キング』(The King)は2019年アメリカ合衆国オーストラリア歴史映画。監督はデヴィッド・ミショッド、主演はティモシー・シャラメが務めた。本作はウィリアム・シェイクスピアの戯曲『ヘンリー四世 第1部』、『ヘンリー四世 第2部』、『ヘンリー五世』を原作としている。

キング
The King
監督 デヴィッド・ミショッド
脚本 デヴィッド・ミショッド
ジョエル・エジャートン
原作 ウィリアム・シェイクスピアヘンリー四世 第1部』、『ヘンリー四世 第2部』、『ヘンリー五世
製作 ジョエル・エジャートン
デデ・ガードナー
ブラッド・ピット
ジェレミー・クライナー
リズ・ワッツ英語版
デヴィッド・ミショッド
出演者 ティモシー・シャラメ
ジョエル・エジャートン
ロバート・パティンソン
リリー=ローズ・デップ
音楽 ニコラス・ブリテル
撮影 アダム・アーカポー英語版
編集 ピーター・シベラス
製作会社 プランBエンターテインメント
Netflix
ブルー=タン・フィルムズ英語版
ポーチライト・フィルムズ
配給 アメリカ合衆国の旗 Netflix
公開 アメリカ合衆国の旗 2019年10月11日
日本の旗 2019年10月25日
上映時間 133分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
オーストラリアの旗 オーストラリア
言語 英語
テンプレートを表示

本作は2019年10月11日にアメリカ合衆国で、25日に日本で劇場公開された後、同年11月1日にNetflixで全世界配信された[2][3]

ストーリー編集

ハル王子イングランドの王位継承者であるにも拘わらず、自由気ままな生活を送っていた。そんなある日、父親であるヘンリー4世が急死してしまい、ハルがヘンリー5世として即位することになった。当時のイングランドは国内外に深刻な対立を抱えており、宮廷内の権力闘争も複雑怪奇な状態に陥っていた。若きヘンリー5世はそれらに対処していく中で、立派な王へと成長していくのだった。

キャスト編集

※ 括弧内は日本語吹替

製作編集

2013年6月、ジョエル・エドガートンがデヴィッド・ミショッドと共同でシェークスピアの『ヘンリー四世 第1部』、『ヘンリー四世 第2部』、『ヘンリー五世』の映画化に取り組んでいると明かした[4]2015年9月3日、ワーナー・ブラザース映画が本作の製作と配給を手掛けることになり、ミショッドが本作の監督に起用されたとの報道があった[5]

2018年2月8日、ティモシー・シャラメの出演が決まったと報じられた。その際、本作がNetflixによって全世界配信されることになったも報じられた[6]。3月22日、ジョエル・エドガートンが起用されたとの報道があった[7]。5月31日、ロバート・パティンソン、リリー=ローズ・デップ、ショーン・ハリス、ベン・メンデルソーンがキャスト入りした[8]。6月1日、ディーン=チャールズ・チャップマンが本作に出演することになったと報じられた[9]

本作の主要撮影は2018年6月1日に始まり、同年8月24日に終了した[8]。ロケはイングランドの各地やハンガリーシルヴァーシュヴァラードで行われた[10][11]

2019年7月22日、ニコラス・ブリテルが本作で使用される楽曲を手掛けることになったと報じられた[12]

公開・マーケティング編集

2019年8月27日、本作のティーザー・トレイラーが公開された[13]。9月2日、本作は第76回ヴェネツィア国際映画祭でプレミア上映された[14]

評価編集

本作は批評家から好意的に評価されている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには90件のレビューがあり、批評家支持率は71%、平均点は10点満点で6.41点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「印象に残る要素を寄せ集めた割に、心に響くものが少ないように思える。しかし、素晴らしい原作と観客の心を掴む演技のお陰で、『キング』は称賛される価値のある歴史ドラマに仕上がっている。」となっている[15]。また、Metacriticには33件のレビューがあり、加重平均値は62/100となっている[16]

出典編集

  1. ^ キング”. 映画.com. 2019年8月29日閲覧。
  2. ^ Netflix Dates 'Marriage Story,' 'Laundromat' and Other Fall Award Films”. Hollywood Reporter (2019年8月27日). 2019年8月29日閲覧。
  3. ^ ティモシー・シャラメ主演『キング』日本劇場公開が決定!”. シネマトゥデイ (2019年10月10日). 2019年10月11日閲覧。
  4. ^ Joel Edgerton after Gatsby”. The Monthly (2013年6月). 2019年8月29日閲覧。
  5. ^ Former Universal Chairman David Linde on TIFF Bet, What He Misses About Running a Big Studio”. Hollywood Reporter (2015年9月3日). 2019年8月29日閲覧。
  6. ^ Timothee Chalamet To Play King Henry V In David Michôd Netflix Film ‘The King’”. Deadline.com (2018年2月8日). 2019年8月29日閲覧。
  7. ^ Joel Edgerton Joins Timothee Chalamet in Netflix Drama 'The King'”. Hollywood Reporter (2018年3月22日). 2019年8月29日閲覧。
  8. ^ a b Robert Pattinson, Lily-Rose Depp Among Cast Joining Timothée Chalamet In Netflix Pic ‘The King’, Cameras Roll This Week”. Deadline.com (2018年5月31日). 2019年8月29日閲覧。
  9. ^ ‘Game Of Thrones’ Star Dean-Charles Chapman Joins Netflix Pic ‘The King’”. Deadline.com (2018年6月1日). 2019年8月29日閲覧。
  10. ^ Lincoln casting call for period film”. The Lincolnite (2018年5月15日). 2019年8月29日閲覧。
  11. ^ https://www.kftv.com/news/2018/05/03/timothee-chalamet-to-film-henry-v-movie-in-hungary”. KFTV (2018年5月3日). 2019年8月29日閲覧。
  12. ^ Nicholas Britell Scoring David Michod’s ‘The King’”. Film Music Reporter (2019年7月22日). 2019年8月29日閲覧。
  13. ^ The King - Timothée Chalamet Official Teaser Trailer Netflix Film”. YouTube (2019年8月27日). 2019年8月29日閲覧。
  14. ^ Venice Competition to Include Roman Polanski, Steven Soderbergh, James Gray's 'Ad Astra,' Todd Phillips' 'Joker'”. Hollywood Reporter (2019年7月25日). 2019年8月29日閲覧。
  15. ^ The King”. Rotten Tomatoes. 2019年10月31日閲覧。
  16. ^ The King (2019)”. Metacritic. 2019年10月31日閲覧。

外部リンク編集