メインメニューを開く
近代的なキャンプを始めた人物として名が挙げられることがあるThomas Hiram Holding(1844 – 1930)がキャンプをしている様子。ロープと二本の棒と布で雨よけの三角屋根を作り調理道具を持参。
でテントを設営して行うキャンプ(ウェストバージニア、2007年)
冬季のキャンプ(スウェーデンにて)雪の上にテントを設営している。
空の下でのキャンピング(カリフォルニア州デスヴァレー国立公園、2012年)
樹木にハンモックと 露よけ用タープを張るキャンプ

キャンプ: camping)とは、野外で一時的な生活をすること[1]野営露営宿営ともいう。

目次

概説編集

キャンプは、野外での一時的な生活を指している。ラテン語の「campus カンプス」、フランス語の「champ シャン」は「野」を意味し、英語のcampやcampingも同系統の語である。

現在では、「キャンプ」と言うと、その多くがテントや即席の小屋状構造物での滞在を指すことが多いが、実際には特に限定はなく、岩窟などの自然地形や簡単なツェルトなどでのビバーク、積雪期に雪洞を掘るなど、広義には野(野外、屋外)で一時的に生活することを指す[1]

英語のcampの意味では野営以外に「兵役」「陣営」「陣取る」などの意味があり、野営はしないがコンサートや同じ目的で人々が集う事を「キャンプ」と称することがある。プロ野球のキャンプもそう呼ばれる(「キャンプ (日本プロ野球)」を参照)。

キャンプは特に自然の中で活動するからこそ大きな効能がもたらされる、と考えられている。人為的・作為的な空間であり一種の保護装置と化してしまった都市から離れた大自然の中での生活は都市での日常行動を打ち破る創造的行動が要求され、また自然と接するうちにその美しさや厳しさを知ることもできる[1]。またキャンプの一連の活動の中で登山・釣り・水泳などの活動をするうちに知らず知らずのうちに身体を鍛えることもできる[1]

歴史編集

人類の野外生活の歴史編集

 
北アメリカ、Siksikaインディアンのティピー群(モンタナ州
 
米国の開拓者たちは幌馬車に生活道具を積み込んいた。
 
ハワイのマウナロア山における探検隊のキャンプ(1841年、隊所属の画家が描いたもの)

人類学などでは、もともと人類のほとんどは狩猟採集生活を送っていた、としている。太古の時代は、狩猟・採集をしつつ移動したり、また遊牧をする人々(遊牧民)の割合が大きかったことが知られている。

ローマ帝国の軍人たちは遠方の戦地に向かい、数か月から数年の間、そこで滞在しつつ様々な軍事行動を行った。彼らは木の棒を立て、そこに布(や皮)を張るテントを使用していたらしいことが遺物などによって判っている。

北米の原住民(インディアン)たちのうち平原で移動生活を行うものたちはティピーを張り、その中で生活をしていた。

モンゴル人ゲルを用いて遊牧生活を送っていた。ゲルは移動式でありながら、かなり大掛かりで本格的な住居できわめて快適な住環境をもたらす。こうして自然の中で自在に移動しつつ生活することができた。

欧米では近代化が進むにつれ、都市部の人工的な環境で生活する人口の割合が増えた。

近・現代のキャンピングの誕生編集

19世紀後半になると、野外で生活することに教育的な意味を認め、一定のプログラムのもとで集団生活が行われるようになった[1]。かつて人類の大半が経験していた野外での生活を、近代産業社会の中で再体験するものとして現代流のキャンプは誕生した[1]1861年に米国コネティカット州ガナリーにおいてFrederick William Gunn フレデリック・ウィリアム・ガンが子供たちを集めて学校キャンプを行ったことが、現代流のキャンプの始まりである、と言われている[1]。1881年にはニューヨーク、ブルックリンYMCAでもキャンプが行われるようになり、これがF.ダドリーに継承されて非常に盛んになった。1896年にはヨーロッパはドイツのベルリンからワンダーフォーゲル運動(渡り鳥運動)によってキャンプ活動は普及した[1]

ギャラリー編集

日本における歴史編集

日本では縄文時代の住人の大半が狩猟採集生活を行っていたと考えられている。その後、弥生時代になり定住して農業を行う生活が広まり、また奈良・平安時代以降は都が造営され、都市生活者の割合が増えた。 江戸時代には、旅人は大きな油紙を持参し、山中で日没を迎えた場合には、樹木の下などでそれにくるまって雨露ををしのいだとも言われている。

明治時代は西洋諸国の諸制度を取り入れる一環として多くの西洋スポーツが輸入された。キャンプもそのひとつとして紹介され、教育活動として推進されるようになった[1]1894年に刊行された志賀重昂による『日本風景論』中、「登山の氣風を興作すべし」として「山中に露宿する方法及び注意、山中の茵褥、露宿の際の着衣」を図解し、実践する者が急増した。1907年に、学習院の院長になった乃木希典は夏期に行われていた遊泳演習にキャンプを取り入れ、3週間にわたり160人の学生とキャンプ生活を行った。1922年にYMCAが日光中禅寺湖の湖畔で中等学生のための組織キャンプを行ったことだという[1]。第二次世界大戦が終結すると、は学校キャンプが盛んになった。民間団体や行政組織によるキャンプ推進も盛んに行われ、1965年には日本キャンプ協会が設立されキャンプに関する啓蒙活動を行うようになった[1]

キャンプのマナー編集

キャンプは窮屈な都市生活から離れ、開放的な気分になりやすい。キャンプの中で個人的に楽しんだり、自己を磨いたりすることはそれはそれでよいのだが、その前に、次のような基本的なマナーが強調されなければならない、と徳久球雄は指摘した[1]

  • 他人の迷惑になるようなことは控える[1]
  • 協同生活における自分の責任を果たす[1]
  • 自然を汚さない[1]

大自然の中で生活をすることで、人類の生活を本当にささえている巨大な仕組みに徐々に気づくにつれ、やがて人間は謙虚な思いを抱くようになるものであるが、こうした謙虚な思いをキャンプのマナーの基本に据えるべきだと徳久は指摘した[1]

キャンプの種類編集

組織キャンプ / 個人キャンプ・家族キャンプ編集

 
ジャンボリー(=国際的に行われるボーイスカウトのキャンプ大会)の参加者たち。

世界大百科事典では、キャンプには組織的なキャンプと、個人的・家庭的なキャンプがある、としている[1]

組織キャンプ編集

一定の目標のもとに意図的に組織された集団が、一定のプログラムのもとに野外で協同生活するものである[1]学校が教育活動の一環として行っているキャンプ(学校キャンプ)、ボーイスカウトなどが行うキャンプ(団体キャンプ)、YMCAYWCAなどのような組織が宗教的行事を盛り込んで行うキャンプ(宗教キャンプ)、学者の集団などが調査のために行うキャンプ(調査キャンプ)、スポーツ団体が行うキャンプなどもある(「スポーツ合宿」などとも)。小さいものでは数人から、大規模では数百から数千人で行われているものもある[1]。 年齢層は多岐にわたる。青少年を対象としている場合は、困難などを乗り越えることによって、一人一人の人間的な成長を助ける場するための活動と捉えられている。

個人キャンプ・家族キャンプ編集

個人あるいは家族・親類・友人・知人などが少人数集まって野外でキャンプを行うものである[1]

登山に伴う個人的なキャンプ生活が、個人キャンプのひとつの起源だとも考えられる[1]。20世紀後半になると、野外生活を行う部分がそれ自体で独立してリクリエーション」と認識されるようになり、欧米で急速にキャンプ場の建設が進み家族でキャンプを楽しむことが普及した[1]

登山中のキャンプ編集

 
日本の北岳の北岳山荘の前にて。2007年

登山やツーリング中の野外の生活。素早いの設営・撤収が重視され、道具の総重量や点数などがかなり制限される。小型化・軽量化されたテント、コンロストーブ)類などを使うことが多い。

都会の人工的な環境に囲まれた日常生活から離れて、大自然の中で過ごすあり方を実感することに魅力を見出した登山家やツーリングの実行者の間で行なわれていた。 一般人には馴染みの薄いものであったが、やがてその魅力が次第に知られ、広く行なわれるようになった。

リクリエーション目的のキャンプ編集

 
キャンプ場でのキャンプ
(北海道斜里町の国設知床野営場

上述のようないきさつで、リクリエーションとしてのキャンプが増えた。ために、自然の中でゆったりと生活を送り、心の保養を行う。特に決まった形式はない。

現代人の多くは、本格的な野外生活の知識がなく、様々な設備(整地されたテント張り場、人工的な水道、コンクリート製のシンクや炊事場、人工的なトイレ 等々)があらかじめ用意してあるキャンプ場で行うことが多い。

協同で焚き火調理バーベキューを行い、森林浴植物昆虫や小動物の観察釣り天体観測をしたりする。

整備されたキャンプ場は水道トイレ商用電源などが用意され、なかには調理器具やテントの貸し出しも行っているものもあり、必要な道具に関する知識もない初心者や女性でもとりあえず利用できるようになっている[† 1]。キャンプがこれほどまでに大衆化したのには、人工的なキャンプ場の数が増えたことが貢献している。

様々なカテゴリ編集

 
枝と缶を用いた湯沸しの例

キャンプは、様々な楽しみ方をされており、各人各様で千差万別である。

デイキャンプ
日中だけ行うキャンプ。野外で日中に炊飯調理を協同で行う、河原でバーベキューなどを行うなど。
 
カヌーでリバーツーリングをしつつ行うキャンプ。
ツーリングキャンプ
キャンプツーリングともいう。オートバイ自転車(やカヌー)でツーリングを行う途次、キャンプを行う。またはキャンプを目的の一つとしたツーリング。積載量が限られるため、小型のテントやタープが使われる。
 
オートキャンプ
オートキャンプ
狭義では自動車がキャンプ場の中まで乗り入れ、車のすぐ横にテントやタープなどを張るキャンプ。オートキャンプ場はテントサイトひとつひとつに駐車スペースがついて1区画になっている。あるいは、車自体で寝泊まりする、いわゆるキャンピングカーキャンピングトレーラーによるキャンプ。日本では1990年代に大ブーム[2]になり、家族一緒のキャンプ(いわゆるファミリーキャンプ)が人気になった。
広義では交通手段として車を使うだけのキャンプも指す。
グランピング
2015年頃から日本にも上陸してきた新たなスタイルのキャンプ。2015年にはソーシャルネットワークサービスのinstagram検索ワードランキングで『グランピング』が1位になった。「glamping グランピング」とは、glamorousとcampingの合成語で、絶景を楽しみながら高級ホテル並のサービスが受けられる施設、企業を指す(別名:luxury camping(豪華キャンピング))。元々は英国人がアフリカでハンティングを楽しむ際、泊まる場所がなかったので家の家具をそのまま持ってきたのが始まりである。参加者は通常のキャンプと違いテントを設営することも料理を作ることもなく、テント泊を楽しめることから、キャンプ道具を持っていない層や手軽にキャンプを楽しみたい層から人気だが、それらがキャンプ本来の楽しみと考えている層からは疑問視されることもある。テントはあらかじめキャンプ場に設置してある場合や、Circus Outdoorのように移動しながら絶景を探し短い期間開催されるスタイルも存在する。テントの中にベッド、洗面所、ヒーターなどがついていて[† 2]

キャンプ場の種類編集

 
キャンプ場(スペイン北部、1994年)

もともとキャンプ場に分類があったわけではないが、「オートキャンプ場」が登場してから、それを意識した分類がされるようになった。

一般のキャンプ場
現在「オートキャンプ場」とあえて謳っていないところは、テント脇までの自動車の乗り入れはできないことが一般的である。通常はテントを張る場所から離れた場外に駐車場が設置されている。バイクについては、キャンプ場ごとに細かい規則は異なる。自転車ならばテント脇まで乗り入れができる場合もある。自動車という人工的で騒音や排気ガスを出す機械から離れられるメリットがある。
オートキャンプ場
自動車をテントサイト(テントのすぐ脇)まで乗り入れられる。テントを張る場所まで荷物を運搬するという大きな手間がほぼ省ける。
大人のキャンプ場
米国などで "Adult" と看板に表示してあるもの(すなわち、子供染みた行動を取る者を入れないキャンプ場)。マナー違反を行なうキャンパーを入れないようにした、静かに過ごせることを前面に打ち出しているもの。

主なキャンプ用具編集

 
リュックから取り出したキャンプ道具一式の例。左上のオレンジ色のものは、登山で使える軽量でコンパクトに折りたためるマットレス。その右下は寝袋。
 
ビーチサイドでのキャンプ

キャンプのタイプによってキャンプ用具は異なってくる。

対比のために、登山のキャンプとオートキャンプでの道具一式を挙げてみる。

自力で荷物を運び挙げる登山でのキャンプ装備

山用のキャンプ道具は、ひとつひとつが かなり軽量でコンパクトな作りになっており、また、登山経験者は道具の総点数も極力減らす。低地のキャンプに参加する場合は、山用の道具をそのまま流用することが多い。山用のキャンプ道具は登山用品店(専門店)などで販売されている。

平地の(オート)キャンプ場などでのキャンプ装備

平地のキャンプ場用の道具類は総じて、日常の住宅内での道具のように、大きくて重い。背負って長時間持ち運ぶのは困難で、低地用の道具を登山のキャンプに流用することは基本的にはできない。ホームセンターなど、さまざまな店舗で販売されている。

共通の道具

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 近傍にコンビニエンスストアスーパーがあることも多い。
  2. ^ 使われるテントの種類はグランピング事業者ごとにさまざまで、ユルト、ベルテント、ティピーウィグワムログハウスキャンピングカーキャンピングトレーラー、ジプシーキャラバンなどがある。テントとは別にキャビンなども用意されていてマッサージサービスを受けられるところまである。食べ物や飲み物もオーダーでき、シェフがいて好きな食べ物も注文できるグランピング事業者もある。電気や水道も使え、食器や家具もついている。

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 平凡社『世界大百科事典』vol.7、p.167-168『キャンプ』
  2. ^ 「トレーラーハウス等の規制のあり方に関する検討会」報告書 - OTO対策本部関係省庁連絡調整会議 トレーラーハウス等の規制のあり方に関する検討会、平成11年12月14日

関連項目編集

外部リンク編集