メインメニューを開く

キュストリン

ウィキメディアの曖昧さ回避ページ

キュストリンドイツ語: KüstrinまたはCüstrin、ポーランド語: Kostrzyn)は、第二次世界大戦終結までのドイツで、以前のプロイセン王国ブランデンブルク州英語版におけるオーデル川ヴァルタ川の合流点にあった町である。戦後、町を南北に流れるオーデル川で新しい国境線(オーデル・ナイセ線)が引かれたため、町のほとんどである東岸の地区はポーランド人民共和国コストシン・ナド・オドロンに、一部であった西岸の地区はドイツ民主共和国に分割された。