メインメニューを開く

ギヨーム・シフマン

フランスの撮影監督
ギョーム・シフマンから転送)

ギヨーム・シフマンGuillaume Schiffman)は、フランス撮影監督である。ミシェル・アザナヴィシウス監督の『OSS 117 私を愛したカフェオーレ』や『アーティスト』などに係わっている[1]

ギヨーム・シフマン
Guillaume Schiffman
Guillaume Schiffman
出生地 フランスの旗 フランス
職業 撮影監督
ジャンル 映画、テレビ
著名な家族 フィリップ・シフマン(父)
シュザンヌ・シフマン(母)
マチュー・シフマンフランス語版(兄)
ネモ・シフマンフランス語版(息子)
テンプレートを表示

略歴編集

映画監督のシュザンヌ・シフマンと画家のフィリップ・シフマンの間に生まれる。兄は俳優で助監督のマチュー・シフマンフランス語版。 女優で映画監督のエマニュエル・ベルコとの間に生まれた息子ネモ・シフマンフランス語版は俳優で歌手[2]

2012年のサイレント映画『アーティスト』ではカラーで撮影し、ラボで白黒に変換した[3]。2012年1月24日、シフマンは同作により初めてアカデミー撮影賞にノミネートされた[1]。また2012年2月12日、第65回英国アカデミー賞撮影賞を受賞した[4]

フィルモグラフィ編集

出典編集

外部リンク編集