座標: 北緯52度45分15秒 東経0度23分51秒 / 北緯52.7543度 東経0.3976度 / 52.7543; 0.3976

キングズ・リン (King's Lynn) は、イングランドノーフォークのタウン。行政上はキングズ・リン・アンド・ウェスト・ノーフォークに属している。ロンドンの北156km、ノリッジの西71kmに位置している。2007年の人口は42,800人であった。

キングズ・リン
King's Lynn
イングランドの旗
Collage of King's Lynn icons.png
行政
イギリスの旗 イギリス
 連合王国 イングランドの旗イングランド
 リージョン イースト・オブ・イングランド
 カウンティ ノーフォーク
 非都市ディストリクト キングズ・リン・アンド・ウェスト・ノーフォーク
 タウン キングズ・リン
人口
人口 (2007現在)
  タウン域 42,800人
その他
等時帯 西ヨーロッパ時間 (UTC+0)
夏時間 西ヨーロッパ夏時間 (UTC+1)
郵便番号 PE30
市外局番 01553
公式ウェブサイト : www.west-norfolk.gov.uk

歴史編集

 
ウォッシュ湾(en:The Wash)の河口近くにあり古くから発達した

古くはブリトン語のlindo(湖の意)に由来する「リン」という名前で呼ばれていたが[1]、11世紀末に地元の貿易商たちの要請により、ノリッジ司祭(en:Bishop of Nowich)の管轄地となり、「ビショップス・リン(司祭のリン)」と呼称された[2]。1204年にはジョン王から自治都市と認められた[1]

1377年には人口4691人を数え[2]、14世紀頃の中世のイングランドにおいて、リヴァプールと同程度に重要な港であった。その頃、欧州における海上貿易はハンザ同盟都市により支配されていた。1530年代にヘンリー8世カトリックから独立して英国国教会を創設したことにより、管轄地の再編成が行われ、1537年にビショップス・リンから「キングズ・リン(王のリン)」に改名された[1]

17世紀に大西洋を横断する新大陸との貿易が始まり、西岸の港が有利となり、16、17世紀キングズ・リンはイングランドの主要な港ではなくなっていた。第一次世界大戦において、1915年1月19日に空爆を受け、イングランドで最初に空爆を受けた町の一つとなった。第二次世界大戦において、町は安全と考えられ、ロンドンより大勢の避難民が押し寄せたが、完全に安全とは言える状況ではなく、たびたび空爆を受けた。

出身人物編集

姉妹都市編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c キングズ・リン(英語表記)King’s Lynn世界大百科事典 第2版
  2. ^ a b Bishop's Lynn The History of Parliament Trust

関連項目編集

外部リンク編集