ギヨーム10世 (アキテーヌ公)

アキテーヌ公ギヨーム10世Guillaume X duc d'Aquitaine、1099年 - 1137年4月9日)、もしくはポワティエ伯ギヨーム8世Guillaume VIII comte de Poitou)、[1] ル・トゥールーサンle Toulousain,聖トゥールーズ)もしくはル・サン(le Saint,聖者公と称され知られていた。

ギヨーム10世
Guillaume X duc d'Aquitaine
アキテーヌ公
ポワティエ伯
Guillaume X d'Aquitaine.jpg
1643年頃にマルテン・ペピンによって制作された聖ベルナールと共に描かれたアキテーヌ公ギヨーム10世。バレンシエンヌ美術館(英語版) 。
在位 1126年 - 1137年(アキテーヌ公・ポワティエ伯)

出生 1099年
フランス王国Blason ville fr Toulouse (Haute-Garonne).svg トゥールーズ
死去 1137年4月9日
Bandeirareinogaliza.svgガリシア王国Bandera de Santiago de Compostela.svg サンティアゴ・デ・コンポステーラ
配偶者 アエノール・ド・シャテルロー
  エマ・ド・リモージュ
  マリー・ド・カール
子女 アリエノール
ペトロニーユ
ギヨーム・エグレ
家名 ポワティエ家
父親 ギヨーム9世
母親 フィリッパ・ド・トゥールーズ
宗教 ローマ・カトリック
テンプレートを表示

ギヨームは1099年トゥールーズで生まれ、晩年スペインサンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼中に死去するまで、1126年より、ポワティエ伯としてギヨーム8世、アキテーヌ公としてはギヨーム10世の名で君臨していた。

ラヌルフ家最後の男性相続人・当主である。ギヨームはフランス王妃・イングランド王妃として戴冠したアリエノール・ダキテーヌの父にあたる。

生涯編集

アキテーヌ公ギヨーム9世と2人目の妻でトゥールーズ伯ギヨーム6世の娘フィリッパ・ド・トゥールーズの長男として生まれる。

父同様に芸術を愛し、トルバドゥール、音楽、文学のパトロンであった。また当時は支配者層も識字率が低く、読み書きができる者が少なかったが、ギヨーム10世は高水準の教育を受けており、教養深い人物であった。娘達にも自分と同じように質の高い教育を身に付けさせることに苦心した。

ギヨーム10世は芸術を愛する文化人であった一方、統治者・戦士としては粗暴で好戦的な面を持っており、フランス王国内における数々の紛争に関わった。

ノルマンディーに対抗すべく、アンジュー伯ジョフロワ4世と同盟を結んた。その一方、穏やかな国境北部でオーニス(フランス語版)の自分の臣下イゼンベール・ド・シャトライヨンを制御するために長期にわたる戦争を強いられ、その他国境内において、武力を用いて制御した者が起こした反乱にも対処しなければならなくなった。

外交においてギヨーム10世は、1130年2月にローマで教皇ホノリウス2世が死去し、次期教皇の座を巡り枢機卿の間でインノケンティウス2世アナクレトゥス2世の両派に分裂して抗争が起きた際、5年間は教皇インノケンティウス2世を支持する司教達に反発しアングレーム司教ジェラール2世と反教皇アナクレトゥス2世を支援していた。しかし、クレルヴォーのベルナルドゥスと謁見した際にインノケンティウス2世を正当な教皇として認めるよう説得されたことにより考えを改め、インノケンティウス2世の支持者となった。

1137年4月9日の聖金曜日、ギヨーム10世は反教皇アナクレトゥス2世を支持したことに対する贖罪を目的としたサンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼中、食中毒に罹患して死去した。

死の床でギヨームは友でもあった主君フランス王ルイ6世に自分の亡き後、当時15歳程であった長女アリエノール・ダキテーヌの後見及び、彼女に相応しい結婚相手との縁組を頼み遺した。ギヨームの遺言通りルイ6世はアリエノールの後見人となり、自分の息子の王太子ルイと結婚させた。

中世終期にギヨーム10世の逸話の一部が伝説上の人物ギヨーム・ド・ジェローヌと聖ギヨーム・ド・マラヴァッレ(フランス語版)の基になったとされる。

結婚と子女編集

ギヨーム10世は1118年もしくは1121に結婚し、父ギヨーム9世の愛人ダンジュルーズとその夫シャテルロー子爵エメリー1世の娘アエノール・ド・シャテルローと結婚し、3子に恵まれた。

  • アリエノール(1122年または1124年 - 1204年)
  • ペトロニーユ(1125年-約1152年)
  • ギヨーム・エグレ(1126年 - 1130年 )母アエノールが死去した頃4歳で夭折

2人目の妻にリモージュ副伯アデマール3世ル・バルビュ(1139年没)の娘エマ・ド・リモージュを迎え、その後コニャック卿バルドン未亡人マリー・ド・カールと再婚したされる。

注意事項と参考文献編集

  1. ^ Sa généalogie sur le site Medieval Lands

外部リンク編集

関連記事編集