キリスト教社会同盟

ドイツのバイエルン州を地盤とする地域政党

バイエルン・キリスト教社会同盟(バイエルン・キリストきょうしゃかいどうめい、ドイツ語: Christlich-Soziale Union in Bayern e. V., 略称:CSU)は、ドイツバイエルン州を地盤とする地域政党である。バイエルン州で圧倒的支持を保ち、連立与党としてアンゲラ・メルケル首相が所属する全国政党のキリスト教民主同盟(CDU)と統一院内会派を組んでいる[12]

ドイツの旗 ドイツ政党
バイエルン・キリスト教社会同盟
Christlich-Soziale Union in Bayern e.V.
CSU Logo since 2016.svg
党首(Vorsitzender) マルクス・ゼーダー
成立年月日 1946年[1]
前身政党 バイエルン人民党[2]
本部所在地 Mies-van-der-Rohe-Straße 1 80807 ミュンヘン[3]
ドイツ連邦議会議席数
46 / 709   (6%)
2018年6月15日現在[4]
連邦参議院議席数
未定 / 69
(●年●月●日現在)
欧州議会
3 / 705   (0%)
(2019年5月26日[5]
党員・党友数
140,880
(2019年12月[6]
政治的思想・立場 中道右派[7][8]
保守主義[1][9]
地域主義[9]
キリスト教民主主義[9]
公式カラー    [10]    水色[10]
国際組織 キリスト教民主主義インターナショナル
国際民主同盟[11]
欧州人民党[5]
公式サイト csu.de: CSU
テンプレートを表示

党名に「社会」(Soziale)が含まれているが社会主義政党ではなく、むしろ社会保守主義的な政党である。1980年代には、フランツ・ヨーゼフ・シュトラウス元CSU党首が「CSUより右寄り政党はあり得ない」と発言している[13]。ただし経済政策においては社会的市場経済を支持し発展させている。

キリスト教民主同盟(CDU)とは姉妹政党の関係にあり、連邦議会では常に共同の統一院内会派(CDU/CSU)を組んできた。なおCSUはバイエルン州でしか活動しない地域政党であり、また全国政党のCDUもバイエルン州では活動しない。そのためCSUとCDUは競合せず、事実上CSUはCDUのバイエルン支部となっている。

来歴編集

前身はヴァイマル共和国におけるバイエルン人民党であり、ひいては1870年に、オットー・フォン・ビスマルクに対抗して作られた、カトリック教会によるドイツ中央党の系譜を引き継いでいる政党である。しかしながら、バイエルン人民党にあった極端な右派的保守的傾向と復古主義はキリスト教社会同盟(CSU)において希薄になったと言われている。バイエルン人民党は政治的カトリシズムに染まっていたが、キリスト教社会同盟(CSU)は設立時から福音主義教会信徒(バイエルンの場合、大部分がルター派)にも門戸を開いている。現党首のマルクス・ゼーダーはルター派信徒である。保守政党としてキリスト教社会同盟(CSU)は国有化のような社会主義的思考を徹底して拒絶している[14]

1954年から1957年の間を除いてバイエルン州政権を独占、特に1962年以降は2008年2013年2018年の間を除いて州議会で単独過半数を占めており、州と党とキリスト教会という強力な三位一体をなしている。2003年の選挙では総議席の3分の2を占めた。2013年の州議会選挙では5年ぶりに過半数を獲得し、定数180で101議席を占めた。これは選挙制度に比例代表制を用いていることを考えると、驚くべき結果である。

2002年連邦議会選挙ではドイツ全国でも比例で9%の得票率で58議席を獲得したが、バイエルン州のみで見るならば平均得票率は58.6%、選挙区によっては70%を越える選挙区もある(バイエルンがいかに保守的で地方主義的かという証拠でもある)。2005年選挙では7.4%の得票率で46議席を、2009年選挙では6.5%の得票率で45議席を獲得した。この45議席は、全て小選挙区当選である(全体の議席配分は比例代表に従うので、小選挙区当選者が比例配分枠を超えれば、比例当選者は出なくなる仕組み)。

2018年バイエルン州議会選挙では、得票率37.3%(前回比-10.4%)と第一党を維持したものの、再び過半数を失った。反移民・反難民を掲げるドイツのための選択肢(AfD)が台頭したことから、CSUも難民規制の強化を主張するようになったものの、このことがキリスト教徒を離反させたと指摘されている[15]

党員構成編集

キリスト教社会同盟(CSU)は14万人の党員を擁するドイツで3番目に大きな政党であり、同盟90/緑の党(B90/Grüne)、自由民主党(FDP)、左翼党(Linke)の2倍を超える党員がいる[16]。結党当初の段階では、3万3千人を下回る党員数であった。 1990年には18万6千人の党員数を記録した。それ以降、約4分の1の党員を失った[17]。 2016年末現在、バイエルン州住民の1.3%がキリスト教社会同盟(CSU)の党員であり、16歳になると入党資格を得られる。バイエルン州で党員比率を上回るのはザールラント州におけるキリスト教民主同盟(CDU)支部の1.93%だけである[18]。キリスト教社会同盟の女性党員比率は20%である。党員の76%はカトリック信徒、19%が福音主義教会信徒である[19]

歴代党首編集

党首(Vorsitzende) 在任期間
1   ヨゼフ・ミュラー(Josef Muller) 1946年 – 1949年
2   ハンス・エハード(Hans Ehard) 1949年 – 1955年
3   ハンス・サイデル(Hanns Seidel) 1955年 – 1961年
4   フランツ・ヨーゼフ・シュトラウス(Franz Josef Strauß) 1961年 – 1988年
5   テオ・ヴァイゲル(Theo Waigel) 1988年 – 1999年
6   エドムント・シュトイバー(Edmund Stoiber) 1999年 – 2007年
7   エルヴィン・フーバー(Erwin Huber) 2007年 – 2008年
8   ホルスト・ゼーホーファー(Horst Seehofer) 2008年 – 2019年
9   マルクス・ゼーダー(Markus Söder) 2019年 – (現職)

脚注編集

  1. ^ a b David P. Conradt. “Christian Social Union | political party, Germany” (英語). Britannica.com. ブリタニカ百科事典. Encyclopædia Britannica, Inc.. 2020年11月22日閲覧。
  2. ^ 山口定, 野田昌吾. “キリスト教民主同盟とは 日本大百科全書(ニッポニカ)の解説” (日本語). コトバンク. 小学館『日本大百科全書』. 朝日新聞社. 2020年11月22日閲覧。
  3. ^ Anfahrt zur CSU-Landesleitung (PDF)” (ドイツ語). csu.de. キリスト教社会同盟. pp. 1-2. 2020年11月22日閲覧。
  4. ^ メルケル独政権が移民政策で分裂 連立崩壊の危機か」『BBCニュース英国放送協会、2018年6月15日。2020年11月16日閲覧。「ドイツ連邦議会(下院)の709議席のうち、CDUは200議席、CSUは46議席を占める。」
  5. ^ a b Die CDU in der EVP” (ドイツ語). Christlich Demokratische Union Deutschlands. ドイツキリスト教民主同盟. 2020年11月20日閲覧。 “Auf europäischer Ebene ist die CDU Teil der EVP, der Europäischen Volkspartei, die 1976 entstanden ist ...(中略)... Die CDU/CSU-Gruppe im Europaparlament besteht aus 23 Abgeordneten der CDU und 3 Kollegen der CSU. Die Bürger der Europäischen Union wählten vom 23. bis 26. Mai 2019 das neue Europäische Parlament.”
  6. ^ “CDU und SPD verlieren Mitglieder - Grüne legen deutlich zu” (ドイツ語). ZEIT ONLINE. ドイツ通信社 (ディー・ツァイト). (2020年1月16日). https://www.zeit.de/news/2020-01/16/cdu-und-spd-verlieren-mitglieder 2021年2月5日閲覧. "Für die Bayern standen Anfang Dezember 2019 rund 140.880 Mitglieder zu Buche." 
  7. ^ Christina Boswell; Dan Hough (2009). Politicizing migration: Opportunity or liability for the centre-right in Germany. Routledge. pp. 18, 21 
  8. ^ Klaus Detterbeck (2012) (英語). Multi-Level Party Politics in Western Europe. Comparative territorial politics. Palgrave Macmillan. p. 105. ISBN 978-0-230-33709-1. https://books.google.co.jp/books?id=YOtrBLEcZWQC&pg=PA105 2021年2月7日閲覧. "As the CDU does in the other German Länder, the CSU represents the centre-right pole of party competition." 
  9. ^ a b c Nordsieck, Wolfram (2017年). “GERMANY” (英語). Parties and Elections in Europe. 2020年11月15日閲覧。
  10. ^ a b Gestaltung der werblichen Kommunikation (PDF)” (ドイツ語). csu.de:CSU. キリスト教社会同盟. p. 15 (2016年). 2020年11月20日閲覧。 “Die Farben der CSU sind: CSU-Blau und CSU-Hellblau”
  11. ^ Members | International Democrat Union” (英語). idu.org. 国際民主同盟. 2020年11月20日閲覧。
  12. ^ 政権安泰に程遠く=足元見られたメルケル氏=ドイツ,時事通信
  13. ^ 大躍進した緑の党がドイツ政治のトップに立つ日 ニューズウィーク. (2018年10月26日, 15時40分) 2018年11月1日閲覧。
  14. ^ Frank Decker (2018): Wahlergebnisse und Wählerschaft der CSU (bpb.de)
  15. ^ 2018年10月15日 / 09:04 独バイエルン州議会選、与党CSUが大敗 メルケル政権に痛手 - ロイター
  16. ^ Studie: SPD gewann 2017 erstmals seit 1990 Mitglieder hinzu und bleibt Deutschlands stärkste Partei / auch alle Oppositionsparteien legten zu / Zahl der Parteimitglieder insgesamt erstmals seit 1990 deutlich gestiegen, abgerufen am 7. April 2019.
  17. ^ Oskar Niedermayer: Mitgliederentwicklung der Parteien, bpb.de, abgerufen am 8. April 2019.
  18. ^ Oskar Niedermayer: Rekrutierungsfähigkeit der Parteien, bpb.de, abgerufen am 8. April 2019.
  19. ^ Oskar Niedermayer: Die soziale Zusammensetzung der Parteimitgliederschaften, bpb.de, abgerufen am 8. April 2019.

外部リンク編集