キリンバス諸島

モザンビーク領の諸島

キリンバス諸島(キリンバスしょとう、Quirimbas Islands)はモザンビーク海峡に浮かぶモザンビーク領の島。

モザンビーク北東部カボ・デルガード州に属し、イボ島マテモ島、キリンバ島、Metundo島、Quisiva島、Vamizi島、Rolas島など、およそ32の島からなる。

もともとは漁民の集落があった。16世紀にアラブ人の交易拠点周辺で人口が増加しポルトガル人の交易路として発展した。ポルトガルが都市の占領を始めるとアラブ人は他所へ移動[1][2]。アラブ人はポルトガルとの交易と拒否し、その結果攻撃を受けて60人のムスリム商人が死傷し、その資産は焼き払われた[1]。諸島は1975年のモザンビーク独立までポルトガル統治下にあった。独立前は有人島は4つのみであったが[3]、現在では多くの島に住民がいる。

南部の11の島はキリンバス国立公園に含まれる。また、この11の島の周辺の海域にホラガイマンボウガイ英語版トウカムリガイ英語版ヒレシャコガイ英語版アカウミガメアオウミガメオサガメタイマイヒメウミガメなどの絶滅危惧種、島に近い本土の一部の地域にアフリカゾウアフリカスイギュウライオンヒョウリカオンミナミジサイチョウが見られる。2018年にこれらの地域は合わせて「キリンバス生物圏保護区」に指定された[4]

ギャラリー編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b Briggs, Philip (2011-07-05). Mozambique, 5th: The Bradt Travel Guide. Bradt Travel Guides. pp. 323–352. ISBN 9781841623429 
  2. ^ http://whc.unesco.org/en/tentativelists/5380/
  3. ^ Duncan, Fiona. “Mozambique: a hide away in the Quirimbas Archipelago”. The Daily Telegraph. 2014年5月31日閲覧。
  4. ^ Quirimbas Biosphere Reserve, Mozambique” (英語). UNESCO (2018年4月). 2023年1月24日閲覧。

外部リンク編集

座標: 南緯12度08分48秒 東経40度34分21秒 / 南緯12.1467度 東経40.5725度 / -12.1467; 40.5725