メインメニューを開く

キーロックKey Lock)は、プロレスにおけるもっとも古典的な関節技の一種である。日本名は鍵穴固め(かぎあながため)。ショートアームシザースShort Arm Scissors)とも呼ばれる。柔道においては腕挫膝固(うでひしぎひざがため)に包含される。

概要編集

グラウンド状態で相手の片方の腕を「く」の字にして二の腕と手首のあたりを片脚ではさみ、曲がった腕の間に自分の腕を通して固めて両脚を4の字に組み、自分のいる方向に体重をかけて引っ張ることで肘関節を極める。腕挫十字固を狙った時に相手に腕をロックして防御された場合の返し技としても使用される。

主な使用者編集

派生技編集

ニーロック
同じ状態で肘ではなく膝を固める。

その他編集

出典編集

  1. ^ 書籍『寝業の傅統』(三恵社)(他著:木村昌彦