ギュンター・クヴァント

ギュンター・クヴァント(Günther Quandt、1881年7月28日 - 1954年12月30日)は、ドイツ実業家である。

ギュンター・クヴァント
Günther Quandt
Bundesarchiv Bild 183-B03534, Günther Quandt, Wehrwirtschaftsführer.jpg
1941年撮影
生誕 (1881-07-28) 1881年7月28日
ドイツの旗 ドイツ帝国
 プロイセン王国ブランデンブルク州プリッツヴァルク
死没1954年12月30日(1954-12-30)(73歳)
Flag of Egypt (1952-1958).svg エジプトカイロ
国籍ドイツ人
子供ハラルト・クヴァント (Harald Quandt)

今日、自動車会社のBMW製薬会社アルタナ(Altana)、電池製造のファルタ(VARTA)などを所有・支配するクヴァント家を築いた。

概要編集

ドイツ・ブランデンブルク州プリッツヴァルクドイツ語版に生まれる。

一度目の結婚を経て、1921年にマクダ・リッチェルと結婚、長男ハラルト (Harald Quandt) をもうけた。しかし、年齢の離れたこの夫婦は不和となり、1929年に離婚する。

マクダはその後、ナチス幹部のヨーゼフ・ゲッベルスと再婚した。クヴァントとマクダの間に生まれたハラルトはゲッベルスの養子となった。後にナチ党が政権を掌握し、ゲッベルスが国民啓蒙・宣伝大臣に就任して国家の最高指導部に列したため、この「血縁関係」はクヴァントの事業に大いに資するところとなる。

その後1945年のナチス・ドイツ滅亡までの間、ナチスとの関係を利用して強制収容所から労働者を徴収、自身が経営するベルリンハノーファーウィーンにある工場での強制労働に就かせた。強制労働は毎月80名程度が死亡するほどの過酷なものであったが、それにより築いた莫大な富は後のBMW経営再建等の資財となった。

1946年、ナチスとの関係により逮捕・拘束され、1948年に釈放された。1954年、休暇先のエジプトカイロで死去。

クヴァント家編集

ナチス・ドイツの敗戦後、所有する会社は一時没収されたものの後に取り戻し、一族は次男であるヘルベルト・クヴァントを中心として再び富を築くことに成功した。

現在、ドイツの長者番付100位に名を連ねる同家の人物は8名にも達し、ヘルベルトの妻ヨハンナ・クヴァント、その息子シュテファン・クヴァントと娘ズザンネ・クラッテンは経済誌フォーブスが発表する世界長者番付の常連でもある。

他方、同家はナチス時代の強制徴用と強制労働の事実を認めず、生存している被害者からの賠償請求も受け付けなかったと批判されている[1]

ナチス時代の真実編集

ドイツ公共放送は2007年10月1日、クヴァント家が過去に行った上述の悪行とナチスへの政権援助を暴き、その後の責任逃れを追及するドキュメンタリー番組を放送した。放送は予告なしに行われ(同家による妨害を避けるためと思われている)、大きな反響を呼んだ[1]

脚注編集

  1. ^ a b BMW's Quandt Family Faces Its Nazi Past