キース・ティペット

キース・ティペット(Keith Tippett、1947年8月25日 - 2020年6月14日[1])は、イングランド出身のミュージシャンジャズピアニスト作曲家

キース・ティペット
Keith Tippett
Keith Tippett.jpg
2006年7月
基本情報
出生名 Keith Graham Tippetts
生誕 (1947-08-25) 1947年8月25日
出身地 イングランドの旗 イングランドブリストル
死没 (2020-06-14) 2020年6月14日(72歳没)
ジャンル ジャズ
フリー・ジャズ
ジャズ・ロック
ポップ・ロック
プログレッシブ・ロック
職業 ミュージシャンピアニスト作曲家
担当楽器 ピアノキーボード
活動期間 1968年 - 2020年
レーベル ポリドール・レコード
ヴァーティゴ
RCAレコード
オガン・レコード
Universe Productions
FMP Records
ほか多数
共同作業者 キース・ティペット・グループ
ジュリー・ティペッツ
センティピード
キング・クリムゾン
デディケーション・オーケストラ
ソフト・ウェア(ソフト・マシーン) ほか

1970年代から主に、ジャズ・ロックの分野で活動。数多くのジャム・セッション実績を誇る同国の代表的なジャズ・プレイヤーの一人。

略歴編集

1947年イングランドブリストルに生まれる。

パット・エヴァンス(Pat Evans)のリハーサルバンドで演奏する機会を得て、才能を認められた。

1968年の第1回バリー・サマー・スクールにおいて、最優秀ピアニストに選ばれた。各部門で最優秀に選ばれたエルトン・ディーン (サックス)、マーク・チャリグ (コルネット)、ニック・エヴァンス (トロンボーン)、ギラン・リオンズ (ベース)、レス・サークル (ドラムス)と、7月にキース・ティペット・グループを結成した。8月に同じバリー・サマー・スクールでデビューコンサート。ドラムスはレスからアラン・ジャクソンに替わり、9月には初レコーディング。

1969年には1月から英国ジャズ協会の100Clubで演奏活動開始、8月からはマーキー・クラブに進出し常連となる。その後「キング・クリムゾン」など様々なグループと知り合い、互いの作品にも参加した。

1970年10月にはファースト・アルバム『ユー・アー・ヒア・アイ・アム・ゼア』を発表[2]。50人編成のビッグ・バンドセンティピード」を企画しコンサートを行ない、翌1971年1月にはセカンド・アルバム『デディケイテッド・トゥー・ユー』を発表するなど、当時はビッグバンド、小編成のジャズ・コンボ、オヴァリー・ロッジ等の即興演奏と、主に3つのスタイルで活動していた。その後、ジャズ、ロック、ポップスの膨大な数のセッションに参加し、多くのアルバムに名を刻んでいる。

2013年[3]および、2015年に来日公演を開催[4]。同年に「ソフト・マシーン・レガシー」のサポートとしても再来日した[5]

2020年6月、心臓発作により72歳で死去[6]

人物編集

 
キース & ジュリー・ティペッツ『Paul Rutherford Memorial 2007』ライブ (2007年10月)

妻は、ブライアン・オーガー・アンド・ザ・トリニティーなどで活動したボーカリスト、ジュリー・ドリスコール(現ジュリー・ティペッツ)。同夫妻による「キース & ジュリー・ティペッツ」名義で活動することもある。

ディスコグラフィ編集

ソロ及びリーダー・アルバム編集

  • 『ユー・アー・ヒア・アイ・アム・ゼア』 - You Are Here... I Am There (1970年) ※キース・ティペット・グループ名義
  • 『デディケイテッド・トゥー・ユー』 - Dedicated To You, But You Weren't Listening (1971年) ※キース・ティペット・グループ名義
  • 『ブループリント』 - Blueprint (1972年)
  • Frames (Music For An Imaginary Film) (1978年) ※キース・ティペッツ・アーク名義
  • The Unlonely Raindancer (1980年)
  • Mujician (1982年)
  • A Loose Kite In A Gentle Wind Floating With Only My Will For An Anchor (1986年) ※キース・ティペット・セプテット名義
  • Mujician II (1987年)
  • Mujician III (August Air) (1989年)
  • The Dartington Concert (1992年)
  • Une Croix Dans L'Océan (1995年)
  • 『13日の金曜日』 - Friday The 13th (1997年)
  • Linückea (2000年)
  • Live At Le Mans (2007年) ※Keith Tippett Tapestry Orchestra名義
  • From Granite To Wind (2011年) ※キース・ティペット・オクテット名義
  • Mujician Solo IV (Live In Piacenza) (2015年)
  • The Nine Dances Of Patrick O'Gonogon (2016年) ※キース・ティペット・オクテット名義
  • Live In Triest (2018年)

センティピード編集

  • 『セプトーバー・エナジー』 - Septober Energy (1971年)

オヴァリー・ロッジ編集

  • Ovary Lodge (1973年)
  • Ovary Lodge (1976年)

ドリームタイム編集

  • Bunny Up (1984年)
  • Zen Fish (1998年)
  • Cathanger '86 (2004年)
  • Double Trouble (2010年)

キース & ジュリー・ティペッツ編集

  • Couple In Spirit (1988年)
  • Couple In Spirit II (1997年)
  • 『ノスタルジア77・セッションズ・フィーチャリング・キース&ジュリー・ティペット』 - Nostalgia 77 Sessions Featuring Keith & Julie Tippett (2009年) ※ノスタルジア77とのセッション
  • Live At The Purcell Room (Couple In Spirit) (2010年)
  • A Mid Autumn's Night Dream (2019年) ※with Lino Capra Vaccina, Paolo Tofani

ミュージシャン編集

  • The Journey (1990年)
  • Poem About The Hero (1994年)
  • 『バードマン』 - Birdman (1996年)
  • Colours Fulfilled (1998年)
  • 『ブリストル・コンサート』 - The Bristol Concert (2000年) ※with ザ・ジョージアン・アンサンブル
  • 『スペースタイム』 - Spacetime (2002年)
  • 『ゼアーズ・ノー・ゴーイング・バック・ナウ』 - There's No Going Back Now (2006年)

デディケーション・オーケストラ編集

  • Spirits Rejoice (1992年、Ogun Records)
  • Ixesha (Time) (1994年、Ogun Records)

連名アルバム編集

  • Stan Tracey / Keith Tippett : TNT (1976年)
  • Mark Charig with Keith Tippett, Ann Winter : Pipedream (1977年)
  • Hopper / Dean / Tippett / Gallivan : 『クルエル・バット・フェア』 - Cruel But Fair (1976年)
  • Keith Tippett / Julie Tippett / Trevor Watts / Colin McKenzie : Warm Spirits - Cool Spirits (1977年)
  • Keith Tippett & Louis Moholo : No Gossip (1982年)
  • Louis Moholo / Larry Stabbins / Keith Tippett : Tern (1983年)
  • Weekend With Keith Tippett : 『ライヴ・アット・ロニー・スコッツ』 - Live At Ronnie Scott's (1983年)
  • Howard Riley & Keith Tippett : 『イン・フォーカス』 - In Focus (1985年)
  • Hopper / Dean / Tippett / Gallivan : 『マーシー・ダッシュ』 - Mercy Dash (1985年)
  • Low Flyng Aircraft : Low Flyng Aircraft (1987年)
  • Tippett / Nicols / Tippett : Mr. Invisible And The Drunken Sheilas (Supported By Mr. & Mrs. Disgraceful - Presented By Honest Spiv Faber And Eric Wetherall With The Kind Permission Of The Sheila Duncan Trio) (1989年)
  • Keith Tippett / Andy Sheppard : 『66の幻影』 - 66 Shades Of Lipstick (1990年)
  • Howard Riley, Keith Tippett : The Bern Concert (1994年)
  • Peter Fairclough & Keith Tippett : Wild Silk (1996年)
  • Julie Tippett / Willi Kellers / Keith Tippett : Twilight Etchings (1996年)
  • Elton Dean, Paul Dunmall, Tony Levin, Paul Rogers, Roswell Rudd, Keith Tippett : Bladik (1997年)
  • Paul Dunmall / Pete Fairclough / Philip Gibbs / Keith Tippett : Onosante (2000年)
  • Howard Riley / Keith Tippett : First Encounter (2001年)
  • Philip Gibbs, Keith Tippett, Paul Dunmall, Roberto Bellatalla, Peter Fairclough : Kunikazu (2001年)
  • Peter Fairclough & Keith Tippett : Imago (2003年)
  • Howard Riley - John Tilbury - Keith Tippett : Another Part Of The Story (2003年)
  • Tippett • Riley • Grew • Thomas : Pianoforte (2004年)
  • Keith Tippett, Julie Tippetts, Philip Gibbs, Paul Dunmall : Mahogany Rain (2005年)
  • Keith Tippett, Paul Dunmall, Julie Tippetts : Dartington Improvising Trio : Live At The Priory (2005年)
  • George Burt / Raymond MacDonald Sextet* featuring Keith Tippett : A Day For A Reason (2005年)
  • The George Burt / Raymond MacDonald Sextet Featuring Keith Tippett : Boohoo Fever (2006年)
  • Keith Tippett, Julie Tippetts, Louis Moholo-Moholo & Canto Generàl : Viva La Black Live At Ruvo (2007年)
  • Stefano Maltese featuring Keith Tippett : The Lion Is Dreaming (2008年)
  • Stan Tracey & Keith Tippett : Supernova (2008年)
  • The Michael Giles Mad Band With Guest Keith Tippett : In The Moment (2011年)
  • Keith Tippett - Giovanni Maier : Two For Joyce (2013年)
  • Jackson • Long • Taylor • Tippett : Four Quartets (2016年)

参考文献編集

  • 『キング・クリムゾン―至高の音宇宙を求めて』(新興楽譜出版社、1981年6月)
  • 『キング・クリムゾン』(TOKYO FM 出版、1995年10月)

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集