メインメニューを開く

ギュスターヴ=アンリ・コラン

ギュスターヴ=アンリ・コラン(作)「アトリエの画家」

ギュスターヴ=アンリ・コラン(Gustave-Henri Colin、1828年7月11日 - 1910年12月29日)はフランスの画家である。

略歴編集

オー=ド=フランス地域圏アラスで生まれた[1]。アラスの画家、デュティユー(Constant Dutilleux) に学んだ後、パリに出て、アリ・シェフェールトマ・クチュールジャン=バティスト・カミーユ・コローに学んだ[1]。1857年の祖母の肖像画でサロン・ド・パリに初めて出展した。

スペインとの国境に近いシブールを拠点に多くの風景画を描き、1862年にシブールの対岸の街、サン=ジャン=ド=リュズに移りバスク地方の風景を描いた。

パリのアカデミー・ジュリアンの教授となり、1863年の「落選展」に出展し、1874年の第一回印象派展の出展者の一人となり、5点の作品を出展した。サロン・ド・パリでは1880年と1889年、1900年に入選した。

作品編集

脚注編集

  1. ^ a b Gustave-Henri Colin, 1828-1910”. The Correspondence of James McNeill Whistler. University of Glasgow. 2015年12月25日閲覧。

参考文献編集

  • Hans-Peter Bühler, « Colin, Gustave », in Allgemeines Künstlerlexikon. Die Bildenden Künstler aller Zeiten und Völker (AKL), vol.20, 1998, p. 254.
  • Dictionnaire Bénézit, 1999