キングトム (King Tom) は19世紀中ごろのイギリス競走馬種牡馬である。競走馬としては体質に問題を抱えていたためダービーステークスで2着となるにとどまったが、種牡馬としては1870年1871年にイギリスのチャンピオンサイアーになるなど成功した。兄に大種牡馬ストックウェル(Stockwell、英チャンピオンサイアー7回)、ラタプラン (Rataplan) らがいる。

キングトム
King Tom.jpg
メントモアタワーズにあるキングトムの像
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1851年
死没 1878年1月
ハーカウェイ
Harkaway
ポカホンタス
Pocahontas
母の父 グレンコー
Glencoe
生国 イギリスの旗 イギリス
生産 サミュエル・テルソン
Samuel Thellusson
馬主 メイアー・ロスチャイルド
Baron Mayer de Rothschild
調教師 不明(イギリス
競走成績
生涯成績 6戦3勝
獲得賞金 不明
テンプレートを表示

概要編集

メイアー・ロスチャイルドの所有馬として競走生活を送ったが、体質に問題を抱えていたため、3年間で6戦しかしていない。2歳時に3戦して2勝、3歳時はダービーステークスの2着のみ。4歳時は復帰戦を勝つも、シザレウィッチステークスで故障を発生し引退している。

種牡馬としてはそのままメイアー・ロスチャイルドの元で供用された。ハンナ(Hannah、イギリス牝馬三冠)、キングクラフト(Kingcraft、ダービー)などを輩出し、1861-77年に計14回種牡馬ランキング10位以内に入る成功を見せた。1870年1871年にはチャンピオンサイアーを獲得している。その他に産駒のセントアンジェラ (St. Angela) がセントサイモン (St. Simon) の母になる等後世のサラブレッドの血統に少なからぬ影響を残した。

キングトム自身は1878年1月にメントモアにて死亡した。27歳であった。その後直系子孫はフェートン (Phaeton) やキングアーネスト (King Ernest) のものがやや伸びたが、20世紀初頭のアメリカ合衆国での活躍を最後に遅くとも同世紀中頃までには消滅したと見られる。ただし、現在でもハノーファー種の一部にキングクラフトの子孫が残存している。

競走成績編集

  • 1853年(3戦2勝)
    • バイエニアルステークス、トリエニアルステークス
  • 1954年(1戦0勝)
    • 2着 - ダービー
  • 1955年(2戦1勝)

主な産駒編集

  • ハンナ - イギリス牝馬三冠
  • キングクラフト - ダービー
  • ヒッピア (Hippia) - オークス
  • トーメンター (Tormentor) - オークス
  • トマト (Tomato) - 1000ギニー
  • キングオブダイアモンド (King of Diamonds) - シャンペンステークス
  • フェートン
  • キングアーネスト
  • セントアンジェラ - セントサイモンの母、オーム (Orme) の祖母

血統表編集

キングトム血統ウィスカー系3-n / Whisker(Web) 3x4=18.75%、Whiskey 5x5=6.25%) (血統表の出典)

Harkaway
栗毛 1834
父の父
Economist
鹿毛 1825
Whisker Waxy
Penelope
Floranthe Octavian
Caprice
父の母
Fanny Dawson
栗毛 1823
Nabocklish Rugantino
Butterfly
Miss Tooley Teddy the Grinder
Lady Jane

Pocahontas
鹿毛 1837
F-No.3-n
Glencoe
栗毛 1831
Sultan Selim
Bacchante
Trampoline Tramp
Web
母の母
Marpessa
鹿毛 1831
Muley Orville
Eleanor
Clare Marmion
Harpalice F-No.3-m


外部リンク編集