メインメニューを開く

キンシャサノキセキオーストラリア生産され、日本で調教された競走馬である。主な勝ち鞍は2010年2011年高松宮記念。馬名は、モハメド・アリがザイール共和国(現コンゴ民主共和国)の首都キンシャサジョージ・フォアマンに勝ち、プロボクシング世界ヘビー級王座を奪還した際に謳われたキンシャサの奇跡から取られている。また父馬名のフジキセキの『キセキ』もかけたカタチとなっている。

キンシャサノキセキ
Kinshasa-no-Kiseki20100328.jpg
2010年高松宮記念
欧字表記 Kinshasa no Kiseki
香港表記 拳壇奇蹟
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 2003年9月24日(16歳)
登録日 2005年11月24日
抹消日 2011年3月30日
フジキセキ
ケルトシャーン
母の父 Pleasant Colony
生国 オーストラリアの旗 オーストラリア
生産 Arrowleave Joint Venture
馬主 吉田和美
調教師 堀宣行美浦
厩務員 小林武幸
競走成績
生涯成績 31戦12勝
獲得賞金 7億8530万6000円
テンプレートを表示
2009年スワンS優勝時
2009年阪神C優勝時

目次

経歴編集

競走馬時代編集

2003年9月24日オーストラリアにて誕生。美浦トレーニングセンター所属の堀宣行厩舎に入厩。

2005年12月3日新馬戦にて、五十嵐冬樹騎乗でデビューし、デビュー戦で初勝利を挙げた[1]

年が明けた2006年1月5日、ジュニアカップも勝ち、デビュー2連勝を飾った[2]。その後、第15回アーリントンカップで1番人気に支持されたものの6着と敗れた。続くNHKマイルカップでは3着に入った。


2008年3月30日高松宮記念に於いて、岩田康誠と初コンビを組んで2着。7月6日の第15回函館スプリントステークスで、デビュー17戦目、重賞10戦目にして初の重賞ウイナーとなった[3]。続くキーンランドカップでは、1番人気に支持されたものの、3着だった。そして迎えた大一番、スプリンターズステークスでは2着だった。

2009年オーシャンステークスから始動。1番人気に推されたが、最後の直線で伸び切れず10着と大敗した。その後、3月29日の高松宮記念では10着に敗れた。休養を挟み、10月4日のスプリンターズステークスでは好位でレースを進めたが直線で失速して12着と惨敗した。続く10月31日スワンステークスでは4・5番手でレースを進め、直線で先行して粘るアーリーロブストとの競り合いを制し、1年4ヶ月ぶりの重賞2勝目を挙げた[4]。その後、12月20日の第4回阪神カップミルコ・デムーロ騎乗で出走、スタートで出遅れたものの、直線で真ん中から一気に抜け出し、2着のプレミアムボックスサンカルロ(同着)に1馬身差をつけて重賞3勝目を挙げた[5]

 
2010年阪神C優勝時

2010年も前年同様オーシャンステークスから始動。道中は中団内を追走し、直線では内で馬群をさばくのに手間取るものの、前が開いてからは一完歩ごとに差を詰め、残り100mで先頭に立ち勝利、重賞3連勝を果たした[6]。そして3月28日の第40回高松宮記念、3枠6番という好枠から先行集団をマークしながらレースを進め、直線で先行したヘッドライナーを捉えて先頭に立つと、外から急襲したビービーガルダンをハナ差抑えて1着となり初のGI制覇を果たした[7]。南半球産の日本調教馬が日本のGI級競走に優勝するのはグレード制導入後は初めて[8]。それ以前に遡っても1956年天皇賞(秋)のミツドフアーム以来44年振りである。秋はセントウルステークスからの予定だったが、疝痛のため出走を取り消した[9]。本番のスプリンターズステークスでは中団から追い込んで3位入線するも、ダッシャーゴーゴーの降着により2着に繰り上がった。マイルチャンピオンシップでは3番人気に支持され、道中中団を追走も直線でまったく伸びず13着と大敗した。12月18日の阪神カップでは好位4番手から抜け出すと、直線では逃げたレッドスパーダとの叩き合いとなり最後はクビ差で制し連覇を達成した[10]。なお、この年のG1競走1勝、2着1回を含む短距離重賞3勝の成績が認められ、JRA賞最優秀短距離馬に選出されている[11]

 
2011年高松宮記念

2011年も前年同様オーシャンステークスから始動。掛かり気味に後方2番手で追走し、直線で外から猛然と追い込んだが2着。次の高松宮記念では3番人気に推された。レースでは積極果敢に先団を形成、直線で軽々と抜け出し追い込んできたサンカルロに1馬身1/4の差をつけ完勝。同レース史上初の連覇、騎乗したウンベルト・リスポリは来日初G1勝利を飾った[12]。レース後は海外挑戦など次戦以降の模索もされていたが[13]、翌日の3月28日に引退が発表された。引退後は社台スタリオンステーションで種牡馬となる[14]。引退理由としては、そもそも今春に種牡馬入りのプランがあり、連覇で本決まりになったことが挙げられており、故障ではないと関係者から語られている[15]

引退後編集

かつての父と同じく、3月31日に社台スタリオンステーションに入厩。初年度の種付け料は150万円(受胎条件)[16]

2014年に産駒がデビュー、同年5月29日門別競馬第6競走・2歳未勝利でサダムリスペクトが産駒初勝利をあげた。

グレード制重賞優勝馬編集

地方重賞優勝馬編集

競走成績編集

年月日 競馬場 競走名 頭数 オッズ
(人気)
着順 騎手 斤量 距離(馬場) タイム
(上り3F)
タイム
勝ち馬/(2着馬)
2005.12.03 中山 2歳新馬 12 01.8 (1人) 01着 五十嵐冬樹 52 芝1200m(良) 1:11.7(34.7) -0.4 (ヤクモキャット)
2006.01.05 中山 ジュニアC OP 12 06.1 (5人) 01着 柴山雄一 54 芝1600m(良) 1:33.6(34.3) -0.0 (アドマイヤカリブ)
0000.02.25 阪神 アーリントンC GIII 15 02.5 (1人) 06着 柴山雄一 54 芝1600m(良) 1:35.8(35.9) -1.1 ステキシンスケクン
0000.04.02 阪神 マーガレットS OP 11 01.5 (1人) 04着 武豊 55 芝1400m(重) 1:26.6(39.1) -0.5 エムエスワールド
0000.05.07 東京 NHKマイルC GI 18 14.8 (6人) 03着 安藤勝己 55 芝1600m(良) 1:33.4(35.3) -0.2 ロジック
0000.10.07 東京 アイルランドT 16 02.5 (1人) 04着 安藤勝己 54 芝1600m(稍) 1:33.6(34.8) -0.3 ニシノナースコール
0000.11.05 京都 桂川S 15 03.4 (1人) 01着 安藤勝己 55 芝1400m(良) 1:19.4(32.9) -0.5 (スピニングノアール)
0000.11.19 京都 マイルCS GI 18 13.2 (5人) 05着 秋山真一郎 55 芝1600m(良) 1:33.2(35.3) -0.5 ダイワメジャー
2007.01.06 京都 京都金杯 GIII 16 04.0 (1人) 06着 安藤勝己 55 芝1600m(良) 1:34.3(35.0) -0.4 マイネルスケルツィ
0000.02.25 阪神 阪急杯 GIII 16 03.0 (1人) 04着 O.ペリエ 55 芝1400m(良) 1:20.7(34.3) -0.2 プリサイスマシーン
エイシンドーバー
0000.04.29 新潟 谷川岳S OP 16 01.8 (1人) 01着 藤田伸二 55 芝1400m(良) 1:20.1(35.1) -0.1 (ペールギュント)
0000.09.09 阪神 セントウルS GII 16 02.6 (1人) 03着 藤田伸二 57 芝1200m(良) 1:07.9(34.0) -0.8 サンアディユ
0000.11.23 東京 キャピタルS OP 18 05.5 (2人) 01着 藤田伸二 56 芝1600m(良) 1:32.8(34.1) -0.1 エアシェイディ
2008.01.05 京都 京都金杯 GIII 16 05.1 (2人) 10着 藤田伸二 57 芝1600m(良) 1:34.3(35.2) -0.7 エイシンデピュティ
0000.03.02 阪神 阪急杯 GIII 16 04.5 (2人) 05着 安藤勝己 56 芝1400m(良) 1:21.3(34.6) -0.6 ローレルゲレイロ
0000.03.30 中京 高松宮記念 GI 18 09.3 (5人) 02着 岩田康誠 57 芝1200m(良) 1:07.1(33.4) -0.0 ファイングレイン
0000.07.06 函館 函館スプリントS JpnIII 16 01.8 (1人) 01着 岩田康誠 56 芝1200m(良) 1:08.4(35.3) -0.1 (トウショウカレッジ)
0000.08.31 札幌 キーンランドC JpnIII 16 02.0 (1人) 03着 岩田康誠 56 芝1200m(良) 1:08.1(33.7) -0.2 タニノマティーニ
0000.10.05 中山 スプリンターズS GI 16 05.9 (2人) 02着 岩田康誠 57 芝1200m(良) 1:08.2(34.0) -0.2 スリープレスナイト
2009.03.07 中山 オーシャンS GIII 16 02.9 (1人) 10着 岩田康誠 57 芝1200m(稍) 1:09.5(36.0) -0.3 アーバニティ
0000.03.29 中京 高松宮記念 GI 18 09.0 (5人) 10着 岩田康誠 57 芝1200m(良) 1:08.8(35.5) -0.8 ローレルゲレイロ
0000.10.04 中山 スプリンターズS GI 16 09.6 (4人) 12着 三浦皇成 57 芝1200m(良) 1:07.9(34.6) -0.4 ローレルゲレイロ
0000.10.31 京都 スワンS GII 18 08.6 (4人) 01着 C.スミヨン 57 芝1400m(良) 1:20.3(33.9) -0.0 アーリーロブスト
0000.12.20 阪神 阪神C GII 18 04.7 (1人) 01着 M.デムーロ 57 芝1400m(良) 1:20.4(34.7) -0.2 プレミアムボックス
サンカルロ
2010.03.06 中山 オーシャンS GIII 16 04.2 (2人) 01着 四位洋文 58 芝1200m(重) 1:09.8(35.7) -0.0 エーシンエフダンズ
0000.03.28 中京 高松宮記念 GI 18 03.7 (1人) 01着 四位洋文 57 芝1200m(良) 1:08.6(34.6) -0.0 ビービーガルダン
0000.09.12 阪神 セントウルS GII 15 四位洋文 59 芝1200m(良) 出走取消 ダッシャーゴーゴー
0000.10.03 中山 スプリンターズS GI 16 05.6 (3人) 02着 四位洋文 57 芝1200m(良) 1:07.6(33.9) -0.2 ウルトラファンタジー
0000.11.21 京都 マイルCS GI 18 07.2 (3人) 13着 R.ムーア 57 芝1600m(良) 1:32.5(34.9) -0.7 エーシンフォワード
0000.12.18 阪神 阪神C GII 17 03.9 (2人) 01着 C.スミヨン 57 芝1400m(良) 1:20.3(34.3) -0.0 レッドスパーダ
2011.03.05 中山 オーシャンS GIII 16 03.6 (2人) 02着 U.リスポリ 59 芝1200m(良) 1:07.9(33.4) -0.1 ダッシャーゴーゴー
0000.03.27 阪神 高松宮記念 GI 16 04.5 (3人) 01着 U.リスポリ 57 芝1200m(良) 1:07.9(34.0) -0.2 (サンカルロ)

血統表編集

キンシャサノキセキ血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 サンデーサイレンス系

フジキセキ
1992 青鹿毛
父の父
*サンデーサイレンス
Sunday Silence
1986 青鹿毛
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
父の母
*ミルレーサー
Millracer
1983 鹿毛
Le Fabuleux Wild Risk
Anguar
Marston's Mill In Reality
Millicent

*ケルトシャーン
Keltshaan
1994 鹿毛
Pleasant Colony
1978 黒鹿毛
His Majesty Ribot
Flower Bowl
Sun Colony Sunrise Flight
Colonia
母の母
Featherhill
1978 鹿毛
Lyphard Northern Dancer
Goofed
Lady Berry Violon d'Ingres
Moss Rose
母系(F-No.) (FN:14) [§ 2]
5代内の近親交配 アウトブリード [§ 3]
出典
  1. ^ [27]
  2. ^ [27]
  3. ^ [27]
主な近親

脚注編集

  1. ^ “フジキセキ産駒キンシャサノキセキ、デビュー勝ち”. netkeiba.com. (2005年12月3日). http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=10726 2015年9月3日閲覧。 
  2. ^ “ジュニアC、キンシャサノキセキが土壇場で差し切る”. netkeiba.com. (2006年1月5日). http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=11585 2015年9月3日閲覧。 
  3. ^ “キンシャサノキセキ、10度目の挑戦で重賞初制覇”. netkeiba.com. (2008年7月6日). http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=29529 2015年9月3日閲覧。 
  4. ^ “キンシャサノキセキ、1年4か月ぶりの勝利/スワンS”. netkeiba.com. (2009年10月31日). http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=41011 2015年9月3日閲覧。 
  5. ^ “キンシャサノキセキが出遅れながらも完勝/阪神C”. netkeiba.com. (2009年12月20日). http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=42645 2015年9月3日閲覧。 
  6. ^ “キンシャサノキセキが重賞3連勝達成/オーシャンS”. netkeiba.com. (2010年3月6日). http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=44454 2015年9月3日閲覧。 
  7. ^ “キンシャサノキセキ、重賞4連勝で春のスプリント王に/高松宮記念”. netkeiba.com. (2010年3月28日). http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=45002 2015年9月3日閲覧。 
  8. ^ “僅差キンシャサ新短距離王だ/高松宮記念”. nikkansports.com. (2010年3月29日). http://www.nikkansports.com/race/news/p-rc-tp0-20100329-611610.html 2015年9月3日閲覧。 
  9. ^ “スプリンターズS】美浦レポート~キンシャサノキセキ”. ラジオNIKKEI. (2010年9月30日). http://keiba.radionikkei.jp/keiba/entry-190850.html 2015年9月3日閲覧。 
  10. ^ “キンシャサノキセキ、レースレコードで連覇/阪神C”. netkeiba.com. (2010年12月19日). http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=52555 2015年9月3日閲覧。 
  11. ^ “年度代表馬はブエナビスタに決定”. netkeiba.com. (2011年1月6日). http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=53095 2015年9月3日閲覧。 
  12. ^ “キンシャサノキセキが史上初の連覇達成/高松宮記念”. netkeiba.com. (2011年3月27日). http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=54983 2015年9月3日閲覧。 
  13. ^ 【高松宮記念】史上初!キンシャサ連覇 - デイリースポーツ 3月28日閲覧
  14. ^ “キンシャサノキセキが電撃引退、種牡馬に”. netkeiba.com. (2011年3月28日). http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=55009 2015年9月3日閲覧。 
  15. ^ キンシャサノキセキ電撃引退…今春から種付け
  16. ^ キンシャサノキセキが社台スタリオンステーションにスタッドイン
  17. ^ シュウジ”. JBISサーチ. 2017年10月30日閲覧。
  18. ^ モンドキャンノ”. JBISサーチ. 2017年10月30日閲覧。
  19. ^ サクセスエナジー”. JBISサーチ. 2018年5月1日閲覧。
  20. ^ カシアス”. JBISサーチ. 2017年10月30日閲覧。
  21. ^ ベルーガ”. JBISサーチ. 2017年11月6日閲覧。
  22. ^ ジュエルクイーン”. JBISサーチ. 2017年10月30日閲覧。
  23. ^ ナンネッタ”. JBISサーチ. 2017年10月30日閲覧。
  24. ^ メモリーミラクル”. JBISサーチ. 2017年10月30日閲覧。
  25. ^ エースウィズ”. JBISサーチ. 2018年8月17日閲覧。
  26. ^ サンタガール”. JBISサーチ. 2018年8月17日閲覧。
  27. ^ a b c 血統情報:5代血統表|キンシャサノキセキ”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2017年1月9日閲覧。

外部リンク編集