メインメニューを開く
ギャラクシー号(近鉄バス、2階建て車使用時代)
ギャラクシー号(近鉄バス、2階建て車使用時代)
ギャラクシー号(福島交通)
ギャラクシー号(福島交通)

ギャラクシー号(ギャラクシーごう)は、大阪府大阪市京都府京都市を経由)と福島県福島市(福島県須賀川市郡山市を経由)を結ぶ夜行高速バスである。

全席指定制のため、乗車には予約が必要。

目次

運行会社編集

運行経路編集

大阪府大阪市 - 阪神高速道路 - 名神高速道路 - 新名神高速道路 - 伊勢湾岸自動車道 - 新東名高速道路 - 首都圏中央連絡自動車道 - 東北自動車道 - 福島県福島市

  • 磐越自動車道全通前は東名・首都高速経由であり、磐越道全通後も降雪期は延着等を見込んで東名・首都高速経由で運行されていた。その後2006年頃より、通行止め等が発生しない限り通年北陸道・磐越道経由で運行されていたが、現在は新名神・新東名・圏央道経由で運行されている。

停車停留所編集

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(大阪行のみ停車) ← あべの橋 - 近鉄なんば駅西口OCATビル) - 大阪駅前(地下鉄東梅田駅) - 名神茨木インター - 名神高槻 - 名神大山崎 - 京都駅八条口(近鉄改札前) - 西郷バスストップ - 矢吹泉崎バスストップ - 福交須賀川営業所 - 郡山駅前 - 二本松バスストップ - 福島駅東口 - 福島高速バスターミナル

歴史編集

使用車両編集

2013年10月16日以降、近鉄バスは独立3列シート・27人乗りハイデッカー車(日野・セレガ[4]、福島交通は独立3列シート・36人乗りの2階建て車両(三菱ふそう・エアロキング)が使用される(同年10月15日まで近鉄バスも2階建て車であった)。ただし故障・検査時や多客時の後続便については、28人乗りスーパーハイデッカー車両が使用される場合がある。

利用状況編集

年度 運行日数 運行便数 年間輸送人員 1日平均人員 1便平均人員
2002年(平成14年)度 365 868 20,904 57.3 24.1
2003年(平成15年)度 366 848 20,628 56.4 24.3
2004年(平成16年)度 365 854 20,275 55.5 23.7
2005年(平成17年)度 365 826 18,638 51.5 22.6
2006年(平成18年)度 365 815 17,696 48.5 21.7
2007年(平成19年)度 366 817 16,837 46.0 20.6

備考編集

  • 会津乗合自動車(会津バス)では、会津若松駅(地元での通称:若松駅)〜郡山駅間を定期昼行高速バス乗り継ぎで、ギャラクシー号とセットで京都・大阪方面へ往復乗車できる企画券を取り扱っている。発売扱い・払い戻しなどは会津バス若松駅前ターミナルのみで取り扱い。繁忙期など利用できない時期が設定されているので、利用時は要確認[9]

脚注編集

[ヘルプ]

外部リンク編集