キューバの国家元首

ウィキメディアの一覧記事

現行のキューバの国家元首は、2019年2月の国民投票で可決し、4月に改正・施行された憲法に基づく「キューバ共和国大統領スペイン語: Presidente de la República de Cuba)」であり、1902年の独立から1976年まで存在していた同職を復活させたものである[1][2]。1976年から2019年までは、国家評議会スペイン語版英語版の議長たる国家評議会議長スペイン語: Presidente del Consejo de Estado)であった。

 キューバ共和国
大統領
Presidente de la República de Cuba
Flag of the President of Cuba.svg
大統領旗
Miguel Diaz Canel.jpg
現職者
ミゲル・ディアス=カネル(第15代)
Miguel Díaz-Canel

就任日 2019年10月10日
地位 キューバ共和国元首
種類 大統領
任命 人民権力全国会議
任期 5年
初代 トマス・エストラーダ・パルマ
創設 1902年5月20日
1976年12月2日(国家評議会議長)
2019年10月10日(大統領制の復活)
廃止 1976年12月2日(大統領)
2019年10月10日(国家評議会議長)

なお、国家評議会議長も大統領も、キューバの公用語であるスペイン語では「Presidente」の語が用いられている。1976年以前の大統領が単独で国家元首の機能を果たしていたのに対し、国家評議会議長は国家評議会という元首の機能を果たす合議体の長である点が異なっていた。

国家評議会議長(1976年~2019年)編集

選出編集

国家評議会は人民権力全国会議の機関であり(憲法89条)、人民権力全国会議の議員の中から、議長、第一副議長、5名の副議長、書記及びさらに23名のメンバーからなる国家評議会を選出する(憲法第74条)とされていた。

権限編集

社会主義国の元首はソビエト連邦最高会議幹部会議長中華人民共和国主席東ドイツ国家評議会議長のように元首としての権限自体は象徴的・儀礼的なものであることが多い(支配政党書記長総書記が実質的な国家の最高指導者であり、彼らが元首を兼務している場合でも権力の源泉は国家を指導する党の指導者であることが多い)が、1976年以降のキューバの元首である国家評議会議長は閣僚評議会議長首相)を兼務し(憲法第74条で「国家評議会議長は、国の長であり、政府の長である」と規定されている)、キューバ憲法第93条でも「国及び政府の総合的政策を指導する」「大臣又は中央行政機構を指揮する」「すべての軍隊最高指揮権を行使し及び全編成を決定する」など国家評議会議長の地位そのものに強大な権限が与えられていた[3]

共和国大統領(2019年~)編集

選出編集

人民権力全国会議の議員の中から選出され、任期は5年、再選は1度まで。立候補時の年齢は60歳までとされた(第121条)[1]

権限編集

国家評議会議長は首相職にあたる閣僚評議会議長を兼ねていたが、憲法改正後の大統領職は首相職と分離され、執権政党の指導者であるキューバ共産党第一書記・大統領・首相に権限が分散される。

呼称編集

日本の外務省は訳語に大統領を当てている[4]。一方、中国国営の新華社では中国語でアメリカ合衆国大統領などに充てている「総統」ではなく自国の国家元首と同様の「国家主席」との訳を使用している[5]。なお、1976-2019年の国家評議会議長は「国務委員会[注 1]主席」と訳していた[6]

国家元首一覧編集

建国以来、キューバ共和制国体として採用していたことから、国家元首は大統領が務めていた。1901年に制定された当初の憲法下では、大統領の任期は一期4年とされ、再選も可能であった。ただし、キューバは政情不安から一時期アメリカの暫定弁務官による統治を受けた他、相次ぐ政変によって、短期間のうちに目まぐるしく大統領が交代していった。1940年の新憲法制定後には大統領の就任期間が安定化したものの、1952年フルヘンシオ・バティスタによるクーデターによって安定は終わりを迎えた。

キューバ革命以降も大統領職は存在したが、実権は共産党第一書記兼首相のフィデル・カストロが有していた。1976年に憲法が改正され、大統領を廃止し人民権力全国会議が選出する国家評議会議長が設置され、カストロが2008年の引退までその地位にあった。

氏名 所属政党 就任日 退任日
キューバ共和国大統領
1 トマス・エストラーダ・パルマ   Partido Moderato 1 1902年5月20日 1906年5月20日
2 1906年5月20日 1906年9月28日
-[7] ウィリアム・ハワード・タフト   共和党 - 1906年9月29日 1906年10月13日
-[7] チャールズ・エドワード・マグーン   無所属 - 1906年10月13日 1909年1月28日
2 José Miguel Gómez   自由党 3 1909年1月28日 1913年5月20日
3 マリオ・ガルシア・メノカル   保守党 4 1913年5月20日 1917年5月20日
5 1917年5月20日 1921年5月20日
4 Alfredo Zayas y Alfonso   キューバ人民党-国民同盟 6 1921年5月20日 1925年5月20日
5 ヘラルド・マチャド・イ・モラレス   自由党 7 1925年5月20日 1929年5月20日
8 1929年5月20日 1933年8月24日[8]
-[9] Alberto Herrera y Franchi   無所属(軍人 1933年8月12日 1933年8月13日
-[9] Carlos Manuel de Céspedes Quesada   ABC Sociedad Revolucionaria 1933年8月13日 1933年8月24日
-[10] 1933年8月24日 1933年9月5日
暫定政府行政委員会委員
- ラモン・グラウ・サン・マルティン   キューバ革命党 - 1933年9月5日 1933年9月10日
- Guillermo Portela y Möller   自由党
- José Miguel Irisarri y Gamio   保守党
- Sergio Carbó y Morera   キューバ人民党-国民同盟
- Porfirio Franca y Álvarez de la Campa   自由党
キューバ共和国大統領
6 ラモン・グラウ・サン・マルティン   キューバ革命党 9 1933年9月10日 1934年1月15日
-[9] Carlos Hevia y de los Reyes Gavilán   キューバ革命党 1934年1月15日 1934年1月18日
-[10] マヌエル・マルゲス・スターリング・イ・ギラル
Manuel Márquez Sterling y Loret de Mola
  無所属 1934年1月18日 1934年1月18日[11]
-[9] カルロス・メンディエタ・イ・モンテフール   国民連合 1934年1月18日 1935年12月11日
-[9] ホセ・アグリピノ・バルネ・イ・ビネヘラス   国民連合 1935年12月11日 1935年12月13日
-[10] 1935年12月13日 1936年5月20日
7 ミゲル・マリアノ・ゴメス・イ・アリアス   国民連合 10 1936年5月20日 1936年12月24日
8 フェデリコ・ラレード・ブル   国民連合 11 1936年12月24日 1940年10月10日
9 フルヘンシオ・バティスタ   民主社会主義連合 12 1940年10月10日 1944年10月10日
10 ラモン・グラウ・サン・マルティン   真正革命党 13 1944年10月10日 1948年10月10日
11 カルロス・プリオ・ソカラス   真正革命党 13 1948年10月10日 1952年3月10日
-[9] フルヘンシオ・バティスタ   進歩行動党 - 1952年3月10日 1955年2月24日
-[10] アンドレス・ドミンゴ・モラレス・カスティージョ
Andrés Domingo Morales y del Castillo
  進歩行動党 - 1954年8月14日 1955年2月24日
12 フルヘンシオ・バティスタ   進歩行動党 14 1955年2月24日 1959年1月1日
-[10] Anselmo Alliegro y Milá   革新党 1959年1月1日 1959年1月2日
-[9] Carlos Manuel Piedra y Piedra   無所属 1959年1月2日 1959年1月2日[11]
13 マヌエル・ウルティア・ジェオ
Manuel Urrutia Lleó
  無所属 1959年1月3日 1959年7月17日
14 オスバルド・ドルティコス・トラド   Organizacións Revolucionaro Integrario→
社会主義革命統一党→
キューバ共産党
1959年7月18日 1976年12月2日
国家評議会議長
1 フィデル・カストロ   キューバ共産党 1976年12月3日 2008年2月24日
2 ラウル・カストロ   キューバ共産党 2008年2月24日 2018年4月19日
3 ミゲル・ディアス=カネル   キューバ共産党 2018年4月19日 2019年10月10日
キューバ共和国大統領
15 ミゲル・ディアス=カネル   キューバ共産党 2019年10月10日 (現職)

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の国務委員会とは異なる。

出典編集

  1. ^ a b “外資導入促進や個人資産保有容認を含む憲法改正が成立”. JETROビジネス短信. (2019年3月1日). https://www.jetro.go.jp/biznews/2019/03/20935ec2713631f7.html 2019年3月3日閲覧。 
  2. ^ “Cubans approve new constitution affirming role of socialism”. Al Jazeera English. アルジャジーラ. (2019年2月26日). https://www.aljazeera.com/news/2019/02/cubans-approve-constitution-affirming-role-socialism-190226002347961.html 2019年2月27日閲覧。 
  3. ^ キューバ共和国憲法(2002年)
  4. ^ 古屋総理特使のキューバ訪問(結果)”. 日本国外務省. 2019年12月25日閲覧。
  5. ^ “古巴:迪亚斯-卡内尔当选古巴国家主席”. 新華社. (2019年10月11日). http://www.xinhuanet.com/video/2019-10/11/c_1210307988.htm 2019年12月25日閲覧。 
  6. ^ “古巴国务委员会主席兼部长会议主席迪亚斯-卡内尔”. 新華社. (2018年11月15日). http://www.xinhuanet.com/2018-11/05/c_1123663335.htm 2020年3月8日閲覧。 
  7. ^ a b アメリカ合衆国政府任命暫定弁務官
  8. ^ クーデターに伴い、1933年8月12日に亡命。
  9. ^ a b c d e f g 暫定大統領
  10. ^ a b c d e 大統領代行。
  11. ^ a b 当日の数時間のみ就任。

関連項目編集

外部リンク編集