メインメニューを開く

キングスエンブレムは、日本競走馬。おもな勝ち鞍は2010年シリウスステークス。馬名は父ウォーエンブレムからの連想による。英語で「王の紋章」の意。クラブ法人サンデーレーシングの所有馬で、募集価格は10000万円(40口)。

キングスエンブレム
Kings-Emblem20110411.jpg
品種 サラブレッド
性別
毛色 青毛
生誕 2005年2月12日(14歳)
登録日 2007年4月25日
抹消日 2013年5月22日
ウォーエンブレム
スカーレットレディ
母の父 サンデーサイレンス
生国 日本の旗 日本北海道早来町
生産 ノーザンファーム
馬主 (有)サンデーレーシング
調教師 石坂正栗東
競走成績
生涯成績 27戦6勝
獲得賞金 1億7021万2000円
テンプレートを表示

概要編集

2007年11月4日京都競馬場の新馬戦にて武豊騎乗でデビュー、1番人気に推され初勝利をあげる。その後、クラシックを意識したローテーションが組まれ、3歳となった2008年の3戦目のすみれステークスで2勝目を挙げた。続いて皐月賞出走権獲得を求めて出走した若葉ステークスは、10キロ馬体重を減らして5着に終わり、春シーズンは全休することとなった。秋はセントライト記念から始動したものの7着に敗退。その後も芝の競走を使われるも勝ち上がることができなかった。

兄にサカラートヴァーミリアンがいる血統的背景から、ダートへの転向を求める声が早くからあったが、4歳となった2009年の上賀茂ステークス(1600万下条件競走)がダート初出走となった。このレースですみれステークス以来の3勝目となった。しかし、その後故障のため長期休養を余儀なくされた。

2010年3月14日の甲南ステークスで復帰、レースでは中団追走も直線で伸び切れず10着と大敗した。続く阪神スプリングプレミアムでは先団追走も失速し11着と大敗した。休養を挟み、9月12日のオークランドレーシングクラブトロフィーでは中団から直線鋭い脚で逃げるドリームライナーをかわして2馬身差をつけて4勝目を挙げた。

 
シリウスS

重賞初挑戦となった10月2日シリウスステークスに1番人気で出走。中団追走から最後の直線で先に抜け出したラヴェリータを捕らえて快勝、重賞初制覇を飾った。11月7日みやこステークスでは中団のやや後ろから追い上げるが、逃げるトランセンドを捕えられず2着だった。12月5日ジャパンカップダートではヴァーミリアンとの兄弟対決となったが、9着と振るわなかった。ちなみにヴァーミリアンは14着と大敗し、このレースを最後に引退したため、最初で最後の兄弟対決となった。

2011年初戦は4月10日マーチステークス、好位追走も直線で伸びを欠いて8着に敗れた。続くダイオライト記念は2番手集団で追走したが直線で脚色が衰えて5着、東海ステークスでは中団追走も伸びきれず8着と惨敗続きであったが、シリウスステークスでは中団から捲り気味に進出して2着となった。みやこステークスでは最後方から捲り気味に進出して追い上げたが7着に終わった。ベテルギウスステークスでは道中好位の内々を追走すると、直線入口で逃げたエーシンモアオバーの外から抜け出して勝利を収めた。

2012年初戦は1月25日川崎記念、好位追走も直線で伸びを欠いて7着に敗れた。約11ヶ月の休みを経て、12月の名古屋グランプリに出走、10着に敗れた。

2013年佐賀記念から始動し3着。その後ブリリアントステークス12着、平安ステークス13着となり、5月22日付けで競走馬登録を抹消された。その後は千葉県のホースライディングクラブバランスで乗馬となった[1]

特徴編集

調教助手の松原は本馬について「走ってみないと分からない[2]」「三振か、ホームランのタイプ[3]」と評している。

競走成績編集

年月日 競馬場 競走名 頭数 オッズ
(人気)
着順 騎手 斤量 距離(馬場) タイム
(上り3F)
タイム
勝ち馬/(2着馬)
2007.11.04 京都 新馬 8 01.5 (1人) 01着 武豊 55 芝2000m(良) 2:05.9 (34.2) -0.2 (グローリーシーズ)
0000.12.08 阪神 エリカ賞 9 02.4 (2人) 03着 武豊 55 芝2000m(良) 2:02.7 (35.9) -0.2 アルスノヴァ
2008.01.06 京都 福寿草特別 14 06.7 (3人) 02着 福永祐一 56 芝2000m(良) 2:02.4 (34.6) -0.1 ブラックシェル
0000.01.26 京都 若駒S OP 9 02.5 (1人) 03着 武豊 56 芝2000m(良) 2:04.6 (34.7) -0.2 ジュウクリュウシン
0000.03.02 阪神 すみれS OP 11 02.4 (1人) 01着 武豊 56 芝2200m(良) 2:15.4 (35.0) -0.2 (モンテクリスエス)
0000.03.22 阪神 若葉S OP 8 01.8 (1人) 05着 武豊 56 芝2000m(良) 2:03.0 (36.7) -1.4 ノットアローン
0000.09.21 中山 セントライト記念 GII 18 08.1 (3人) 07着 武豊 56 芝2200m(稍) 2:15.3 (35.9) -0.7 ダイワワイルドボア
0000.10.25 京都 古都S 14 05.1 (2人) 06着 和田竜二 54 芝2200m(良) 2:14.6 (34.3) -0.5 キングアーサー
2009.04.05 阪神 難波S 16 06.2 (3人) 09着 武豊 57 芝1800m(良) 1:48.4 (34.0) -0.8 ブーケフレグランス
0000.05.03 京都 上賀茂S 16 05.0 (3人) 01着 武豊 57 ダ1800m(良) 1:50.5 (36.1) -0.4 (テイエムザエックス)
2010.03.14 阪神 甲南S 14 02.0 (1人) 10着 武豊 57 ダ1800m(良) 1:54.0 (39.4) -1.7 トーホウアタック
0000.04.11 阪神 阪神スプリングP 16 06.5 (4人) 11着 内田博幸 58 ダ2000m(良) 2:06.7 (37.9) -1.5 トーセンモナーク
0000.09.12 阪神 オークランドRCT 10 06.3 (3人) 01着 福永祐一 57 ダ1800m(良) 1:52.8 (36.0) -0.3 (ドリームライナー)
0000.10.02 阪神 シリウスS GIII 12 03.5 (1人) 01着 福永祐一 56 ダ2000m(良) 2:04.4 (36.6) -0.1 ラヴェリータ
0000.11.07 京都 みやこS GIII 16 02.9 (1人) 02着 福永祐一 57 ダ1800m(良) 2:04.4 (36.6) -0.1 トランセンド
0000.12.05 阪神 JCダート GI 16 05.3 (3人) 09着 福永祐一 57 ダ1800m(稍) 1:50.5 (37.7) -1.6 トランセンド
2011.04.10 阪神 マーチS GIII 16 05.7 (3人) 08着 福永祐一 57.5 ダ1800m(稍) 1:51.0 (36.5) -1.0 テスタマッタ
0000.05.02 船橋 ダイオライト記念 JpnII 14 09.9 (3人) 05着 福永祐一 56 ダ2400m(良) 2:36.1 (42.2) -2.9 スマートファルコン
0000.05.22 京都 東海S GII 14 40.6 (8人) 08着 秋山真一郎 57 ダ1900m(不) 1:54.8 (36.0) -1.1 ワンダーアキュート
0000.10.01 阪神 シリウスS GIII 12 07.5 (4人) 02着 N.ピンナ 57 ダ2000m(良) 2:04.7 (36.4) -0.4 ヤマニンキングリー
0000.11.06 京都 みやこS GIII 15 26.0 (8人) 07着 福永祐一 56 ダ1800m(稍) 1:50.0 (37.2) -1.6 エスポワールシチー
0000.12.10 阪神 ベテルギウスS OP 12 03.3 (2人) 01着 岩田康誠 58 ダ2000m(良) 2:04.1 (37.1) -0.9 (インバルコ)
2012.01.25 川崎 川崎記念 JpnI 12 10.6 (4人) 07着 岩田康誠 57 ダ2100m(不) 2:13.9 (41.0) -3.2 スマートファルコン
0000.12.24 名古屋 名古屋GP JpnII 11 11.5 (5人) 10着 尾島徹 56 ダ2500m(重) 2:48.6 (45.8) -8.3 エーシンモアオバー
2013.02.11 佐賀 佐賀記念 JpnIII 12 12.9 (3人) 03着 福永祐一 57 ダ2000m(稍) 2:07.2 (37.1) -1.5 ホッコータルマエ
0000.05.05 東京 ブリリアントS OP 14 16.4 (8人) 12着 福永祐一 57.5 ダ2100m(良) 2:11.9 (38.7) -1.8 ナリタシルクロード
0000.05.18 京都 平安S GIII 16 222.7 (14人) 13着 池添謙一 56 ダ1900m(良) 1:58.6 (37.8) -1.7 ニホンピロアワーズ

血統表編集

キングスエンブレム血統ミスタープロスペクター系 / 5代目までクロスなし) (血統表の出典)

* ウォーエンブレム
War Emblem
1999 青鹿毛
父の父
Our Emblem
1991 黒鹿毛
Mr.Prospector Raise A Native
Gold Digger
Personal Ensign Private Account
Grecian Banner
父の母
Sweetest Lady
1990 鹿毛
Lord at War General
Luna de Miel
Sweetest Roman The Pruner
I Also

スカーレットレディ
1995 黒鹿毛
* サンデーサイレンス
Sunday Silence
1986 青鹿毛
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
母の母
スカーレットローズ
1987 栗毛
* ノーザンテースト
Northern Taste
Northern Dancer
Lady Victoria
* スカーレットインク Crimson Satan
Consentida F-No.4-d


注釈編集

  1. ^ キングスエンブレム号が競走馬登録抹消”. 日本中央競馬会 (2013年5月22日). 2013年5月22日閲覧。
  2. ^ キングスエンブレムは「走ってみないと…」/みやこS”. netkeibaニュース (2011年11月2日). 2013年5月22日閲覧。
  3. ^ キングスエンブレム「三振かホームラン」/ベテルギウスS”. netkeibaニュース (2011年12月10日). 2013年5月22日閲覧。

外部リンク編集