キレる17歳(キレるじゅうななさい)とは、2000年平成12年)およびその前後に相次いで発生した凶行を起こした、17歳前後(1982年昭和57年〉度から1986年〈昭和61年〉度生まれ)の少年を指した語。特に1982年(昭和57年)生まれと1983年(昭和58年)生まれの少年凶悪犯がこう呼ばれた[1]。また、この「キレる17歳」と同世代の者が「キレる17歳世代」「理由なき犯罪世代[2]」「酒鬼薔薇世代[3]」などと呼ばれることがある。

キレる17歳世代[4]は現在も使われている呼称であるが、『プレッシャー世代』または『ミニマムライフ世代』と言われることもある。

概要編集

2000年(平成12年)に相次いで発生した世間で注目された凶行の犯人が17歳前後で、1998年(平成10年)の栃木女性教師刺殺事件以後に青少年に浸透していた「キレる」という語からマスコミが流行らせた。1982年(昭和57年)生まれのある女性は、酒鬼薔薇事件が起きた際、学校で「同級生の犯罪」について作文を書かされたという[5]。また、1982年(昭和57年)生まれが中学生の時は、いじめ社会問題となっていた[6]

2000年(平成12年)に世間から注目される少年事件が多発したことにより、少年犯罪の厳罰化を意図した少年法改正案が2000年(平成12年)11月28日に成立して2001年(平成13年)4月1日から施行された。

2000年(平成12年)の流行語大賞候補に「一七歳」がノミネートされ、トップテン入賞となった[7]。また、2001年(平成13年)にはこの年代にスポットを当てたテレビ朝日系ドラマ「R-17」が放送された。

18歳未満の犯罪は少年法第51条において、死刑に該当する犯罪は無期刑への減軽にしなければならず、無期刑に該当する犯罪は10年から15年までの有期刑への減軽ができると規定されている。2001年(平成13年)3月31日までの少年法の規定では、18歳未満に無期刑に該当する犯罪は懲役15年までの有期懲役に減軽しなければならなかった。

成長過程 編集

青年期編集

社会への関心を抱く頃にはすでにバブルは崩壊していて、成長過程で「失われた10年」を目のあたりにしている。様々な場面状況に耐えてきて、比較的プレッシャーに強い世代ということから『プレッシャー世代』と名付けられた。また、別名では『ミニマムライフ世代』とも呼ぶ。日本の景気の良かった時代を知らないという時代背景により、生きていくことにプレッシャーがあることを当然と思って育ってきたと言われている。

一方、明るさの中にもピリッとした一面もあって、ここ一番で力を発揮する人が多いと評価される世代でもあり、ネット界、ビジネス界、学問分野ではこの世代の台頭が注目されている。友人を大切にし、生活への満足度が高いとされる[8]。無気力な世代ではないが、彼らが生きてきた時代・背景に強く影響され「人生に手ごたえが欲しい」という相反する感情も持っている。

子供の頃から「きちんと貯金しなさい」と親に言われて育っているため、消費に消極的である。「生活にかかるお金と時間の量を節約しよう」という現実的な意識が強く、堅実に貯蓄をして、「必要最低限の生活」=ミニマムライフを好む。

考え方としては、生活や人生を縛るものを持ちたくない、「ラク」が一番、傷つくのが嫌い、損をするのが嫌い、人生に手ごたえを求めている、などが挙げられる[9]

新教育 『新学力観編集

小学校1992年度施行、中学校1993年度施行、高等学校1994年度施行の学習指導要領による教育を受けた世代(1982年4月2日1987年4月1日生まれ)を指す。

小学校6年間の総授業時数は5785コマで、国・算・理・社・生活の合計授業時数は3659コマ。中学校3年間の総授業時数は3150コマ。

誕生編集

幼少期編集

小学生時代、1991年に「バブル崩壊」。それ以降は、「失われた10年」の間に思春期を送る。長い間「就職氷河期」が続く。1995年に「阪神・淡路大震災」や「オウム真理教事件」。1996年大阪府で「大腸菌O157」病原性大腸菌が発生し全国各地に広がる。1997年消費税法により「消費税5%増税」。1998年「和歌山毒物カレー事件

プレッシャー世代は、スーパーファミコンゲームボーイプレイステーションなど、ゲームがとにかく流行り始めた時代であり、部屋に閉じこもってゲームばかりしている子供が多くなったことから、キレる子供が問題視された時代でもある。この事から1998年に「キレる」という言葉が一般化する。

学生時代編集

  • 中高生時代、1999年「ノストラダムスの大予言」。2000年「雪印集団食中毒事件」。2001年に「米国同時多発テロ」の不安に悩まされる事件や天災が続発。経済事情や世相の変化が大きく影響して、「何が起きてもいいように備えよう」という危機感が強い。 プレッシャー世代は、ブルマのようなショートパンツからハーフパンツに変わったり、ゆとり教育に途中から変わったり、携帯電話といったITが主流になり始めた時代で育ってきたことから、柔軟性に長ける[10]
  • 18歳〜15歳 (女子高生)

この世代はコギャルブームが古い(ダサい)と考える人が多く、新しく生み出したのがガングロである。ガングロは1990年代後半(1998年)〜2000年初頭(2004年)頃をピークに、若い女性の間で流行した髪の毛を金髪かオレンジ色に脱色し、肌を黒くするというスタイルのオルタナティブ・ファッション。渋谷や池袋がガングロ・ファッション。当時はこの事を『ガングロ世代』と言っていた。また、ガングロから発展したスタイルに、ヤマンバとマンバがある。ヤマンバの守旧派とマンバ(特に知られているのは2004年のマンバである)は、真っ黒な肌と白い唇、淡い色のアイメイクをほどこし、眼の下にはメタリックなラインストーンをつけたり、明るい色のサークルコンタクトをつけるというのが特徴だった。原色の衣服にミニスカートを履き、厚底ブーツもしくはサンダルを履き、集団行動していた。その他は、ビビンバ、白ギャル、スポギャル、アルバカなどがある。[11]

分析編集

実際には未成年による殺人事件などの重犯罪発生件数および10歳から20歳未満の少年人口10万人当たりの殺人事件などにおける少年刑法犯検挙人員比率を年次別の統計で見た場合、2000年(平成12年)に目立った少年犯罪の増加は見られない[12]新潟青陵大学大学院の碓井真史(犯罪心理学)も「統計を見ても、82年生まれに犯罪者が多いというわけではない。殺人など凶悪犯罪の件数は年々減っているわけで、82年世代の事件に、たまたま印象に残るものが多いというだけ」と語っている[1]

碓井真史は1982年(昭和57年)生まれの犯罪が注目されやすいことについて、「82年世代は高度成長期が終わり、豊かで合理的な時代に生まれた人たち。容疑者に共通するのは、もともとは優秀だったこと。優秀な人たちが合理的な時代に適合できず、何らかの理由で挫折し『こんなはずではなかった』という思いが、犯罪に走らせている」と分析し、1982年(昭和57年)生まれの犯罪が注目されることが多いことについて「犯罪心理学の調査で、猟奇殺人快楽殺人、親殺しなどは教育水準の低い貧困地域ではなく、先進国の中流層で起きることが分かっている。合理的で豊かな社会環境だからこそ、一般には理解しがたい凶悪事件が起きている」と語っている[5]

臨床心理士の矢幡洋は「犯罪傾向を持った人はどこの世代でもいる」としつつ、「同じ年ということで、他の世代よりも酒鬼薔薇事件を意識せざるを得ない。西鉄バスジャック事件の取材をした際、元少年は『あんな風に騒がれてみたい』と日記につづるなど、悪い意味でライバル心を持っていた。いざ犯罪を起こすときに、史上まれに見る大事件を比較対照にして、自己顕示欲が強まり、あれよりももっと派手に騒がれてみたい、巧妙にしたいと、必要以上に事を大きくしてしまう可能性がある」と、1982年(昭和57年)生まれは酒鬼薔薇事件の影響を大きく受けていると指摘している。また、パソコン遠隔操作事件の被告の弁護士も、「被告は酒鬼薔薇事件や秋葉原通り魔事件に関心を持っていた様子だった」と話している[5]

発達障害との関わり編集

豊川市主婦殺人事件岡山金属バット母親殺害事件宇治学習塾小6女児殺害事件の加害者はアスペルガー症候群神戸連続児童殺傷事件の加害者は注意欠陥・多動性障害である。こうした脳の発達障害が事件の直接の原因となったか否かは意見が分かれるが、いずれの障害にも情緒面の発達の遅れや自制心の弱さという特性がある。特別支援教育が必要な子供たちへの早期からの適切なケアが必要とされている[13]

ただし、発達障害の人における有意な犯罪率の上昇は認められておらず、個々のケースでは事件に何らかの影響を与えた可能性はあるかもしれないが、特定の事件を取り上げて「発達障害だから事件を起こした」とする論調は大変危険である(広汎性発達障害#犯罪との関係も参照)。

17歳前後の少年による2000年の主な事件編集

17歳の少年犯罪をテーマとして扱った作品編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 「82年はキレる世代」噂の真偽は? 酒鬼薔薇聖斗、秋葉原無差別殺傷など… (1/2ページ)ZAKZAK2014年6月11日配信
  2. ^ 【秋葉原通り魔事件】神戸事件やバス乗っ取りと同学年MSN産経ニュース(産経デジタル)2008年6月11日17時17分配信(2008年6月14日時点によるアーカイブ)
  3. ^ 片山被告と酒鬼薔薇世代 「1982年生まれの闇」は本当か?zassi.net2014年5月27日配信
  4. ^ 90年代から現在へ、絶対孤独を生きた「キレる17歳」世代のクロニクル。2020年3月20日配信
  5. ^ a b c 「82年はキレる世代」噂の真偽は? 酒鬼薔薇聖斗、秋葉原無差別殺傷など… (2/2ページ)ZAKZAK2014年6月11日配信
  6. ^ 1982年生まれに容疑者続出の理由ライブドアニュース2013年2月25日7時0分配信
  7. ^ 流行語大賞公式サイトによる記録 - 第17回〔2000(平成12)年〕
  8. ^ 27歳の社会学者・古市憲寿が<プレッシャー世代>を分析! - ウレぴあ総研 2012年9月30日
  9. ^ https://woman.mynavi.jp/article/190705-11/
  10. ^ https://hataractive.jp/useful/2734/
  11. ^ https://www.sugataresearch.com/jp/news/blog/2013/10/18/7年ごとに見られる若者の変化した姿(3回完結)/
  12. ^ 少年犯罪統計データ
  13. ^ 草薙厚子『大人たちはなぜ、子どもの殺意に気づかなかったか? : ドキュメント・少年犯罪と発達障害』イースト・プレス、2010年。ISBN 978-4-7816-0504-3

参考文献編集

関連項目編集