ギニア湾と周辺の国々

ギニア湾(ギニアわん、Gulf of Guinea)は、西アフリカ中央部にある大湾。ニジェール川ヴォルタ川コンゴ川などが注ぎ、湾内に緯度0度・経度0度の交差点がある。

沿岸部ではかつて、ヨーロッパとの貿易商により奴隷象牙穀物などが取り引きされた。1980年代に石油資源が発見され、以後盛んに開発が行なわれている。

沿岸国編集

石油資源編集

  • 1980年代より資源探査が進められ、湾内の大陸棚に世界屈指の埋蔵量を誇る油田、天然ガス田があることが確認された。
  • 沿岸国のナイジェリア、湾内のビオコ島を領有する赤道ギニア、サントメ・プリンシペなどにより海底油田の開発が進められている。

関連項目編集