メインメニューを開く

Gi!nz(ギインズ)は、自由民主党所属の国会議員による音楽ユニット。現在のメンバーは林芳正小此木八郎浜田靖一松山政司の4人。1997年5月の結成当初は林と山本一太によるGi!nsというバンドであり[1][2]、1998年から1999年には、石崎岳[3]が参加していた時期や戸井田徹[4]がゲスト参加したこともあった。ロックテイストでニューミュージック風のサウンドが基調[5]

若者に政治に関心を持ってもらうために音楽という手段を選んだとされ[4][2]、自らが作詞作曲したを通じて政策課題を訴えている[6]CDチャリティーコンサートなどによる収益は支援金として用いられており、骨髄移植推進財団への寄付(骨髄バンクの支援)[1][7]を行っているほか、コソボ紛争による難民[4]スマトラ島沖地震による大津波[6]御嶽山噴火[7]の被災地への援助なども行っている。

2005年1月21日にはアルバムを発売[5][1]。林は2枚目も作りたいが多忙のため実現できていないと2013年に述べていた[8]が、2018年1月19日に2枚目のアルバム『Gi!nz 2018』を発売[9]した。

アルバム編集

  • Gi!nz-ギインズ・ファースト・アルバム- 2005年1月21日発売(Gi!nz Records)
  • Gi!nz 2018 - 2018年1月19日発売(Gi!nz Records / REDMusic)
    • 01:Thousand Wings
    • 02:Hey George
    • 03:青い座標
    • 04:朝日のあたる丘
    • 05:Agree to Disagree
    • 06:キャサリーン
    • 07:Smile 〜乾いた大地に〜
    • 08:遙かなる想い
    • 09:東京大爆発
    • 10:少しの勇気 -Peace Together-
    • 11:日本に生まれてよかった
    • 12:東京卒業

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 「ギインズがCDデビュー『紅白目指す』」『スポーツ報知』2005年1月21日号23面。
  2. ^ a b 山本一太の「大臣vs大臣」 ゲスト:林芳正・農林水産大臣 ニコニコニュース 2013年4月26日
  3. ^ 「今日の話題 ギインズ」『北海道新聞』1998年5月23日付夕刊1面。
  4. ^ a b c 「取材メモ 『ギインズ』コソボ支援」『読売新聞』1999年6月17日付朝刊4面。
  5. ^ a b 「十字路 林芳正参院議員らのバンド『Gi!nz』、初のCDアルバム発売」『産経新聞』大阪版2005年1月6日付夕刊15面。
  6. ^ a b 国会議員バンド「Gi!nz」チャリティーライブ ZAKZAK 2005年2月17日
  7. ^ a b 「自民『ギインズ』慈善コンサート」『神奈川新聞』2014年11月8日号2面。
  8. ^ 林大臣! 参院選はどうなりますか? 林芳正農林水産大臣vs.春香クリスティーン(上) 東洋経済 2013年7月1日
  9. ^ CD『Gi!nz 2018』”. CD『Gi!nz 2018』. 2018年12月27日閲覧。

外部リンク編集