メインメニューを開く
本来の表記は「」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

(ぎょ)は、中国および朝鮮雅楽儒教音楽)において、演奏の最後に用いられる木製打楽器

敔(ぎょ)
各言語での名称
Yu
Schraptiger
分類

打楽器体鳴楽器

目次

概要編集

古代中国における八音では、(しゅく、王朝時代以降[1]は奏楽開始の合図として使用)や拍板(はくばん)などと同様に、「木」に区分される。

をモチーフにした形状で、その背の部分には「鉏鋙」(そご)[1]という27の鋸状の刻みがある。「木櫟」(もくれき)/「籈」(しん)[2]などと呼ぶ竹のささらで頭を3度軽く叩いてから背を3回なで下ろす[1]ことで、奏楽終了の合図として用いられたという[3]。なお、という漢字は、差し止めるという意味を持つという[1]

中国では代から存在し、朝鮮には高麗王朝時代の1117年(睿宗12年)にから伝来したという説がある[2]

現在でも、文廟と宗廟の祭礼楽では使用されるという[2]

ギャラリー編集

脚注編集

外部リンク編集

関連項目編集

同様に棒でこする打楽器