メインメニューを開く

ギャラクシー街道』(ギャラクシーかいどう)は、2015年10月24日公開の日本映画。監督・脚本は三谷幸喜

ギャラクシー街道
監督 三谷幸喜
脚本 三谷幸喜
出演者 香取慎吾
綾瀬はるか
小栗旬
優香
大竹しのぶ
西田敏行
音楽 荻野清子
撮影 山本英夫
編集 上野聡一
配給 東宝
公開 2015年10月24日
上映時間 110分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 13.2億円[1]
テンプレートを表示

宇宙を舞台とし、全員登場人物が宇宙人となる[2]。三谷曰く、「スペースロマンティックコメディ」作品で、SF映画の要素とロマンティック・コメディの要素がミックスされている[3]

目次

あらすじ編集

西暦2265年、木星と土星の間に浮かぶスペースコロニー(宇宙空間に作られた人工居住区)「うず潮」と地球を結ぶスペース幹線道路、通称“ギャラクシー街道”。かつては活気があったが、開通して150年、老朽化が著しくそろそろ閉鎖の噂も聞こえている。街道の中央にひっそりと佇む小さなハンバーガーショップ、サンドサンドバーガー・コスモ店を舞台に、今日も様々な星から宇宙人たちがやって来る。そこで働く人々と客たちが織りなす、宇宙人模様。宇宙人たちが織りなすファンタジー作品である。

キャスト編集

ノア
演 - 香取慎吾[3][2]
ギャラクシー街道沿いのハンバーガーショップの店主。
ノエ
演 - 綾瀬はるか[3]
ノアの妻。
ハトヤ
演 - 小栗旬[4]
警備隊の隊員。正体はキャプテン・ソックス。
レイ
演 - 優香[4]
ノアの元恋人。
ハナ
演 - 大竹しのぶ[4]
パートタイマー。愛想がなくやる気もない。パニック状態になると高圧電流を放電してしまう。
メンデス
演 - 遠藤憲一[4]
リフォーム業者。ノエに想いを寄せている。両性具有であり、終盤で多数の子供を出産する。
ハシモト
演 - 段田安則[4]
国土交通省の役人。
ゼット
演 - 山本耕史[4]
客引き。
ムタ
演 - 石丸幹二[4]
ドクター。ゼットとイルマに翻弄される。
ズズ
演 - 西川貴教[4]
カエル型宇宙人。性格はきわめて温厚で歌が上手いという特性があるが、絶えず身体が粘液でべと付いている。
マンモ
演 - 秋元才加[4]
警備隊の隊員で、トチヤマの婚約者。
トチヤマ
演 - 阿南健治[4]
警備隊隊長。ハトヤとマンモの上司。
堂本博士
演 - 西田敏行[4]
コンピュータ。ノアの相談相手。
ババサヒブ
演 - 梶原善[4]
レイの夫。舌が長い。
ダニー
演 - 久世浩
道化師
演 - 浅野和之[4]
ハシモトにまとわりつく謎の男。
サリバン先生
演 - 吉田ボイス
イルマ
演 - 田村梨果 (ミラクルひかる)[4]
コールガール。
イボンヌ
演 - シルビア・グラブ
キャプテンソックス
演 - 矢崎大貴
村田大樹
演 - 佐藤浩市
さまざまな声
演 - 山寺宏一
犬や小鳥の鳴き声。

スタッフ編集

挿入曲編集

「The End of the Universe / 宇宙の果まで」
作詞 - 三谷幸喜、作曲 - 荻野清子、唄 - ズズ

脚注編集

外部リンク編集