メインメニューを開く
本来の表記は「斗雲」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

斗雲(きんとうん)は、中国伝奇小説西遊記』に登場する、に乗って空を飛ぶ架空の仙術、およびそれによって呼ばれる架空の雲。主人公、猿の仙人である孫悟空が使用する。

「筋斗雲」「斤斗雲」という表記も見られるが、「筋」「斤」は「」の異体字である[1]。「金斗雲」と当て字されることもある。

斗」とは「宙返り」の意であり、孫悟空がより基礎的な雲に乗る術を披露した際に、とんぼを切って雲に乗ったのを見た仙術の師の須菩提が、その適性を判断して特に授けた術である。「斗雲の術」は、宙返りひとつで10万8000里の距離を飛ぶものである。京劇においては、天大聖(斉天大聖)が雲に乗る際に宙返りを披露することが、この役での見せ場の一つとされている。

なお「雲に乗る術」なので三蔵法師など高僧であっても人間は乗ることは出来ず、神仙のみ同乗可能である。

備考編集

猪八戒沙悟浄も雲に乗って飛ぶことはできる。しかし、斗雲ならひとっ飛びの距離を、猪八戒は一日、沙悟浄は三日かかる[2][3]。日本テレビ系ドラマ『西遊記』では猪八戒がたびたび雲に乗るが、整備不良で高度が安定せず墜落する場面もある。

脚注編集