ギヨーム8世 (アキテーヌ公)

ギヨーム8世フランス語Guillaume VIII, 1025年 - 1086年9月25日)は、アキテーヌ公およびポワティエ伯(ポワティエ伯としてはギヨーム6世, 在位:1058年 - 1086年)。

ギヨーム8世
Guillaume VIII
アキテーヌ公
TombeauG8poitiersface.jpg
ギヨーム8世の墓所
在位 1058年 - 1086年

出生 1025年
死去 1086年9月25日
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国、シゼ
配偶者 ガルサンド・ド・ペリゴール
  マティルド
  イルドガルド・ド・ブルゴーニュ
子女 一覧参照
家名 ポワティエ家
父親 アキテーヌ公ギヨーム5世
母親 アニェス・ド・ブルゴーニュ
テンプレートを表示

アキテーヌ公ギヨーム5世(偉大公)とその3番目の妃であったブルゴーニュ公オット=ギヨームの娘アニェスの第2子。異母兄にギヨーム6世とウード、同母の双子の兄にギヨーム7世、妹に神聖ローマ皇帝ハインリヒ3世妃となったアニェスがいる。

はじめはガスコーニュ公(在位:1052年 - 1058年)であり、兄の死後にアキテーヌ公を継承。

それ以前は母の再婚相手アンジュー伯ジョフロワ2世・マルテルにちなんでギー=ジョフロワGuy-Geoffroi)と呼ばれていた。

生涯編集

ギヨーム5世の2番目の妃はガスコーニュ公の娘であり、このためガスコーニュはアキテーヌの統治下におかれていた。ギー=ジョフロワは兄ギヨーム7世の在位中にガスコーニュ公となり、1058年にギヨーム7世が嗣子なくして死去したことを受けてアキテーヌ公ギヨーム8世となった。

ギヨーム8世は1064年バルバストロウエスカ県)を包囲されたアラゴンラミロ1世を援けるための連合軍の指導者の1人だった。この連合軍はローマ教皇アレクサンデル2世の提唱によるもので、後の十字軍の先駆となった。

アラゴンと連合軍は都市を征服し、住民を殺害して多くの戦利品を獲得した。しかしアラゴンは翌年にはこの都市を奪還された。

ギヨーム8世の2人の娘がともにイベリア半島の王に嫁いでいることから明らかなように、当時スペインのキリスト教勢力との同盟関係は重要視されていた。

子女編集

ギヨーム8世は3度結婚し、少なくとも5人の子供が知られている。

最初の妃はペリゴール伯アルダベール2世(Aldabert II)の娘ガルサンド(Garsende de Périgord)であったが子供は生まれず、彼女は後に離婚して尼僧となり、サントの修道院に入った。

2人目の妃マティルド(Mathilde)との間には1女が生まれたが、ギヨーム8世は不妊を理由に1068年5月に離婚した。

3人目の妃は又従妹に当たるブルゴーニュ公ロベール1世娘イルドガルド(オデアルド,Audéardeとも)で、彼女との間に以下の子女をもうけた。しかしこの結婚が正当であるという承認を得るために、ギヨーム8世はローマの教皇のもとへ赴かなければならなかった。

他、名前不詳の愛人との間に庶子が3人、そのうちの1人は娘であるとされる。

  • アニェス(? - 1151年以降)[6]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Recueil des historiens des Gaules et de la France. Tome 12 / [éd. par Dom Martin Bouquet,... ; nouv. éd. publ. sous la dir. de M. Léopold Delisle,...]” (フランス語). Gallica (1840-1904). 2018年8月10日閲覧。
  2. ^ AQUITAINE DUKES”. fmg.ac. 2018年8月10日閲覧。
  3. ^ MAREK, Miroslav. “Poitou 1”. genealogy.euweb.cz. 2018年8月10日閲覧。
  4. ^ “Guglielmo VIII di Aquitania” (イタリア語). Wikipedia. (2017-07-04). https://it.wikipedia.org/w/index.php?title=Guglielmo_VIII_di_Aquitania&oldid=88769292. 
  5. ^ Gachard, M. (1863). “III. Note sur un cartulaire de la collégiale de Sainte-Croix, à Liège”. Compte-rendu des séances de la commission royale d'histoire 33 (5): 419–422. doi:10.3406/bcrh.1863.2771. ISSN 0770-6707. https://doi.org/10.3406/bcrh.1863.2771. 
  6. ^ AQUITAINE DUKES”. fmg.ac. 2018年8月10日閲覧。
先代:
ギヨーム7世
アキテーヌ公
ポワティエ伯
1058年 - 1086年
次代:
ギヨーム9世(詩人公)