メインメニューを開く

ギヨーム1世(Guillaume Ier d'Aquitaine、875年3月22日 - 918年7月6日)は、ギレム家のオーヴェルニュ伯(ギヨーム2世、在位:886年 - 918年)およびアキテーヌ公(在位:893年 - 918年)。多くの修道院を創設し、910年9月11日にはクリュニー修道院を創建した。敬虔公(Le Pieux)といわれる。

ギヨーム1世
Guillaume Ier d'Aquitaine
アキテーヌ公
Guillpieux.jpg
出生 (875-03-22) 875年3月22日
死去 (918-07-06) 918年7月6日(43歳没)
埋葬  
サン=ジュリアン修道院
配偶者 エンゲルベルガ
子女 エルマンガルド
父親 オーヴェルニュ伯ベルナール2世
母親 エルマンガルド
テンプレートを表示

生涯編集

ギヨーム1世はオーヴェルニュ伯ベルナール2世とその妻エルマンガルドとの間の息子である。898年以前に、ボゾン家のプロヴァンス王ボソの娘エンゲルベルガと結婚した。

オーヴェルニュとリムーザンを相続し、統治した。893年にはエブル・マンゼ(庶子公)に代わりポワトゥーとアキテーヌを征服し、アキテーヌ公を名乗った。その所領はアウストラシアからトゥールーズに及び、オータンマコネーまで含まれていた。

910年、ギヨームは後に政治的、宗教的に重要な拠点となるベネディクト会のクリュニー修道院を創建した。ギヨーム自身は修道院の運営には関わらず、教皇の管理下に置いた(クリュニー会参照)。当時、ほとんどの修道院が個人所有であり、修道院長や役員の任命権をその一族や個人が持っていた中で、このことは特に目立っていた。ただしギヨームもクリュニー初代修道院長ベルノーを推挙している。

ギヨームが独立してアキテーヌを統治していた証拠として、ブリウドで彼自身の名で鋳造されたデニール貨幣が発見されている[1]。ギヨームはサン=ジュリアン修道院に埋葬された。ギヨームには息子がおらず、姉妹アデリンダの息子ギヨーム2世が後継者となった。

子女編集

プロヴァンス王ボソの娘エンゲルベルガとの間に1女がいる。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Rouche, p 428.

参考文献編集

  • Nouvelle Biographie Générale. Paris, 1859.
  • Rouche, Michel. "Private life conquers state and society," in A History of Private Life, Vol. I, Paul Veyne, ed. Harvard University Press, 1987. ISBN 0-674-39974-9

関連項目編集