メインメニューを開く

キングダークは、特撮テレビドラマ『仮面ライダーX』に登場するキャラクター。敵組織GOD機関の大幹部にして巨大ロボット。仮面ライダーシリーズ初の巨大キャラクターである[1]

本項目では関連するキャラクターである呪博士についても記述する。

目次

テレビシリーズ編集

  • 身長:26m
  • 体重:5t

『仮面ライダーX』第22話から登場[注釈 1]。再生アポロガイスト死亡後に着任した2代目大幹部[注釈 2]で、GODを再編成した。

鋼の全身を黒いマントで包んだ巨人型のロボット。普段はアジトの奥で寝転がって頬杖を付いており、涅槃仏のようなポーズを取っている。口からの毒ガスや目からの破壊光線、指先からのロケット弾など、多彩な武器を持つ。

南原光一博士が開発した、すべての物質をエネルギーに変換するRS装置[注釈 3]を体内に組み込んで暴れ回る予定であったが、すでにRS装置を完成させていた南原博士はその使用を恐れて設計図を9枚に裂き、分散させてしまう。

分割された設計図を奪還すべく、キングダークは悪人軍団を次々と投入してXライダーと争奪戦を繰り広げるが、第31話で痺れを切らしてRS装置の組み込みを待たずに立ち上がり、Xライダーに挑戦する[注釈 4]

最終話でサソリジェロニモJrが心臓部の設計図を入手してRS装置を完成させると、日本壊滅のために破壊活動を開始する。最後は、体内へ潜入したXライダーに呪博士を倒されたことで自爆装置が起動し、爆発四散した。

制作関連
キングダークの巨体は横になった姿の実物大セットが作られ、圧倒的な存在感を示した[1]。セットの制作は、大道具の経験がある制作担当の佐久間正光が指揮を執った[3]。目と口には開閉ギミックを備えている[3]
立ち上がった姿は着ぐるみで表現されたが、実物大の造形物とは印象の異なるものであった[2]
阿部征司によれば、巨大ロボット幹部という設定にテレビアニメ『マジンガーZ』の影響は特になく、等身大ばかりではつまらないからだという[4]

テレビシリーズを基にした作品編集

ジオラマ小説『S.I.C. HERO SAGA
『MASKED RIDER V3 & RIDERMAN EDITION -RIDERMAN ANOTHER AFTER-」0』
ライダーマンの前に現れ、寄り道をしたイカルスを叱咤し共に日本へと向かう。
『MASKED RIDER X EDITION -ゼウスの息子-』
Xライダーとの決戦で呪博士共々自爆していたが、その頭部は脱出ポッドになっており、呪博士も生き延びていた。その残った頭部を元に呪博士の手によって新たな身体が製造され、さらにはテレビ本編で装備するはずだったRS装置も組み込まれている。
元々は呪博士に彼の新たな身体として製造されており、脳と直結することで言わばサイボーグとしての一体化を果たしていた。
漫画『仮面ライダーSPIRITS
第1部に神敬介の記憶から再現されたキングダークが、第3部にキングダーク2号機がそれぞれ登場。RS装置を組み込まれて起動し、その力を見せ付けた。
原典機と違い、攻撃システムが頭部にしか存在しないうえ、生身の人間しか操縦できないという設定になっている。

平成仮面ライダーシリーズ編集

デザインは出渕裕が担当されており、新たにメカニックが多い姿になっている。

映画『仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー
  • 全高:42m
  • 重量:1500t
大ショッカー基地の地下で眠っていた巨大ロボットで、GOD機関出身の大幹部。大首領の間に横顔を模したレリーフがあり、原典の『X』とは異なる姿をしていたが、GODとの戦闘経験があるXライダーは一目で彼の正体をわかった。
本作品のクライマックスに登場する大幹部であるが、大ショッカーの秘密兵器とも呼ばれるなど、単なる大幹部に留まらず巨大兵器としての側面も持ち合わせている。両手からの電撃や、指先からのミサイルが武器。原典では体内に操縦者がいたが、本作品では自我を持って動いている。
大ショッカー基地の崩壊後にその巨大な姿を現し、オールライダーと仮面ライダーディエンドが召喚した仮面ライダーJを圧倒するも、Jにジャンボディケイドライバー(FFR)を装着して変身したディケイド コンプリートフォーム ジャンボフォーメーションの反撃に遭い、最後は「ジャンボディメンションキック」を受けて倒される。
漫画版では映画と異なり、シャドームーンに操縦されている描写がされている。
ネット版『仮面ライダーディケイド オールライダー対しにがみ博士
映画『オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー
ショッカーと同盟を結んだGOD機関の代表として登場。原典の『X』に合わせてか、大ショッカーのバックルがGODのものに差し替えられているほか、原典同様にマントを付けていたり、国連におけるショッカーの会話では寝そべっている。
組織の主要なメンバーが倒された後は立ち上がるが、岩石大首領の地割れに巻き込まれてしまう。
ネットムービー『仮面ライダーブレイブ〜Surviveせよ!復活のビーストライダー・スクワッド!〜
ビーストライダー・スクワット(王蛇、タイガ、ダークキバ、ビーストからなるライダーチーム)に指示を与えるが、これは財団Xの研究員がナイトオブサファリガシャットのデータを得るために用意したホログラムだった。
スーツは『ディケイド』のものを流用している[5]
ジオラマ小説『S.I.C. HERO SAGA MASKED RIDER DECADE EDITION -オーズの世界-』
仮面ライダーディエンドを取り込んだライダーロボが、その能力をコピーしたことでカイジンライドによって召喚される。
ゲーム『ライダージェネレーション2』
ワールド3「鋼・鉄・巨・人」で登場。手からミサイルを放つ。

コンパチヒーローシリーズ編集

ゲーム『SDヒーロー総決戦 倒せ!悪の軍団
ステージ5「ショッカー基地」のボスとして登場する。一定の攻撃を与えると、中から呪博士が現れる。
なお、ステージ5には、ネプチューンやアポロガイストという原典通り同組織に属しているキャラクター以外にも、クモオトコやガラガランダやイカデビルなどのショッカー怪人や、ボスガンやガテゾーンというクライシス怪人もザコキャラクターとして登場する。
ゲーム『ザ・グレイトバトルIII』
ザンエル(ゲームオリジナルキャラクター)が搭乗する。
ゲーム『ザ・グレイトバトルVI』
シャドームーンが搭乗する。
ゲーム『スーパーヒーロージェネレーション
「迫る!ショッカー軍団」で、ショッカーグリードイカデビルガラガランダヒルカメレオンの4体を倒した後にショッカー首領を倒すことで、ドガ・ドロン(ゲームオリジナルキャラクター)により召喚させる。
作中に登場する仮面ライダーシリーズの敵の中では、衛星兵器XVIIと共に岩石大首領に次ぐ大きさ。

派生キャラクター編集

エンペラーダーク
パチンコ『仮面ライダーフルスロットル』に登場する闇のショッカーの大幹部。
デザインは、テレビ本編のキングダークに金色の装甲が付けられている。
ネオキングダーク
漫画『仮面ライダー11戦記』に登場するガイストでKD計画として製造された新たなキングダーク。3体が登場。

呪博士編集

『仮面ライダーX』第35話に登場。名前の読みは「のろいはかせ」。

GODの支配者で、「悪魔の天才」と呼ばれている。かつては神教授の親友であった。一部の関連書物やDVDのデータファイルには「GOD総司令の正体」とされている[6][7][注釈 5]。キングダークと一体化しており、内部で操っていた。

最終回で、キングダークの体内に潜入したXライダーと対峙、サソリジェロニモJrと共に、ライドルホイップで突き刺され、頭から延びるコードを引きちぎり、キングダークと共に自爆する。

その他の作品に登場する呪博士
山田ゴロ版漫画『仮面ライダーX』
その体をキングダークと接続した様子もない、普通の人間の姿で描かれている。
ジオラマ小説『S.I.C. HERO SAGA MASKED RIDER X EDITION -ゼウスの息子-』
実は親友であった啓太郎の他に、緑川博士とも縁があり、彼をショッカーの科学者に推薦したことで、GODの総司令になった経験がある。自らの身体を強化改造しており、強さを追求するあまりの複数回による手術の結果、肉体は崩壊寸前になってしまっていた。
最終回後、キングダークの頭部を脱出ポッドにして生き延び、自らをアポロガイストに改造した。
ゲーム『SDヒーロー総決戦 倒せ!悪の軍団
ステージ5「ショッカー基地」のボス・キングダークの中から登場する。

キングダークを演じた人物編集

声優編集

和田文夫
飯塚昭三
鈴村展弘
  • 『仮面ライダーブレイブ~Suviveせよ!復活のビーストライダースクワッド!~」

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 第21話では声のみの登場。
  2. ^ 書籍『仮面ライダー大全集』では「最高幹部」と記述している[2]
  3. ^ 劇中では、第23話で「地上のすべての物質をエネルギーに変える極分子復元装置」と説明している一方、第24話-第31話では「世界中の物質のエネルギーを消す恐怖のRS装置」、第34話では「すべての物質を一瞬にして分解し消し去る恐るべき武器」と説明されている。
  4. ^ 書籍『仮面ライダー大全集』では、「本作品最大の矛盾」と評している[1]。なお、劇中ではキングダークの可動にRS装置が必要不可欠とは言われていない。
  5. ^ 書籍『仮面ライダー大全集』では、呪博士がGODの首領であったかどうかは謎としている[2]

出典編集

  1. ^ a b c 大全集 1986, pp. 142-143, 「仮面ライダー作品展開 仮面ライダーX」
  2. ^ a b c 大全集 1986, pp. 76-77, 「GOD」
  3. ^ a b 怪人大画報 2016, p. 228, 「『仮面ライダーV3』-『仮面ライダーストロンガー』フォトセッションアルバム」
  4. ^ X大全 2004, p. 199.
  5. ^ エグゼイド読本 2017, p. 63.
  6. ^ 画報 2001, p. 53.
  7. ^ 超辞典 2011, pp. 319,587.

参考文献編集

  • 『創刊15周年記念 テレビマガジン特別編集 仮面ライダー大全集』講談社、1986年5月3日。ISBN 4-06-178401-3
  • 『仮面ライダー画報』竹書房/スタジオ・ハード編、竹書房、2001年9月25日。ISBN 4-8124-0783-4
  • 堤哲哉、加々美利治・池田誠・平山賢司『仮面ライダーX・アマゾン・ストロンガー大全』岩佐陽一 編、双葉社、2004年9月10日。ISBN 4-575-29520-5
  • 『仮面ライダー超辞典』監修:石森プロ東映双葉社、2011年7月24日。ISBN 978-4-575-30333-9
  • 宇宙船別冊 仮面ライダー怪人大画報2016』ホビージャパン〈ホビージャパンMOOK〉、2016年3月28日。ISBN 978-4-7986-1202-7
  • 『OFFICIAL PERFECT BOOK 仮面ライダーエグゼイド公式完全読本 EX-AID TRUE CHRONICLE』ホビージャパン〈ホビージャパンMOOK〉、東京、2017年12月16日、第1版。ISBN 978-4-7986-1591-2