メインメニューを開く

ギブソン・レスポール・スペシャル

ギブソン・レスポール・スペシャル(Gibson Les Paul Special)は、ギブソン社製のエレキ・ギター

ギブソン・レスポール・スペシャル
Gibson Les Paul Special
メーカー/ブランド ギブソン
製造時期 1955-1960, 1974-現在
構造
ボディタイプ ソリッド
スケール長 24.75 in (629 mm)
フレット 22
ネックジョイント セットネック
材質
ボディ マホガニー
ネック マホガニー
フィンガーボード ローズウッド
ハードウェア
ブリッジ ラップアラウンドブリッジ
電気系統
ピックアップ 2基のP-90
カラーバリエーション
ライムド・マホガニー(TVイエロー), チェリーレッド, サンバースト
テンプレート | カテゴリ

目次

概要編集

レスポールのスチューデントモデル(入門用)であるレスポール・ジュニアの上位モデルとして、1955年に発売された。当時のレスポールシリーズにおけるグレードとしては、スタンダードとジュニアの間に位置するモデルである。 基本的な構造はジュニアに順じており、スタンダードと比較して主に以下の点が異なっていた。

  • マホガニーのフラットトップボディである
  • PUにはハムバッカーではなくP-90が搭載されてる
  • ドットタイプのポジションマークである
  • 白いプラスチックノブの3連ペグである

また、ジュニアと比較すると以下の点が異なっており、上位モデルらしい仕様となっている。

  • ソープバータイプのP-90を2基搭載、2ボリューム2トーン仕様
  • Gibsonロゴはパールタイプ
  • ネックにはバインディングが施されている

年代ごとの変化と動き編集

カスタムショップ製に関しては後述する。

  • 1955年

発売が開始される。

  • 1958年頃

ジュニアと同様にシングルカッタウェイからダブルカッタウェイに変更される。初期のダブルカッタウェイモデルはフロントピックアップが指板エンド付近に設置されていたが、ネックジョイントの問題からか間もなくキャビティ位置がブリッジ寄りに移動し、現在でもよく目にするスタイルとなる。それによりサウンドが変化したためか、他のレスポールモデルに先駆けて1959年頃に SG Special という名前に変更がなされている。

  • 1960年

ジュニアと共に生産終了となる。

  • 1974年

再生産されるが、シングルカッタウェイのみのラインナップとなる。

  • 1976年

ダブルカッタウェイも再生産される。

  • 1989年

ピックアップがP-100になり、バータイプのブリッジからチューン・O・マチックになる。

  • 1998年

カタログから「レスポール・スペシャル」の記載が消え、「レスポール・ジュニア・スペシャル」と表記されるモデルが登場する。このモデルはネックバインディングが無くロゴもデカールという仕様で、ジュニアに近い外観となっている。一般的にスペシャルとこのジュニア・スペシャルはあまり区別されておらず、実質的にレスポール・スペシャルとして扱われている。

  • 2003年

ピックアップがP-90に戻る。

  • 2015年

カタログから「レスポール・ジュニア・スペシャル」が消え、「レスポール・スペシャル」としてダブルカッタウェイモデルモデルのみラインナップされる。このモデルは従来のダブルカッタウェイモデルよりもネック接合部分がヘッド側に長くなっており、ボディシェイプが異なっている。また、ブリッジがバータイプに戻っている、ピックガードが無い、コントロールが従来の2ボリューム2トーンから、1ボリューム1トーンに変更されるなど、シンプルな仕様になっている。

その他のモデル編集

  • 海外に比べて日本で人気が高いためか、2014年と2016年にはギブソンUSAより、日本限定モデル(Japan Limited Run)として、シングルカッタウェイのバーブリッジモデルが販売されている。
  • 2001年~2013年にかけて「レスポール・スペシャル・プラス」または「レスポール・スペシャルrウィズ・ハムバッカー」といったモデル名でハムバッカーを搭載したモデルも販売されていた。

カスタムショップ編集

2000年頃よりヒストリックコレクションとしてパールロゴ、プラスチックノブの3連ペグ、バーブリッジ仕様で発売されている。前述の通りシングルカッタウェイの元モデルは1955年から1957年までの製造であるが、ヒストリックコレクションでは「1960モデル」とされ、シリアルも『0-』から始まる番号帯となっている。

著名な使用者編集

脚注編集