ギャレット・テンプル

アメリカのバスケットボール選手 (1986 - )

ギャレット・テンプル (Garrett Bartholomew Temple1986年5月8日 - )は、アメリカ合衆国ルイジアナ州バトンルージュ出身のプロバスケットボール選手。NBAニューオーリンズ・ペリカンズに所属している。ポジションはシューティングガードまたはスモールフォワード

ギャレット・テンプル
Garrett Temple
Garrett Temple.jpg
ワシントン・ウィザーズ時代のテンプル (2013年)
ニューオーリンズ・ペリカンズ  No.41
ポジション SG / SF
所属リーグ NBA
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 (1986-05-08) 1986年5月8日(36歳)
出身地 ルイジアナ州バトンルージュ
身長 196cm (6 ft 5 in)
体重 88kg (194 lb)
ウィングスパン 206cm  (6 ft 9 in)
キャリア情報
出身 LSU
NBAドラフト 2009年 / ドラフト外
選手経歴
2009-2010
2010
2010
2010
2010-2011
2011
2011
2011-2012
2012
2012-2016
2016-18
2018-2019
2019-2020
2020-2021
2021-
リオグランデバレー・バイパーズ
ヒューストン・ロケッツ
サクラメント・キングス
サンアントニオ・スパーズ
エリー・ベイホークス
ミルウォーキー・バックス
シャーロット・ボブキャッツ
ノビピゥカザーレ・モンフェッラート
リノ・ビッグホーンズ
ワシントン・ウィザーズ
サクラメント・キングス
メンフィス・グリズリーズ
ブルックリン・ネッツ
シカゴ・ブルズ
ニューオーリンズ・ペリカンズ
Stats ウィキデータを編集 Basketball-Reference.com
Stats ウィキデータを編集 NBA.com 選手情報 NBA.Rakuten

来歴編集

NBA以前編集

ルイジアナ州立大学で4年間在籍したものの、2009年のNBAドラフトではどのチームからも指名を受けることが出来ず、2009-10シーズンは開幕前にヒューストン・ロケッツと契約するも即解雇され、Dリーグに送られた後にロケッツと再契約するも再び解雇。以降の2シーズンはサクラメント・キングスサンアントニオ・スパーズミルウォーキー・バックスシャーロット・ボブキャッツ10日間契約と解雇を繰り返すという苦しいNBA生活を送っていた。

2011-12シーズンイタリアの球団に在籍し、力を付けてNBA定着を目指すことになる[1]

ワシントン・ウィザーズ編集

2012-13シーズン開幕前はマイアミ・ヒートのシーズンキャンプに参加。解雇後リノ・ビッグホーンズに在籍していたが、2012年12月25日にワシントン・ウィザーズと契約[2]ブラッドリー・ビールらの控え役を黙々とこなし、2014年7月にウィザーズとの2年契約を勝ち取った[3]。徐々に出場時間も増え、2015年12月19日のシャーロット・ホーネッツ戦で21得点を記録し[4]、更に2日後の21日のサクラメント・キングス戦では、自己最多の23得点を記録した[5]

サクラメント・キングス編集

2016年7月3日、サクラメント・キングスと3年2400万ドルの契約を結んだ[6]

メンフィス・グリズリーズ編集

2018年7月17日、ベン・マクレモアやドラフト指名権などを含めたトレードによりメンフィス・グリズリーズに移籍した[7][8]。 2018年10月19日のアトランタ・ホークス戦でゲームハイとなる30得点を記録した[9]

ブルックリン・ネッツ編集

2019-20シーズンは62試合(35先発)に平均27.9分の出場で、10.3得点・3.5リバウンド・2.5アシストなどを記録し、平均得点が初めて10点を超えた。トロント・ラプターズとのプレーオフ1回戦でも全4試合に先発して平均12.0得点などと活躍したが、敗退した。

人物編集

個人成績編集

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ  *  リーグリーダー  †  優勝シーズン

NBAレギュラーシーズン編集

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
2009–10 HOU 9 0 13.1 .448 .250 .667 1.6 .8 .4 .4 1.6 5.0
SAC 5 0 4.6 .375 .000 1.000 .6 .4 .2 .0 .4 2.2
SAS 13 4 14.8 .438 .435 .667 1.1 .9 .6 .2 .8 6.2
2009-10計 27 4 12.4 .436 .351 .700 1.1 .8 .5 .2 1.0 5.0
2010–11 3 0 7.0 .200 .000 .000 .7 .7 .3 .3 .3 .7
MIL 9 0 9.2 .333 .300 .000 .7 .7 .1 .1 .2 1.9
CHA 12 0 10.5 .286 .269 .636 1.3 2.0 .8 .3 1.7 3.2
2010-11計 24 0 9.6 .294 .270 .412 1.0 1.3 .5 .3 1.0 2.4
2012–13 WAS 51 36 22.7 .407 .325 .703 2.4 2.3 1.0 .3 1.2 5.1
2013–14 75 0 8.5 .362 .207 .698 .9 1.0 .5 .1 .6 1.8
2014–15 52 18 14.1 .400 .375 .729 1.7 1.1 .8 .2 .7 3.9
2015–16 80 43 24.4 .398 .345 .728 2.7 1.8 .9 .2 .8 7.3
2016–17 SAS 65 21 26.6 .424 .373 .784 2.8 2.6 1.3 .4 1.2 7.8
2017–18 65 35 24.8 .418 .392 .769 2.3 1.9 .9 .4 1.2 8.4
2018–19 MEM 49 49 31.2 .429 .352 .750 3.1 1.4 1.0 .5 1.1 9.4
LAC 26 6 19.6 .396 .296 .742 2.5 1.4 1.0 .2 .6 4.7
2018-19計 75 55 27.2 .422 .341 .748 2.9 1.4 1.0 .4 .9 7.8
2019–20 BKN 62 35 27.9 .378 .329 .805 3.5 2.5 .8 .5 1.0 10.3
2020–21 CHI 56 25 27.3 .415 .335 .800 2.9 2.2 .8 .5 1.0 7.6
2021–22 NOP 59 16 18.6 .376 .319 .683 2.4 1.3 .7 .4 .7 5.2
通算:12年 691 288 21.4 .402 .344 .740 2.3 1.7 .8 .3 .9 6.4
  • 2019-20シーズンは72試合で打ち切り、2020-21シーズンは72試合制

NBAプレーオフ編集

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
2010 SAS 6 0 2.5 .333 .333 1.000 .3 .3 .2 .0 .3 .7
2014 WAS 10 0 .9 1.000 1.000 --- .0 .0 .0 .0 .1 .5
2015 4 0 6.5 .167 .000 .625 .8 .3 .5 .0 .8 1.8
2019 LAC 6 0 10.5 .273 .143 .700 1.2 .3 .5 .2 .3 2.3
2020 BKN 4 4 34.3 .347 .250 .833 2.8 2.0 .8 .3 1.5 12.0
2022 NOP 1 0 2.0 --- --- --- 1.0 .0 .0 .0 .0 .0
出場:6回 31 4 8.1 .338 .240 .720 .8 .4 .3 .1 .5 2.5

セリエAレギュラーシーズン編集

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
2011-12 カザーレ・モンフェッラート 28 - 27.3 .355 .319 .830 2.8 1.4 1.5 .3 1.6 9.5
通算 28 - 27.3 .355 .319 .830 2.8 1.4 1.5 .3 1.6 9.5

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集