キンセンカ

キク科の植物

キンセンカ(金盞花、学名Calendula officinalis)は、キク科植物。別名はカレンデュラポットマリーゴールド[注釈 1]。 最盛期は3月~6月、朝方に開花する一日花。

キンセンカ
Calendula officinalis1.jpg
キンセンカの花
分類APG IV
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : キク上群 superasterids
階級なし : キク類 asterids
階級なし : キキョウ類 campanulids
: キク目 Asterales
: キク科 Asteraceae
亜科 : キク亜科 Asteroideae
: キンセンカ属 Calendula
: キンセンカ C. officinalis
学名
Calendula officinalis L.
和名
キンセンカ
英名
Pot Marigold

概要編集

原産地は地中海沿岸。北アメリカ、中央アメリカ、南ヨーロッパなどで栽培されている。春咲き一年草として扱うが宿根草タイプは冬を越すので「冬知らず」の名で市場に出回る。

葉は長さ5〜18センチメートルの単葉、しばしば荒い毛が生えている。花径10cmほどでオレンジ色や黄色の花を咲かせる。花容は一重、八重、また中心に黒のスポットのあるものと多彩。

観賞用のほか食用品種(食用きんせんか、カレンジュラ)もある[3]。日本では観賞用として花壇などに植えられるが、ヨーロッパでは原種はハーブの1つに数えられるエディブル・フラワー(食用花)である。

キンセンカの軟膏火傷からにきびまで幅広い皮膚のトラブルの治療薬になると考えられている。「貧乏人のサフラン」、「エジプトサフラン」と呼ばれるように、花弁がサフランの代用品として利用されることが多い[4]

チョウ目の幼虫(ヨトウガキシタバヤガのような)の餌として用いられる。

栽培編集

種まきは秋か早春にするが、寒冷地以外は秋まきが普通である。18-25℃の気温下では種まき後5日ほどで発芽する。土は選ばないが酸性土壌では育ちが悪く、弱アルカリ性の土壌を好む。また日当たりを好む。茎は直立性で20cmから1mの高さ。よく分枝するので、切り戻してそれを促す。開花期間は春先から初夏である。栽培は容易であるが、うどんこ病アブラムシが発生する。

人間との関わり編集

キンセンカが作られたことを示すといわれる神話は、クリュティエヘーリオスの物語であるが、通常この物語はヒマワリヘリオトロープを指すとされる事が多い。もっともヒマワリはアメリカ大陸の原産であり、神話の時代にはギリシャでは知られていなかった。

中世の頃はキンセンカを眺めているだけで視力が強化されると考えられていた[5]

脚注編集

注釈 編集

  1. ^ 一般にマリーゴールドと呼ばれる植物は、Tagetes属のアフリカン・マリーゴールドTagetes erecta、和名:センジュギク)、フレンチ・マリーゴールドTagetes patula、和名:コウオウソウ)などであるが、キンセンカはこれらとはまったく別属の植物である。Tagetes属の植物は春蒔きで、食用には適さない[1][2]

出典 編集

  1. ^ 武政 1997, pp. 189–190.
  2. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-) ,「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)、2015年5月18日閲覧
  3. ^ 食用花類 Edible flowers”. 農林水産省. 2022年2月23日閲覧。
  4. ^ サンティッチ,ブライアント 2010, p. 255.
  5. ^ フリーマン 2009, p. 72.

参考文献編集

  • バーバラ・サンティッチ; ジェフ・ブライアント 著、山本紀夫 訳 『世界の食用植物文化図鑑』柊風社、2010年。ISBN 9784903530352 
  • 武政三男 『スパイス&ハーブ辞典』文園社、1997年。ISBN 4893361015 
  • マーガレット・B.フリーマン 著、遠山茂樹 訳 『西洋中世ハーブ事典』八坂書房、2009年。ISBN 978-4896949254