キース・エリスKeith Ellis1946年3月19日 - 1978年12月12日)は、イングランドのベーシスト。ダービーシャーのマトロック生まれ[1]。彼は、The Koobas、The Misunderstood、ジューシー・ルーシーとの関係で知られている。1968年から1969年までヴァン・ダー・グラフ・ジェネレーターのメンバーも務めた[2]。エリスは、1975年からオリジナルのラインナップが崩壊した1976年後半まで、マイク・パトゥオリー・ハルソールのバンドであるボクサーにて一緒に演奏した[3]

キース・エリス
Keith Ellis
出生名 Keith Ian Ellis
生誕 (1946-03-19) 1946年3月19日
出身地 イングランドの旗 イングランド ダービーシャー マトロック
死没 (1978-12-12) 1978年12月12日(32歳没)
ジャンル ロックプログレッシブ・ロック
職業 ミュージシャン
担当楽器 ベース
共同作業者 ヴァン・ダー・グラフ・ジェネレーター

エリスはアイアン・バタフライとのツアー中、1978年にドイツのダルムシュタットで亡くなった[3]。音楽ジャーナリストのラルフ・ハイブツキ (Ralph Heibutzki)は、『Ugly Things』誌の2011年版にて、偶発的な薬物の過剰摂取による犠牲者であると報告しているが、死因は特定されなかった[4]。彼は未亡人としてデボラを残して世を去っている。

ピーター・ハミルによるアルバム『pH7』(1979年)収録の「Not For Keith」という曲は、エリスへのトリビュートとなっている[5]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Christopulos, J., and Smart, P., Van der Graaf Generator – The Book, p. 23. (Phil and Jim Publishers, 2005.) 978-0955133701
  2. ^ Keith Ellis”. Vandergraafgenerator.co.uk. 2013年6月16日閲覧。
  3. ^ a b Christopulos and Smart, Van der Graaf Generator, p. 47.
  4. ^ Heibutzki, Ralph, "Traveling Show: The Serendipitous & Surreal Six-Stringed Life & Times Of Ollie Halsall, part 3", Ugly Things, issue no.31, Spring 2011.
  5. ^ Sofa Sound”. Sofa Sound. 2013年6月16日閲覧。

外部リンク編集