ギブス島(ギブスとう、:Gibbs Island)は、サウス・シェトランド諸島エレファント島の南西25kmに位置する島である。1825年にこの島を地図に記したジェームズ・ウェッデルにより命名された。

South Shetland Islands Map.png
サウス・シェトランド諸島の地図
AntDotMap Livingston.png
地理
場所 南極
座標 南緯61度28分 西経055度34分 / 南緯61.467度 西経55.567度 / -61.467; -55.567座標: 南緯61度28分 西経055度34分 / 南緯61.467度 西経55.567度 / -61.467; -55.567
諸島 サウス・シェトランド諸島
面積 22 km2 (8.5 sq mi)
長さ 13 km (8.1 mi)
2 km (1.2 mi)
行政
南極
人口統計
人口 0
追加情報
南極条約の下で管理
テンプレートを表示

概要編集

ギブス島は東西方向に長く伸びた島であり、長さは13km、幅は2kmで、面積は22km2である。南はブランスフィールド海峡、北はロパー海峡に面している。西部は"The Spit"と呼ばれる地峡、東部はファース半島になっている[1]

重要野鳥生息地編集

ファース半島、"The Spit"及びギブス島の氷のない部分からなる369haは、約1700つがいのマカロニペンギン、190つがいのヒゲペンギン、18000つがいのギンフルマカモメの子育てのためのコロニーになっているため、バードライフ・インターナショナルによって重要野鳥生息地に指定されている[1]

編集

ギブス島には、ドイツ人船乗りの墓がある。壮麗な十字架の墓碑銘は、次のように読める。
"Wilhelm Tolz, Matrose aus Husum, 1875 - 1912. Durch fremde Hand ertrunken. Ruhe in Frieden"
(ウィルヘルム・トルツ、フーズム出身の船乗り、1875年-1912年。溺死。安らかに眠る。)

彼や彼の死について、これ以上のことは分かっていない。

出典編集

  1. ^ a b Gibbs Island East”. BirdLife data zone: Important Bird Areas. BirdLife International (2012年). 2012年12月30日閲覧。