メインメニューを開く

キング・オブ・キングス』(原題:King of Kings)は、1961年制作のアメリカ合衆国の映画

キング・オブ・キングス
King of Kings
Kingofkings10.JPG
監督 ニコラス・レイ
脚本 フィリップ・ヨーダン
製作 サミュエル・ブロンストン
出演者 後述
音楽 ロージャ・ミクローシュ
撮影 マニュエル・ベレンガー
ミルトン・R・クラスナー
フランツ・プラナー
編集 ハロルド・F・クレス
配給 MGM映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1961年10月11日
日本の旗 1961年12月15日
上映時間 165分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $5,037,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗$8,000,000
世界の旗$5,400,000[2]
テンプレートを表示

イエス・キリストの生涯を描いた作品。セシル・B・デミル監督が1927年に制作した同名映画英語版ニコラス・レイ監督がリメイクしたものと言われているが、ベルナール・エイゼンシュッツの『ニコラス・レイ・・ある反逆者の肖像』(吉村和明:訳)によれば、そもそもこの作品のアイデアとスクリプトは、プロデューサーのサミュエル・ブロンストンの前作『大海戦史』(1959)を監督したジョン・ファローミア・ファローの父)のものだったが、使えるレベルではなかったので、ニコラス・レイが旧知のフィリップ・ヨーダンを呼び、手直しさせたもの。

題名もファロウの時は『人の子』、レイと契約するときは『剣と十字架』であった。これをヨーダンが『キング・オブ・キングス』とする事を提案した。当然デミル側から許諾を受けると言う動きもあって、配給の10パーセントを提示する案もあったが、試しにアメリカ映画協会にタイトルを登録してみると、デミル側は未登録であった為、ブロンストン側は印紙代6セントでこの題名を手に入れたという。

目次

キャスト編集

日本語吹替:初回放送1973年12月23日 テレビ朝日『日曜洋画劇場

脚注編集

  1. ^ 'The Eddie Mannix Ledger’, Margaret Herrick Library, Center for Motion Picture Study, Los Angeles
  2. ^ 'The Eddie Mannix Ledger’, Margaret Herrick Library, Center for Motion Picture Study, Los Angeles

関連項目編集

外部リンク編集