メインメニューを開く

キングスピード1966年3月10日 - 不明)とは日本の元競走馬。日本最多障害連勝数10勝をあげた競走馬である1970年啓衆社賞最優秀障害馬受賞。平地競走でも重賞の1969年京都杯を制覇した。

キングスピード
現役期間 1968年 - 1970年
品種 サラブレッド
性別
毛色 栃栗毛
生誕 1966年3月10日
死没 (不明)
オートキツ
クインダービー
母の父 フルブーム
生国 日本の旗 日本鹿児島県霧島市
生産 牧園牧場
馬主 坂田綾子
調教師 夏村辰男栗東
競走成績
生涯成績 40戦16勝
獲得賞金 6742万円
勝ち鞍 平地30戦6勝 障害10戦10勝
テンプレートを表示

目次

経歴編集

1968年8月10日小倉でデビューすると、ほぼ休み無く走り続け翌年の皐月賞にも出走歴がある(22着)。その後も毎日杯の2着がある程度の成績であり、京都杯では12頭立ての最低人気であった。しかし、不良馬場を活かしての大逃げで2着アカネテンリュウに9馬身差の圧勝を飾った。続く菊花賞ではハクエイホウらの存在でハナに立てず、3コーナーで一杯になり20着に敗れた。

障害入りしたのは1970年の2月から8月の間であるが、すべて圧勝。10戦10勝の成績を残した。

しかし、脚部不安を発症して長期休養に入り、再び出走する事が無いまま1972年に登録を抹消、地方競馬へ転出した。 その後の消息は不明である。

エピソード編集

血統表編集

父のオートキツ1955年の不良馬場で行われた東京優駿を8馬身差で圧勝した名馬であり、重適性の高さも父から受け継いでいる。母のクインダービーも鹿児島産で、2代母のオールクインは宮崎産という生粋の九州血統である。

キングスピード血統マンノウォー系 (血統表の出典)

オートキツ
1953 栃栗毛
父の父
月友
1932 栗毛
Man O' War
1917 栗毛
Fair Play
Mahubah
*星友
1923
Sir Martin
Colna
父の母
トキツカゼ
1944 鹿毛
*プリメロ
1931 鹿毛
ブランドフォード
Athasi
第五マンナ
1939 黒鹿毛
*Shian Mor
マンナ

クインダービー
1961 栗毛
*フルブルーム
Full Bloom
1940 鹿毛
Hyperion
1930 栗毛
Gainsborough
Selene
ranai
1925
Rebelais
Dark Sedge
母の母
オールクイン
1953 鹿毛
ウイザート
1947 栗毛
*Theft
白漣
ゼンエイ
1937
善祖
タイエー


外部リンク編集