キリスト教保守社会同盟

キリスト教保守社会同盟(キリストきょうほしゅしゃかいどうめい、リトアニア語: Krikščionių konservatorių socialinė sąjunga、略称:KKSS)は、リトアニアキリスト教中道右派政党保守ともいわれる。

穏健保守同盟とキリスト教系の青年団体が合併し、2004年に成立。党首は穏健保守同盟時代から継続してゲディミナス・ヴァグノリウス (Gediminas Vagnorius) 。

2004年リトアニア議会選挙では、得票率 2.0 % にとどまり議席を獲得することはできなかった。2009年欧州議会選挙でも得票率は 2.85 % にとどまり議席を逃している。

2010年3月29日、リトアニア・キリスト教民主主義党 (Lietuvos krikščioniškosios demokratijos partija) と合併し、キリスト教党 (Krikščionių partija) となった。

外部リンク編集