メインメニューを開く

キヤノンファインテックニスカ株式会社は、埼玉県三郷市に本社を置く、キヤノン関連の複写機プリンターなどを製造する企業である。2003年にキヤノンアプテックス株式会社とコピア株式会社が合併して誕生した。

キヤノンファインテックニスカ株式会社
Canon Finetech Nisca Inc.
Canon wordmark.svg
種類 株式会社
市場情報
東証1部 6421
2010年4月27日上場廃止
[1]
本社所在地 日本の旗 日本
341-8527
埼玉県三郷市中央一丁目14番地1
設立 1953年12月14日
業種 機械
法人番号 3030001039412
事業内容 複写機プリンター
代表者 代表取締役社長 吉武純一
資本金 34億5,139万6,000円
売上高 460億9300万円(2018年12月31日時点)[2]
営業利益 14億6000万円(2018年12月31日時点)[2]
経常利益 45億7300万円(2018年12月31日時点)[2]
純利益 47億0700万円(2018年12月31日時点)[2]
純資産 809億7600万円(2018年12月31日時点)[2]
総資産 954億0500万円(2018年12月31日時点)[2]
従業員数 単独 1,000名
連結 3,112名
決算期 12月31日
主要株主 キヤノン 100%[1]
外部リンク ftn.canon/ja/
特記事項:経営指標は2016年12月期
テンプレートを表示

概要編集

前身のひとつであるコピアは、1951年に世界初の卓上型湿式ジアゾ複写機を開発したことで知られる[3]。コピアというブランドは、現在もファミリーコピアミニーコピアとしてキヤノンの小型複写機のブランドに用いられている[4]

沿革編集

旧キヤノンアプテックス編集

旧コピア編集

  • 1923年 - 丸星商店創業。
  • 1945年 - 丸星機化工業株式会社設立。
  • 1951年 - 世界初の卓上型湿式ジアゾ複写機を開発。
  • 1961年 - コピア株式会社に商号変更。東京証券取引所2部上場。
  • 1979年 - キヤノン株式会社が資本参加。

キヤノンファインテック→キヤノンファインテックニスカ編集

  • 2003年 - キヤノンアプテックス株式会社とコピア株式会社が合併し、キヤノンファインテック株式会社に商号変更。
  • 2007年 - 埼玉県三郷市に本社移転。甲府事業所、三鷹事業所閉鎖。
  • 2008年 - 本店も埼玉県三郷市に移転。ニスカを完全子会社化。
  • 2010年 - キヤノンの完全子会社となる。
  • 2017年 - ニスカ株式会社を吸収合併し、キヤノンファインテックニスカ株式会社に商号変更。化成品事業(福井事業所)を会社分割し、福井キヤノンマテリアル株式会社とし、キヤノンの直接子会社とする[5]

事業所編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集