キンカン素人民謡名人戦

日本の歌合戦番組

キンカン素人民謡名人戦』(キンカンしろうとみんようめいじんせん)は、1961年2月14日から1993年5月29日までフジテレビで放送されていた歌謡番組である。金冠堂(キンカン本舗)の一社提供。

キンカン素人民謡名人戦
Former Fuji Television Headquarters.JPG
1973年4月頃[いつ?]から番組の収録が行われていたフジテレビ旧河田町本社屋
ジャンル 歌謡番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
音声 ステレオ放送途中から[いつ?]
オープニング 「キンカンの唄」
エンディング 同上
キンカン素人民謡名人戦
放送時間 当該節参照(40分→30分)
放送期間 1961年2月14日 - 1993年5月29日
出演者 青空千夜・一夜
三和完児
鈴木ヤスシ
江戸家小猫
ほか
キンカン民謡セレクション
放送時間 土曜 8:00 - 8:30(30分)
放送期間 1993年6月5日 - 1994年9月25日
出演者 大石吾朗
西山喜久恵
ほか
キンカン民謡ふるさとめぐり
放送時間 金曜 16:00 - 16:30(30分)
放送期間 1994年10月7日 - 1995年9月29日
出演者 吉村明宏
筒井櫻子
ほか

特記事項:
『素人民謡名人戦』は、当初は白黒放送だったが、1973年4月頃[いつ?]からカラー放送となった。
テンプレートを表示
1973年3月頃[いつ?]まで本番組が使用していたサテライトスタジオがあった東京タワー(写真は番組がスタートした1961年当時のもの)
「決勝大会」の収録が行われた日本青年館(写真は2012年当時のもの)

本項では、後継番組の『キンカン民謡セレクション』(キンカンみんようセレクション)、『キンカン民謡ふるさとめぐり』(キンカンみんようふるさとめぐり)についても記す。

目次

概要編集

出場者たちが民謡を披露していた視聴者参加型の歌合戦番組。

番組開始のきっかけは、スポンサーを務めた金冠堂の創業者・山﨑栄二が民謡好きだったことによるもので、山﨑自身も収録スタジオの観客席の中央に必ず座っていた[1]

当初は当時東京タワーにあったサテライトスタジオからの公開生放送だったが、1973年4月頃[いつ?]より新宿区河田町にあったフジテレビ本社・放送センターからの録画放送(撮って出し)となった。東京タワー時代は白黒放送だったが、河田町に移ってからはカラー放送となった(そのため、当番組はフジテレビの自主制作番組の中では、最後にカラー化された番組となった)。また、半年に一度の「決勝大会」は日本青年館での公開録画であった。

また、当初は火曜14:00枠で放送されていたが、後に土曜14:00枠での放送になり、さらに土曜午前枠(10:00 → 11:00 → 8:00)を転々とした。もともと平日14時は、東京タワー内のサテライトスタジオから放送する、クイズを中心にした日替わりバラエティ『タワーバラエティ』(1959年、フジテレビ開局と同時に開始)が放送されており、当番組もその中の一本だった。1969年4月より全番組を『勝抜きスピードクイズ』に統一して帯形式にする事になり、そのため当番組は土曜14時に移動した。なお『タワーバラエティ』は、1971年4月より『スーパーバラエティ』と改名しながらも継続したが、1972年3月に終了した。

番組テーマ曲は、キンカンのCMソング「キンカンの唄」(歌:雪村いづみダークダックス、作詞:藤浦洸、作曲:服部正)をアレンジしたもので、歌は入っていなかった。ただし三和完児司会時代は末期を除き、OPでは歌入りヴァージョンのものが流され、それに合わせて、出演者や審査員がお辞儀をする演出があった。1988年3月31日放送の特別番組『フジテレビ30年史』において、当時のフジテレビ最長放送期間番組としてこの番組が取り上げられた際に、このシーンが放送された。

1989年4月、土曜朝10時台にワイドショー番組『THE WEEK』を開始することに伴い、放送時間が土曜11時台前半に移動。さらに1992年4月には『THE WEEK』が11時30分まで拡大することに伴い8時台前半に移動するものの、番組改編期でもない1993年5月に60人目の(番組が設定する)名人位が出たことを機に終了した。このタイトルでの放送期間は32年3か月に及んでおり、1996年に同じく長寿番組である『ミュージックフェア』が塗り替えるまではフジテレビでは最長記録だった。

1993年6月5日からは『キンカン民謡セレクション』と題し、民謡歌手のライブに特化した内容へと移行したが、2年も持たずに終了。1994年10月7日からは金曜16:00枠での放送になり(一部の系列局では別の時間帯)、タイトルも『キンカン民謡ふるさとめぐり』に変更したものの、これに至っては1年で終了した。そしてこの『キンカン民謡ふるさとめぐり』の最終回をもって、金冠堂提供の民謡番組シリーズは34年7か月間の歴史に幕を下ろした。

神奈川県横浜市にある放送ライブラリーには、第14回日本民間放送連盟賞視聴者参加番組部門優秀銅賞を受賞した1986年4月26日放送分の映像が保存されており、無料で視聴できる。

番組内容編集

ルール編集

毎週6人の挑戦者が民謡による自慢ののどを競い合い、審査員の合計得点(審査員は4名で、予選は持ち点各10点の計40点満点、準決勝は持ち点各15点の計60点満点。三和完児時代は歌い終えた後即座に発表するが、鈴木ヤスシ、江戸家小猫時代は番組最後に発表となる。なお、鈴木時代は一時的に観客も審査に加わっていた。)でその中から2名が勝ち抜けとなり月末に行われる準決勝(1名のみ勝ち抜け)を経て、半年に一度行われる決勝大会に出場し、頂点である「名人位」(グランドチャンピオン)を達成すると、天井から大量の紙吹雪が降り、賞状、ゴールデントロフィーが授与された。夏休みに行われる子供特集は、いわゆる即戦即決方式である。

ゲストコーナー編集

審査の集計中にゲストの民謡歌手が自身の歌を披露した。また、決勝大会の翌週にはゲスト大会も行われた。

飛び入りコーナー編集

ゲストコーナーと審査発表の間に行われた、スタジオの一般観覧者によるのど自慢コーナー。太鼓が鳴ったら合格となり、本戦へ出場できる。が鳴った場合は不合格。また鈴木が司会を担当していた当時、全員が不合格の時に合格のたすきを床に叩き付けていたことがあった。

エンディング編集

三和完児が司会を務めていた頃には、三和が早口で「肩こり・神経痛にキンカン、虫刺され・痒み止めにキンカンでお馴染みのキンカン本舗がお送りしましたキンカン素人民謡名人戦!では、また来週!ごきげんよう!」とコール→客席から拍手→客席の山﨑栄二(寅)社長に画面が切り替わり、社長のお辞儀→キンカンのCM→提供クレジット…という流れだった。三和が後述の理由で司会を降板してからも、エンディングの挨拶の後の観客拍手から提供クレジットまでの流れは変わらなかった。

提供クレジットの表示中には、フジテレビのアナウンサーが「この番組は、ご家庭の常備薬キンカン、キンカン本舗の提供でお送りいたしました。キンカン素人民謡名人戦(決勝大会、ゲスト大会の際にはこれを付け加える[要説明])を終わります」と言っていた。その際の画面上は、「キンカン素人民謡名人戦 終 フジテレビ[2]」のエンドカードであった(末期はスタジオをバックに「キンカン素人民謡名人戦 終 フジテレビ」のテロップが映し出された)。

歴代司会者・放送時間編集

※放送時間はすべて日本時間 (JST) で記す。筒井(当時)と西山はフジテレビアナウンサー。

期間 司会者 放送時間
1961.2.14 1961.? 青空千夜・一夜 火曜 14:00 - 14:40
1961.? 1967.9 三和完児
1967.10 1969.3 火曜 14:00 - 14:30
1969.4 1976.3 土曜 14:00 - 14:30
1976.4 1976.6 (週替わり)
1976.7 1982.9 鈴木ヤスシ
1982.10 1985.3 土曜 10:00 - 10:30
1985.4 1989.3 江戸家小猫
1989.4 1992.3 土曜 11:00 - 11:30
1992.4 1993.5.29 土曜 8:00 - 8:30
1993.6.5 1994.9.24 大石吾朗
西山喜久恵
1994.10.7 1995.9.29 吉村明宏
筒井櫻子
金曜 16:00 - 16:30

三和は1976年に不祥事(薬事法違反で書類送検)を起こして急遽降板[要出典]。その後は1976年4月から同年6月まで桂米丸高崎一郎、鈴木ヤスシ、三代目江戸家猫八多々良純獅子てんや・瀬戸わんやなどが輪番で司会を務めていた。

三和司会時代には小林節子(当時フジテレビアナウンサー)が、小猫司会時代にはゆずき香乃江戸家まねき猫がアシスタントを務めていた。

審査員(素人民謡名人戦)編集

出場経験のある歌手編集

放送局編集

系列は番組放送当時のものではなく、各局が現在加盟している系列。

放送対象地域 放送局 系列 備考
関東広域圏 フジテレビ フジテレビ系列 製作局
北海道 北海道放送 TBS系列 1964年3月までネット[3]
札幌テレビ 日本テレビ系列 1964年4月から北海道文化放送が開局するまで放送。
1972年3月まではフジテレビ系列とのクロスネット局。
北海道文化放送 フジテレビ系列
青森県 青森放送 日本テレビ系列
岩手県 IBC岩手放送 TBS系列 岩手めんこいテレビが開局するまでネット。
岩手めんこいテレビ フジテレビ系列 1991年4月の開局時からネット。
宮城県 仙台放送
秋田県 秋田放送 日本テレビ系列
秋田テレビ フジテレビ系列
山形県 山形放送 日本テレビ系列 山形テレビが開局するまでネット。
山形テレビ テレビ朝日系列 1993年3月までネット[4]
テレビユー山形 TBS系列 1993年4月から2か月間だけネット。後続番組[どれ?]も放送。
福島県 福島テレビ フジテレビ系列 1971年10月に福島中央テレビから移行。
福島中央テレビ 日本テレビ系列 一時期だけネット。
山梨県 山梨放送 日本テレビ系列
新潟県 新潟放送 TBS系列 新潟総合テレビが開局するまでネット。
新潟総合テレビ フジテレビ系列 1968年12月の開局時からネット。
長野県 長野放送 1969年4月の開局時からネット。
静岡県 静岡放送 TBS系列 テレビ静岡に移行するまでネット。
テレビ静岡 フジテレビ系列 1969年4月からネット。
富山県 北日本放送 日本テレビ系列 富山テレビが開局するまでネット。
富山テレビ フジテレビ系列 1969年4月の開局時からネット。
石川県 北陸放送 TBS系列
石川テレビ フジテレビ系列
福井県 福井放送 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
福井テレビ フジテレビ系列
中京広域圏 東海テレビ
近畿広域圏 関西テレビ
島根県

島根県・鳥取県
山陰中央テレビ 1972年9月までの放送エリアは島根県のみ。
1972年9月からは鳥取県でも放送。
岡山県

岡山県・香川県
岡山放送 1979年3月までの放送エリアは岡山県のみ。
1979年4月からは香川県でも放送。
広島県 広島テレビ 日本テレビ系列 1975年9月まではフジテレビ系列とのクロスネット局。
テレビ新広島が開局するまでネット。
テレビ新広島 フジテレビ系列 1975年10月の開局時からネット。
山口県 山口放送 日本テレビ系列 途中打ち切り[5]
香川県 西日本放送 日本テレビ系列 1979年3月までの放送エリアは香川県のみ。
1979年3月に岡山放送が岡山・香川の電波相互乗り入れを行うまでネット。
徳島県 四国放送 途中打ち切り。
愛媛県 テレビ愛媛 フジテレビ系列 1969年12月の開局時からネット。
高知県 高知放送 日本テレビ系列 途中打ち切り。
福岡県 テレビ西日本 フジテレビ系列
佐賀県 サガテレビ 1969年4月の開局時からネット。
長崎県 テレビ長崎
熊本県 テレビ熊本
大分県 大分放送 TBS系列 [6]
宮崎県 宮崎放送 テレビ宮崎が開局するまでネット。
テレビ宮崎 フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
1970年4月の開局時からネット。
鹿児島県 南日本放送 TBS系列 1992年9月26日打ち切り[7]
鹿児島テレビ フジテレビ系列 1994年4月2日に『民謡セレクション』の放送を開始。
沖縄県 沖縄テレビ 1980年前半[いつ?]打ち切り[8]

脚注編集

  1. ^ 1988年5月に山﨑栄二が死去した後、観客席には山﨑の長男で2代目社長(現・会長)の山﨑寅(すすむ)が座り、番組終了までその後を引き継いでいる。
  2. ^ 1959年の開局から1986年3月まで使われた亀倉雄策作の「フジテレビ」ロゴで、1986年4月からは現在まで使われている馬場雄二作の「フジテレビ」ロゴに変更された。
  3. ^ 『北海道新聞』(マイクロフィルム版) 1962年(昭和37年)4月 - 1964年(昭和39年)3月 テレビ欄。
  4. ^ 1993年3月まではフジテレビ系列。同系列からテレビ朝日系列へのネットチェンジに伴い、テレビユー山形へ移行。
  5. ^ 当時、フジテレビ系列・TBS系列・NETテレビ(テレビ朝日)系列(後にフジテレビ系列・テレビ朝日系列を離脱)のテレビ山口が、クロスネット編成のため、放送枠が確保できず、引き続き山口放送が放送を継続した。
  6. ^ 番組が始まった頃には、フジテレビ系列のテレビ大分は未開局だった。開局後も、同局は日本テレビ系列・フジテレビ系列・テレビ朝日系列それぞれの番組をトリプルネットしていたために放送枠が確保できず、引き続き大分放送での番販ネットが続いた。
  7. ^ 番組が始まった頃には、フジテレビ系列の鹿児島テレビは未開局だった。開局後も、同局は日本テレビ系列・フジテレビ系列・テレビ朝日系列それぞれの番組をトリプルネットしていたために放送枠が確保できず、引き続き南日本放送での番販ネットが続いた。フジテレビ系番販ネット枠の廃止によって打ち切り。
  8. ^ 打ち切り後の放送枠は日本テレビ系の30分番組(番組名不詳)となった[要出典]

関連項目編集

フジテレビ 火曜14:00枠(『タワーバラエティ』火曜)
前番組 番組名 次番組
わたしの自慢
(1961年1月 - 1961年2月)
キンカン素人民謡名人戦
(1961年2月 - 1969年3月)
勝抜きスピードクイズ(火曜)
(1969年4月 - 1970年3月)
フジテレビ 火曜14:30枠(『タワーバラエティ』火曜)
わたしの自慢
(1961年1月 - 1961年2月)
キンカン素人民謡名人戦
(1961年2月 - 1967年9月)
※1967年10月以降廃枠
フジテレビ 土曜14:00枠
ドラマ再放送枠
キンカン素人民謡名人戦
(1969年4月 - 1982年9月)
サタデーイベントアワー
(1982年10月 - 1988年3月)
※13:00 - 14:25
映画レーダーI
※14:25 - 14:30
フジテレビ 土曜11:00枠
キンカン素人民謡名人戦
(1989年4月 - 1992年3月)
THE WEEK
(1992年4月 - 1998年3月28日)
※10:00 - 11:30
フジテレビ 土曜8:00枠
キンカン素人民謡名人戦
(1992年4月 - 1993年5月29日)

キンカン民謡セレクション
(1993年6月5日 - 1994年9月25日)
晴れたらイイねッ!
(1994年10月1日 - 2003年9月27日)
フジテレビ 金曜16:00枠
Super Kids Zone ポンキッキーズ(金曜)
(1994年7月 - 1994年9月)
※金曜8:00枠へ移動
キンカン民謡ふるさとめぐり
(1994年10月7日 - 1995年9月29日)
郁恵・井森のお料理BAN!BAN! (金曜)
(1995年10月2日 - 1998年3月27日)
※16:00 - 16:25
フジテレビ系 金冠堂一社提供
(枠制定前につき無し)
キンカン素人民謡名人戦

キンカン民謡セレクション

キンカン民謡ふるさとめぐり