メインメニューを開く

キリングセンスは、かつてタイタンで活動していたお笑いコンビ。当初はプロダクション人力舎に在籍していた。1987年結成、2006年1月解散。

キリングセンス
KILLING SENSE
メンバー 河崎健男
萩原正人
結成年 1987年
解散年 2006年
事務所 プロダクション人力舎タイタン
活動時期 1987年 - 2006年1月
現在の活動状況 解散
芸種 コント
過去の代表番組 笑いの殿堂大爆笑問題 など
テンプレートを表示

メンバー編集

  • 河崎 健男かわさき たけお (1960-01-31) 1960年1月31日(59歳) - )
福井県出身。愛称、シャブさん
特技はイラスト。『スキスキ♥コンビニ』でイラストを執筆。放送作家としての活動もあり、『世界ゴッタ煮偉人伝』などを担当した。
キリングセンス解散後にお笑いコンビアインシュタイン(後に2世代ターボに改名、SMA NEET Projectに所属)を結成。
  • 萩原 正人はぎわら まさひと (1967-05-31) 1967年5月31日(52歳) - )
栃木県出身。愛称、ハギ。血液型O型。
コンビ活動の傍らコンビニエンスストアでアルバイトをしていた過去があり、その裏話をかつて出版したことがある。
1999年、母子感染によるB型肝炎に伴う重度の肝硬変を発症し、いったん活動停止。2000年米国脳死患者からの肝臓腎臓の同時移植に成功し、その体験記を出版した。事務所の先輩である爆笑問題の尽力もあってしばらくは予後も順調だったものの、移植された腎臓が2009年に慢性的な拒絶反応を起こし腎不全を発症。2015年にファンの女性と再婚し、生体腎移植を受ける。この模様は「奇跡体験!アンビリバボー」「SmaSTATION!!」「爆報! THE フライデー」で放映された[1]
現在は芸人としての活動と主に臓器移植公開セミナーの講演活動などを行っている。
前妻との間に子あり。

テレビ編集

ラジオ編集

  • キリセン金谷と大塚寧々の今夜もシャボン玉(1991 - 1992)

出版編集

  • 『僕は、これほどまで生きたかった。』(扶桑社)※萩原著 ISBN 4594038506
  • 『スキスキ♥コンビニ』(アスペクト)※キリングセンス著 ISBN 4893668528

脚注編集

外部リンク編集