メインメニューを開く

キルステン・フラグスタート

飛行機の尾翼に描かれたキルステン・フラグスタート

キルステン・フラグスタートKirsten Malfrid Flagstad1895年7月12日 - 1962年12月7日)はノルウェーオペラ歌手。20世紀に活躍した、特にワーグナー楽劇において最高のソプラノの一人と評価されている。現在の100ノルウェー・クローネ紙幣に彼女の肖像を見ることができる。

生涯編集

ノルウェーのハーマル出身で18歳の時にオスロ国立劇場でオペラ歌手としてデビューした。当初は北欧での活動が主で、国際的に注目を集めるようになったのは1933年バイロイト音楽祭に出演して以降のことである(ただし、ワグネリアンでもあったアドルフ・ヒトラーの影響力が強かった当時のバイロイトではノルウェー人のフラグスタートはさほど重用されなかった)。1935年にはメトロポリタン歌劇場に登場し1941年にノルウェーに帰国するまでワーグナー歌手として活躍する。ノルウェー帰国は夫がナチスドイツに協力していたのを説得してやめさせるためとされ、1947年までの間ほとんど演奏活動は行っていない。1950年にはヴィルヘルム・フルトヴェングラーとの共演でリヒャルト・シュトラウスの「4つの最後の歌」を初演している。1953年パーセルの「ディドーとエネアス」に出演したのを最後に舞台からは引退したが、その後もリサイタルや録音で活動を続けた。その時期にデッカ・レコードで実現したゲオルク・ショルティ指揮「ニーベルングの指環」のスタジオ録音にも出演している。1962年、オスロで死去。

出演オペラ編集

伝記編集

  • The Last Prima Donnas, by Lanfranco Rasponi, Alfred A Knopf, 1982. ISBN 0-87910-040-0
  • 「クラシック続・不滅の巨匠たち」音楽之友社、1994年、P240~243

編集

外部リンク編集