも多くの死傷者を出したが、これはオランダ艦隊とイギリス艦隊ともに敵の乗組員に最も損害を与えることのできる船体を狙うように訓練されていたことに起因する[8]

また、海戦の結果には双方の艦隊に蔓延していた社会的な不安も影響した。イギリス海軍では依然として続く反乱による多大な悪影響が生じていた。また、オランダ海軍の水兵はフランスの姉妹共和国としての自国の立場に不満を持っており、士官とは対照的に追放されたオラニエ=ナッサウ家を支持する者が多かった[9]。特にオランダ艦隊は長きにわたる海上封鎖により士気と練度が低下しており、結果として熟練度の高いイギリス艦隊の乗組員と比べて水夫や砲手の質が劣っていた[10]。加えて、オランダの艦船は水深の浅いオランダの沿岸を航行する必要性から喫水を浅くするために構造を弱く造られていたことにより、外洋での行動を前提としたイギリスの艦船と比べて、戦闘時に不利になってしまった[11]。ただ、オランダ戦列艦は砲弾一発当たりの重量においてイギリス艦隊よりも優れており、武装の充実したブリッグフリゲートも含めるとこの差が顕著に現れた。同時代のイギリスとは対照的にこれらの小型艦は積極的に戦闘で用いられ、戦列艦と戦列艦との間の隙間を埋める役割を果たした[12]

戦闘序列編集

以下の表では先頭艦から順に艦船を並べている。死傷者数の欄は出来るだけ確実なものを表記した。 (戦闘の性質上、オランダ側の損失は正確に数えるのが難しい。) 戦死又は戦傷死した士官については名前の後に「 」を記している。砲門数の欄については、カロネード砲は伝統的にイギリス海軍の等級制度では戦列艦の等級を分類する時に砲門数に含めなかったため[13]、実際の砲門数は表中のものよりも多い可能性がある。

  •       * 紫色は戦闘中に鹵獲された艦を示す。

イギリス艦隊編集

ダンカン提督艦隊[14][15]
艦名 戦列艦の等級 砲門数 指揮官 死傷者数 備考
戦死 負傷 合計
風上側の戦列
トライアンフ (: Triumph) 3等艦 74門 ウィリアム・エシントン英語版大佐
29
55
84
船体とマストに損傷、10門の砲が破壊された。
ヴェネラブル (: Venerable) 3等艦 74門 アダム・ダンカン大将
ウィリアム・ジョージ・フェアファックス英語版大佐
15
62
77
船体とマストに極めて重大な損傷。
アーデント英語版 (: Ardent) 3等艦 64門 リチャード・ランドル・バージェズ英語版大佐  
41
107
148
船体とマストに極めて重大な損傷。
ベッドフォード (: Bedford) 3等艦 74門 サー・トーマス・バイアード英語版大佐
30
41
71
船体と索具に重大な損傷。
ランカスター英語版 (: Lancaster) 3等艦 64門 ジョン・ウェルズ大佐
3
18
21
損傷は軽微。
ベリクー (: Belliqueux) 3等艦 64門 ジョン・イングリス英語版大佐
25
78
103
船体と索具に重大な損傷。
アダマント英語版 (: Adamant) 4等艦 50門 ウィリアム・ホサム英語版大佐
0
0
0
損害なし。
アイシス英語版 (: Isis) 4等艦 50門 ウィリアム・ミッチェル英語版大佐
2
21
23
損傷は軽微。
サース英語版 (: Circe) 6等艦 28門 サー・ピーター・ハルケット英語版大佐
0
0
0
戦闘に参加せず。
風下側の戦列
ラッセル (: Russell) 3等艦 74門 ヘンリー・トロロープ大佐
0
7
7
損傷は軽微。
ディレクター英語版 (: Director) 3等艦 64門 ウィリアム・ブライ大佐
0
7
7
マストと索具が損傷。
モンタギュー (: Montagu) 3等艦 74門 ジョン・ナイト英語版大佐
3
5
8
損傷は軽微。
ヴェテラン英語版 (: Veteran) 3等艦 64門 ジョージ・グレゴリー大佐
4
21
25
3門の砲が破壊されるも、損傷は軽微。
モナーク (: Monarch) 3等艦 74門 サー・リチャード・オンスロー英語版中将
エドワード・オブライエン英語版大佐
36
100
136
船体とマストに極めて重大な損傷。
パワフル (: Powerful) 3等艦 74門 ウィリアム・オブライエン・ドルリー英語版大佐
10
78
88
船体とマストに重大な損傷。
モンマス英語版 (: Monmouth) 3等艦 64門 ジェームズ・ウォーカー英語版大佐
5
22
27
損傷は軽微。
アジンコート英語版 (: Agincourt) 3等艦 64門 ジョン・ウィリアムソン大佐
0
0
0
損傷は極めて軽微。
ボーリュー (: Beaulieu) 5等艦 40門 フランシス・ファイエルマン大佐
0
0
0
損害なし。
小型艦
マーティン英語版 (: Martin) スループ 16門 チャールズ・バジェット英語版中佐
0
0
0
戦闘に参加せず。
ローズ英語版 (: Rose) カッター 10門 ジョセフ・ブロディー大尉
0
0
0
戦闘に参加せず。
キング・ジョージ英語版 (: King George) カッター 12門 ジェームズ・レインズ大尉
0
0
0
戦闘に参加せず。
アクティブ英語版 (: Active) カッター 12門 J・ハミルトン大尉
0
0
0
戦闘に参加せず。
ディリジェント英語版 (: Diligent) カッター 6門 T・ドーソン大尉
0
0
0
戦闘に参加せず。
スペキュレーター (: Speculator) ラガー英語版 8門 H・ヘイルズ大尉
0
0
0
戦闘に参加せず。
死傷者数合計: 戦死203、負傷622

バタヴィア共和国艦隊編集

デ・ウィンテル提督艦隊[14][16]
戦列 (単縦陣)
艦名 戦列艦の等級 砲門数 指揮官 死傷者数 備考
戦死 負傷 合計
ヘレイクヘイト英語版 (: Gelijkheid) * 3等艦 68門 H・A・ルエイス大佐 戦死40[17] 重大な損傷を受け、マストを喪失したとみられる。 15時10分に捕獲され、ゲリクヘイド (: Gelykheid) と改名された後、イギリス海軍に編入。
ベッシェルマー英語版 (: Beschermer) 4等艦 56門 ドーイッツェ・エールケス・ヒンクスト英語版大佐   不明 損傷は軽微。
ヘルクレス英語版 (: Hercules) * 3等艦 64門 ルエイソールト中佐 不明 船体に極めて重大な損傷を受け、炎上。ミズンマストを喪失。捕獲され、デルフト (: Delft) と改名された後、イギリス海軍に編入。
アドミラール・チェリク・ヒッデス・デ・フリース英語版 (: Admiraal Tjerk Hiddes De Vries) * 3等艦 68門 J・B・ゼーヘルス大佐 不明 重大な損傷を受け、マストを喪失したとみられる。15時に捕獲され、デヴリーズ (: Devries) と改名された後、イギリス海軍に編入。
フレイヘイト英語版 (: Vrijheid) * 3等艦 74門 ヤン・ウィレム・デ・ウィンテル英語版中将
L・W・ファン・ロッサム中佐  
58 98 156[17] 船体に極めて重大な損傷を受け、マストを喪失。15時15分に捕獲され、ヴリヘイド (: Vryheid) と改名された後、イギリス海軍に編入。
スターテン・ヘネラール英語版 (: Staaten Generaal) 3等艦 74門 サムエル・ストーリ英語版少将 20 40 60[18] 船体に重大な損傷、マストと索具に軽微な損傷。
ヴァッセナール英語版 (: Wassenaar) * 3等艦 64門 A・ホラント中佐   不明 損傷を受け、捕獲された。ワッセナー (: Wassenaer) と改名された後、イギリス海軍に編入。
バタヴィア英語版 (: Batavier) 4等艦 56門 サウテル中佐 不明 損傷は軽微。
ブルートゥス英語版 (: Brutus) 3等艦 74門 ヨハン・アーノルド・ブロイス・ファン・トレスロング英語版少将
ポルデルス代将
10 50 60[18] 損傷は軽微。
レエイデン (: Leijden) 3等艦 68門 J・D・ミュスクェティール中佐 不明 損傷は軽微。
マルス (: Mars) 5等艦レイジー 44門 D・H・コルフ中佐 1 14 15[18] ミズンマスト喪失。
ケルブルス (: Cerberus) 3等艦 68門 ヤコブセン中佐 5 9 14[18] 損傷は軽微。
ユピテル (: Jupiter) * 3等艦 72門 ヘルマヌス・レエインチェス少将   戦死61[17] 船体と索具に深刻な損傷、メインマストとミズンマスト喪失。13時45分に捕獲され、キャンパーダウン (: Camperdown)と改名された後、イギリス海軍に編入。
ハールレム (: Haarlem) * 3等艦 68門 O・ヴィッヘルツ大佐 死傷者多数 船体に深刻な損傷を受け、ミズンマスト喪失。13時15分に捕獲され、ハーレム (: Haerlem) と改名された後、イギリス海軍に編入。
アルクマール (: Alkmaar) * 4等艦 56門 J・W・クラフト大佐 26 62 82[18] 船体に深刻な損傷を受け、戦闘終了直後にマストを喪失。14時30分に捕獲され、アルクマー (: Alkmaar) と改名された後、イギリス海軍に編入。
デルフト英語版 (: Delft) * 4等艦 56門 ゲルリト・フェルドーレン・ファン・アスペレン英語版大佐 43 76 119[17] 船体に深刻な損傷を受け、14時15分に捕獲された。イギリスへ回航中に沈没し、34名が死亡[19]
フリゲート戦列
アタランテ (: Atalante) ブリッグ 18門 B・プレッツ中佐 不明
ヘルディン (: Heldin) 5等艦 32門 ヨハン・フェルディナンド・デュメスニル・デ・レストリーレ中佐 不明
ハラテー (: Galathée) ブリッグ 18門 リヴェレイ中佐 不明
ミネルヴァ (: Minerva) 6等艦 24門 エーイルブラハト中佐 不明
アジャックス (: Ajax) ブリッグ 18門 アルケンバウト大尉 不明
ワークザームヘイト (: Waakzaamheid) 6等艦 24門 メインデルト・ファン・ニーロプ中佐 不明
アムビュスカーデ (: Ambuscade) * 5等艦 36門 J・ヒュエイス中佐 不明 捕獲されるもオランダ沿岸で座礁、オランダ側が奪還。
ダフネー (: Daphné) ブリッグ 18門 フレデリクス大尉 不明 重大な損傷。
モニケンダム (: Monnikkendam) * 5等艦 44門 トマス・ランケステル中佐 戦死50[17] 重大な損傷を受け14時に捕獲されたが、その後オランダ沿岸にて難破。
ハーシェ (: Haasje) 通報艦 6門 ハルティングフェルト大尉 不明
死傷者数合計: 戦死540、負傷620

出典編集

  1. ^ Pakenham, p. 29
  2. ^ Gardiner, p. 165
  3. ^ Clowes, p. 325
  4. ^ Clowes, p. 326
  5. ^ Lloyd, p. 139
  6. ^ Padfield, p. 103
  7. ^ Clowes, p. 331
  8. ^ James, p. 71
  9. ^ Lloyd, p. 128
  10. ^ Padfield, p. 99
  11. ^ Gardiner, p. 179
  12. ^ James, p. 74
  13. ^ James, Vol. 1, p. 32
  14. ^ a b Clowes, p. 326
  15. ^ James, p. 380
  16. ^ James, p. 381, Lloyd, pp. 145–150
  17. ^ a b c d e Clowes, p. 330
  18. ^ a b c d e James, p. 381
  19. ^ James, p. 76

参考文献編集

  • Clowes, William Laird (1997). The Royal Navy, A History from the Earliest Times to 1900, Volume IV. Chatham Publishing. ISBN 1-86176-013-2 
  • Gardiner, Robert (2001). Fleet Battle and Blockade. Caxton Editions. ISBN 1-84067-363-X 
  • James, William (2002). The Naval History of Great Britain, Volume 2, 1797–1799. Conway Maritime Press. ISBN 0-85177-906-9 
  • Lloyd, Christopher (1963). St Vincent & Camperdown. London: B. T. Batsford Ltd 
  • Padfield, Peter (2000). Nelson's War. Wordsworth Military Library. ISBN 1-84022-225-5 
  • Pakenham, Thomas (2000). The Year of Liberty: The Story of the Great Irish Rebellion of 1798. London: Abacus. ISBN 978-0-349-11252-7